Windows用におすすめの無料ウイルス対策ソフト9選│2024年

Katarina Glamoslija
Katarina Glamoslija ヘッドコンテンツマネージャー
更新日: 2024年6月3日
ファクトチェッカー:Kate Davidson
Katarina Glamoslija Katarina Glamoslija
更新日: 2024年6月3日 ヘッドコンテンツマネージャー

お急ぎですか?2024年におすすめのWindows向け無料ウイルス対策ソフトはこちらです!

  • 🥇 ノートン高性能なウイルスとマルウェア対策の他、ウェブカメラ保護、VPN、パスワードマネージャー、ペアレンタルコントロール、ダークウェブモニターなどの追加機能がついています。100%無料というわけではありませんが、60日間の返金保証がついていますので、2ヶ月間リスクフリーで機能をチェックすることができます。

この記事では、Windows PCに何千ものマルウェアファイルをダウンロードし(新種のマルウェアだけでなく古いウイルスも)、多数の無料セキュリティソフトを徹底検証しました。セキュリティソフトのマルウェア防御力だけでなく、ユーザーインターフェース、プライバシー保護の評判、最近のWindowsバージョンにスムーズに導入できるかなども検証しました。

しかし、無料セキュリティソフトには必ず何らかの制限があります。そのため、あらゆる種類のマルウェアからデバイスを守れる格安のプレミアムセキュリティソフトを購入した方が安全です。他にも、仮想プライベートネットワーク(VPN)、ダークウェブの監視、パスワード管理ツールなどの追加機能も備わっています(ノートン 360には上記すべての機能があり、2024年最高のセキュリティソフトにランクインしているほか、かなり低価格なサービスです)。

予算が厳しい場合でも、ウイルス対策ソフトを全く使わないよりは、定評のある無料ウイルス対策ソフトを使った方がもちろん安心ですね。このランキングに掲載されている無料ウイルス対策ソフトは、Windows Defenderにない機能があるだけでなく、機能の性能自体もさらに強力です。

今すぐリスクなしでノートンを試す

2024年におすすめのWindows向け無料セキュリティソフトのまとめ:

  • 1.🥇 Norton:業界最高のWindows向けセキュリティソフト(60日間返金保証付き)。
  • 2.🥈 Bitdefender:高度なウイルス対策エンジンとフィッシング対策ツールがあり、システムの動作への影響が少ない。
  • 3.🥉 Panda:強力なウイルス対策機能があり、追加機能も便利(ゲームモードなど)。
  • 4. TotalAV:シンプルで無料のウイルス対策ソフトで操作しやすい(初心者でも安心)。
  • 5. Avast:ウイルススキャナは高性能で追加特典も充実(クリーンアップツールなど)。
  • 他にもWindowsにおすすめのソフトを4社ご紹介!

🥇1. Norton:2024年に総合1位のWindows向けセキュリティソフト

🥇1. Norton:2024年に総合1位のWindows向けセキュリティソフト

ノートンはダントツでお勧めのWindows向けセキュリティソフトです。現在、無料プランはありませんが、リスクなしの60日間返金保証がありますから、2か月間体験できます。高度なマルウェアエンジン、幅広い追加機能、そしてすべてのOSでデバイスを10台まで保護できる手頃な料金のプランがあります。

ノートンはマルウェア検出率がパーフェクトで、既知および新種のサイバー脅威をすべて撃退してくれます。試したところ、ウイルスのような単純なものからスパイウェアなどの巧妙な脅威まで、すべてのマルウェアサンプルを特定できました。フィッシング対策も優秀で、スマートファイアウォールはカスタマイズオプションが多く、オンラインバンキングやショッピングの保護機能も備わっています。

🥇1. Norton:2024年に総合1位のWindows向けセキュリティソフトノートンには、以下のような幅広い追加機能が付属しています。

  • VPN(通信量が無制限)安定した高速通信で、日本にもサーバーがあります。Netflixなどの動画配信サイトが利用可能。トーアへの対応やスプリットトンネルなど、追加機能もあります。
  • パスワードマネージャーログイン情報を生成・保存・自動入力でき、パスワードのセキュリティ審査機能も。
  • ペアレンタルコントロール 不適切なコンテンツを阻止し、デバイスの使用時間を制限します。また、YouTubeやHuluの使用時間も監視できます(ノートンはペアレンタルコントロール付きセキュリティソフトの当サイトランキングで1位、専用のペアレンタルコントロールアプリで2位にランクインしています)。
  • セキュアブラウザブラウジング時にプライバシーと安全を確保しつつ、ネットの脅威からユーザーを守ります。
  • システム最適化ツールWindowsやブラウザから不要ファイルを削除し、起動時間を高速化します。ハードドライブのデフラグも可能。
  • ダークウェブモニタリングリアルタイムでダークウェブの掲示板やデータ漏えいデータベース、信用情報を監視します。
  • 他にも多数…

ノートンのダークウェブモニタリング機能は、ダークウェブや信用情報開示報告書、データ漏えいデータベースをスキャンし、個人情報が危険にさらされた際に通知するものです。他社の場合、データベースを使って情報が流出していないか調べることが多い一方、ノートンの場合は職員がモニタリングを行っているのがすばらしいと思いました。専門スタッフがダークウェブの掲示板を隅々まで調べるため、見逃しやすいデータ漏えいも発見して知らせてくれます。

🥇1. Norton:2024年に総合1位のWindows向けセキュリティソフトまとめると、ノートンの利用体験は他社のウイルス対策ソフトよりはるかに優秀です。すべてのデバイスで非常に使いやすく、システムの動作が遅くならないほか、ゲームモードもあるのでノートンがバックグラウンドで動いている状態でゲームを快適にプレイできます。

プランは複数ありますが、一番お得なのはノートン360デラックスです。さらに、58%特別割引をご利用いただくと、わずか$49.99 / 年*でゲットできます。アメリカのユーザーはノートンのLifeLockプラン($99.99 / 年*)をご検討ください。なりすまし対策(個人情報の保護)付きで、最大100万ドルの保険金と法的援助が受けられます。なお、ノートンの全プランは60日返金保証付きです。

Norton 360 Deluxeが58%オトク!
360 Deluxeをわずか$49.99*でゲット!

まとめ:

ノートンは、飛び抜けて優秀なマルウェア対策、幅広い高度なセキュリティ機能、最大10台のデバイスを守れる手頃なプランが特長です。さらに、高速VPN、安全なパスワードマネージャー、トップクラスのペアレンタルコントロールなど、追加機能も充実しています。Windows向けの無料プランはありませんが、コストパフォーマンスは業界トップを誇り、プランは60日間返金保証付きなので2か月間安心して体験できます。

Nortonの完全レビューはこちら >

🥈2. Bitdefender Antivirus Free for Windows:軽量で高度なマルウェア対策とウェブ防御機能を搭載

🥈2. Bitdefender Antivirus Free for Windows:軽量で高度なマルウェア対策とウェブ防御機能を搭載

Bitdefender Antivirus Free for WindowsのWindows用アプリは日本語にも対応しており、マルウェアスキャナの実力を調べたところ検出率は100%を記録し、トップクラスの無料セキュリティソフトであることが分かりました。Bitdefenderはクラウド型スキャナを採用しているため、検出と分析はPC上で行われず、システムへの負担が軽いのが特長です。システムのフルスキャン中も、パソコンの動作は遅くなりませんでした。

🥈2. Bitdefender Antivirus Free for Windows:軽量で高度なマルウェア対策とウェブ防御機能を搭載Bitdefenderはフィッシング対策も優秀です。テストで多数の偽サイトがブロックされ、Chrome・Firefoxの内蔵保護機能や他社のセキュリティソフトが検出しなかった不正サイトもブロックできました。この記事でご紹介するセキュリティソフトの中で、検出率100%だったのはBitdefenderとノートンだけでした。

欠点の1つとして、Bitdefenderの無料版は追加機能が少ないことが挙げられます。マルウェア対策、ウェブ防御、リアルタイム防御は業界トップクラスですが、他の機能はないのです。一方、Bitdefenderの有料プランではすべての追加機能が利用できます。例えば、ランサムウェアの多層防御、オンラインバンキングの保護、VPN(日本にもサーバーあり)、デバイス最適化ツール、パスワード管理ツール、ペアレンタルコントロールなどがあります。

🥈2. Bitdefender Antivirus Free for Windows:軽量で高度なマルウェア対策とウェブ防御機能を搭載有料版にアップグレードすると、プロフィール(Profiles)という便利機能も使えます。タスクや状況に応じて、パソコンのパフォーマンスを簡単に最適化できる機能です。また、使用しているアプリに応じてBitdefenderが自動的にプロフィールを変更するよう設定することもできます。次のようなプロフィールから選べます。

  • 仕事プロフィール(Work Profile)
    メール防御を強化し、システムの動作が遅くなりにくくします。
  • 映画プロフィール(Movie Profile)
    ポップアップ通知の表示をブロックし、バックグラウンドプロセスを減らします。
  • ゲームプロフィール(Game Profile)
    ゲーム中にシステムのパフォーマンスを最適化します。
  • 公共Wi-Fiプロフィール(Public Wi-Fi Profile)
    公共Wi-Fiホットスポットで安全を守るための防御を有効化します。
  • バッテリーモードプロフィール(Battery Mode Profile)
    バッテリー消費を減らすようにソフトを調節します。

Bitdefenderの有料プランは$17.49 / 年からと非常にお手頃で、すべてのプランには30日間の返金保証が付いています。トータルセキュリティプラン($49.99 / 年)は、Bitdefenderのほとんどの機能(データ無制限のVPNと全機能付きのパスワードマネージャー以外の機能)が利用でき、デバイスを5台まで保護できます。プレミアムセキュリティプラン($79.99 / 年)は、デバイスを10台まで保護し、全機能を利用することができますので、あらゆるオンライン脅威から100%確実に身を守りたい方にお勧めです。予算が限られている場合は、インターネットセキュリティプランが良いでしょう。わずか$42.49 / 年でWindowsデバイス3台までカバーできます。

期間限定の割引!今すぐBitdefenderの50%割引をご利用ください。
Bitdefenderをわずか$29.99でゲット!

まとめ:

BitdefenderのWindows用無料セキュリティソフトは、マルウェアやウェブベースの脅威からデバイスを守る一流製品です。検出率はパーフェクトで、デバイスの動作にほとんど影響しません。ただし、より多くの追加機能を使うにはBitdefenderの有料プランにアップグレードする必要があります。全プランが30日間返金保証の対象なので、安心して体験できますね。

Bitdefenderの完全レビューはこちら >

🥉3. Panda Free Antivirus for Windows:ウイルス防御力が高く、便利な追加機能も

🥉3. Panda Free Antivirus for Windows:ウイルス防御力が高く、便利な追加機能も

Panda Free Antivirus for Windowsは軽量、安全で使いやすいサービスです。Pandaのウイルス対策スキャナを試したところ、Windows Defenderよりもはるかに多くのアドウェア、スパイウェア、ランサムウェアファイルを検出できました。Pandaのリアルタイム保護も高パフォーマンスで、PCにマルウェアファイルをダウンロードしようとしたところ、ほとんどをブロックできました。

WindowsパソコンにPandaが適しているもう1つの理由は、レスキューキットがあることです。PandaをUSBドライブにダウンロードしておけば、パソコンがウイルスに感染してしまっても修復できます。この機能を提供するウイルス対策ソフトはほとんどなく、Pandaが無料バージョンで提供しているのは素晴らしいです!

🥉3. Panda Free Antivirus for Windows:ウイルス防御力が高く、便利な追加機能も

無料プランにはダークウェブスキャンも含まれます。スキャンするのはメールアドレスだけですが、新たな漏えいが検出された際に通知してくれるのは良いと思いました(他社と同様、データが流出していないか手動で確認することも可能です)。

Pandaの無料セキュリティソフトにはゲームモードも備わっています。ゲーミングモードを有効にすると、ゲーム中や動画を全画面表示で見ているとき、すべての通知が停止されます。しかし、それでもゲームをプレイするならノートンの方が良いでしょう。デバイスの動作が遅くならないので、快適にプレイできます。

Pandaの無料セキュリティソフトには安全なVPN(制限あり)も付いています。通信は速いですが、1台のサーバーにしか接続できず、通信量は1日当たり150MBまでとなっています。Aviraは1か月当たり500 MBまでなので、それと比べるとまあまあ良いですが、動画の視聴やファイルの共有には十分とは言えません。制限なくストリーミングやトレントしたい場合は、より優れたVPNが必要です(おすすめのVPN付きセキュリティソフトはこちら)。

🥉3. Panda Free Antivirus for Windows:ウイルス防御力が高く、便利な追加機能もPanda Dome プレミアムプランに加入すれば、VPNの通信量が無制限(また、世界各国のサーバーに接続でき、日本のサーバーも利用可能です)になります。このプランは、ファイアウォール、ランサムウェア対策、フィッシング対策、高度なシステム最適化ツール、パスワードマネージャー、ペアレンタルコントロールなどの追加機能を$63.00 / 年で利用できます。Pandaのプレミアムプランはすべて30日返金保証付きです。

Pandaが最大55%オトク!
Panda Dome Completeをわずか$40.50でゲット!

まとめ:

Pandaの無料セキュリティソフトは質が良く、使いやすいツールで、100%無料のリアルタイム保護が可能です。軽量なマルウェアスキャン、自動ゲーミングモード、レスキューキット、VPN付きのPandaは無料ウイルス対策としてはかなり優秀です。しかしVPNは1日150MBまでで、1つのサーバーしか接続できません。通信量が無制限のVPNが欲しい場合はアップグレードする必要があります。他にもファイアウォール、フィッシング対策、パスワードマネージャー、ペアレンタルコントロールなどの機能も利用できます。Pandaは4段階の有料プラン($22.50 / 年から)を用意していますから、予算に合わせて選ぶことができます。また、Panda Freeを試してからアップグレードするのも良いでしょう。

Pandaの完全レビューはこちら >

4. TotalAV Free Antivirus:最も使いやすい無料ウイルス対策ソフト

4. TotalAV Free Antivirus:最も使いやすい無料ウイルス対策ソフト

TotalAV Free Antivirusは優秀なウイルス対策とフィッシング対策を提供しています。TotalAVのクラウド型マルウェアスキャナを試したところ、ほかのセキュリティソフトより多くのマルウェアサンプルを検出・削除できました。検出しにくいランサムウェアやクリプトジャッカーも特定できました。

4. TotalAV Free Antivirus:最も使いやすい無料ウイルス対策ソフトTotalAVはフィッシング対策も優秀です。充実したブラックリストで既知のフィッシングサイトを識別するだけでなく、新しく出現したフィッシングサイトもAI(人工知能)が検出します。フィッシング対策ツールをテストしたところ、検出率はほぼパーフェクトで、Chrome内蔵の対策機能より多くの悪質なサイトをブロックできました。この記事に掲載されているセキュリティソフトのうち、TotalAVより多くの危険なサイトをブロックできたのはノートンBitdefenderだけでした。

また、TotalAVのWindows向け無料セキュリティソフトはこの記事でご紹介している他のソフトより直感的に使いやすい設計です。機能やツールは分かりやすく、使い勝手が良いですし、ダッシュボードもミニマリストですっきりしたデザインです。TotalAVのダッシュボードはナビゲーションが簡単で、ツールも簡単に使いこなせました。セキュリティソフトを使うのが初めてなら、TotalAVが最良なオプションでしょう。

4. TotalAV Free Antivirus:最も使いやすい無料ウイルス対策ソフトとは言え、TotalAVの無料Windowsプランは重要な機能を欠いています。TotalAV Free Antivirusの最大の欠点は、リアルタイム保護がないこと。悪意のあるファイルがパソコンに変更を加えようとした場合、リアルタイムで通知されません。

TotalAVのプレミアムプランにアップグレードすると、リアルタイムのマルウェア対策が利用できます。ほかにも、デバイス最適化ツール、データ通信量が無制限のVPN(日本サーバーあり)、パスワードマネージャーなどの便利機能も追加されます。VPNはかなり良いでしょう。セキュリティソフトに付属のVPNのなかでもトップクラスです。主な動画配信サービスを利用する際に使えるほか、アメリカ以外の全サーバーがP2Pファイル共有に対応しています。通信速度はそれほど遅くならなかったものの、ExpressVPNなどの単体VPNほど優れているとは思いませんでした。

TotalAVの有料プランは$19.00 / 年~で、3台のデバイスをカバーできます。なかでも一番おすすめなのはTotalAV Total Securityプランです。$49.00 / 年で6台のデバイスをカバーでき、高性能なパスワードマネージャーなどTotalAVの全機能が含まれます。また、全プランが安心の30日間返金保証付きです。

まとめ:

TotalAVのWindows向け無料セキュリティソフトはマルウェアの除去やフィッシング対策のブロックなどが得意なサービスです。また、業界で最も使いやすいため、初めてセキュリティソフトを利用する方にもおすすめです。ただし、TotalAVの無料プランではリアルタイム保護が利用できませんし、追加機能はありません。リアルタイムスキャンやパソコンの最適化ツール、通信量が無制限のVPNなどを利用するにはインターネットセキュリティまたはトータルセキュリティプランにアップグレードする必要があります。

TotalAVの完全レビューはこちら >

5. Avast One Essential:優れたプライバシーツールを備えたウイルス対策ソフト

5. Avast One Essential:優れたプライバシーツールを備えたウイルス対策ソフト

Avast One Essentialは、無料にしてはかなり包括的なWindows用ウイルス対策ソフトです。Avast One Essentialはアバストが提供する2つの無料ウイルス対策ソフトのうちの1つで、もう1つのAvast Free AntivirusはAVGの無料ウイルス対策ソフトの内容とほぼ同じです。一方、Avast One Essentialはアバストの最新製品で、VPNやPCのスピードアップツールなど、より多くの無料機能を提供しています。使いやすく(UIは日本語を始めとする多言語に対応)優秀で、テストしたところマルウェアサンプルの検出率は100%でした。

5. Avast One Essential:優れたプライバシーツールを備えたウイルス対策ソフトオンラインセキュリティ設定全般の見直しを促してくれるプライバシーアドバイザー機能も便利です。スキャンを実行して完了すると、様々なサイト上のプライバシー設定について自動的に提案してくれ、設定方法についてのリンクや明確な指示を提示してくれます。

Avast One EssentialにはVPNが内蔵されていますが、性能は理想的なものではありません。無料バージョンではサーバーを変更できませんし、ノーログポリシーも採用していません。しかし、ウイルス対策と同じアプリ内で使えて、データ通信量が週5GB迄(この記事でご紹介する他社の無料VPNよりも多い)という点は良いですね。

Avast One Essentialは、送受信トラフィックを監視し悪意のある通信をブロックする強力なファイアウォールを搭載しています。その他のセキュリティ機能としては、ウェブ保護対策(テストでは私が訪問したほとんどすべての悪質なサイトをブロックできました)や、Wi-Fi接続の脆弱性をスキャンするネットワークインスペクター機能などがあります。しかし、インターフェースは少々乱雑で、TotalAVのような競合製品に比べると操作のしやすさはイマイチでした。

5. Avast One Essential:優れたプライバシーツールを備えたウイルス対策ソフトなお、Avast One製品は、一部の国でしか利用できません。米国、英国、カナダ、オーストラリア、オーストリア、スイス、フランス、アイルランド、ドイツにお住まいでない場合、Avast Oneを使用することはできませんので注意しましょう。しかし、同社のその他の無料ウイルス対策ソフトは世界中で利用可能です。

アバストの有料プランは$23.40 / 年からで、ウェブカメラ保護やオンラインプライバシーの追加機能が利用でき、5台、10台、または30台のデバイスまで保護できます。Avast One Platinum($119.88 / 年)プランには、クレジットカード、SNS、個人情報盗難の監視機能も搭載しています。全ての有料プランには30日間の返金保証が付いています。

まとめ:

Avast One Essential は強力なスキャナーを備えた優れた無料ウイルス対策ソフトです。最高クラスの無料セキュリティソフトとはいえませんが、強固なファイアウォールや、優れたネットワーク保護とプライバシー機能を備えています。VPNのデータ許容量は無料版にしては多く、使いやすいです。データ量無制限やウェブ保護を利用したい場合は、$23.40 / 年〜のAvastの有料プランに加入する必要があります。

Avastの完全レビューはこちら >

6. Kaspersky Free:無料で使える機能が多い

6. Kaspersky Free:無料で使える機能が多い

今のところ、カスペルスキーがホームユーザーの安全を脅かすという証拠はありません。このランキングでカスペルスキーをご紹介し続けるという判断について詳しくはこちらをご覧ください。

カスペルスキー 無料版はマルウェアを検出し、削除するのが得意です。試したところ、ノートンと同様、PC上のマルウェアサンプルを100%キャッチできました。カスペルスキーの無料プランにはリアルタイム保護も含まれ、やはり高パフォーマンスでした。

カスペルスキーのインターフェースも気に入っています。さまざまなセキュリティスキャンや設定をすぐに開けます。すべての機能がきちんと整理されており、補足説明も付いています。

6. Kaspersky Free:無料で使える機能が多い以下のような追加機能もあります。

  • VPNは日本サーバーが利用可能(別アプリ。1日あたり300MBまで)
  • パスワードマネージャー(5エントリーまで)
  • データ漏洩のモニタリング(1つのアカウントのみ)
  • 基本的なシステムクリーンアップツール
  • バーチャルキーボード

カスペルスキーの無料VPNでは一番近いサーバーに自動的に接続され、データ使用量は1日あたり300MBまでです。デフォルトで200MBに制限されていますが、アプリをマイカスペルスキーアカウントに紐付けすると無料で増やせます。Pandaよりは多いものの、動画の視聴など大量のデータを送受信するアクティビティには少なすぎます。カスペルスキーの無料版パスワードマネージャーでは合計5件のエントリーしか保存できません。ログイン情報や機密文書(クレジットカードやパスポートなど)はそれぞれ1件のエントリーと見なされます。ノートンのパスワードマネージャーも無料ですが、無制限のパスワードを保存でき、デバイス数も無制限です。

6. Kaspersky Free:無料で使える機能が多いまた、データ漏洩のモニタリングもあまり感心できません。無料ユーザーはカスペルスキーに登録したメールアドレスしか確認できません(しかも、自動でデータ漏洩をチェックできる有料プランとは異なり、手動で行わなければなりません)。さらに、無料版にはPCを高速化するシステム最適化ツールも付属していません。有料プランに何か格別凄い機能があるというわけではありませんが、十分なセキュリティ機能を備えています。

カスペルスキーの全機能を利用したい場合、有料プラン($38.49 / 年から)にアップグレードしましょう。カスペルスキーのプレミアムプランはすべて30日返金保証付きです。

まとめ:

カスペルスキーの無料版セキュリティソフトには高品質マルウェアスキャナのほかに複数の追加機能が含まれますが、制限のある機能がほとんどです。カスペルスキーのVPNは1日あたりのデータ使用量が300MBに制限されていて(アカウントに紐付けした場合)、パスワードマネージャーにはログイン情報やクレジットカードを最大5件しか保存できず、データ漏えいモニタリングでチェックできるメールアドレスは1つだけです。カスペルスキーの有料プランにアップグレードすると、すべての機能を制限なく使うことができ、ペアレンタルコントロールや高度なウェブ保護なども追加されます。

Kasperskyの完全レビューはこちら >

7. Avira Free Security for Windows:高度なクラウド型マルウェアスキャナで、システムクリーンアップ機能付き

7. Avira Free Security for Windows:高度なクラウド型マルウェアスキャナで、システムクリーンアップ機能付き

Windows用Avira Free Securityのマルウェア対策エンジンは優秀で、クラウド上で動作します。そのため、Aviraのスキャンはとても高速で、デバイスへの負担が軽く、システムリソース使用量が少ないのが特長です。

Aviraのテストを行ったところ、マルウェア対策エンジンはパソコンにあらかじめ用意しておいたテスト用マルウェアファイルをすべて検出できました。また、スキャン中にCPU使用量が高いプログラムを実行しても、動作がほとんど遅くなりませんでした。

Aviraは使いやすく、操作はとても簡単で(UIは日本語にも対応しています)、各機能が分かりやすく表示されています。Aviraは優秀な追加機能も満載で、以下のような機能も使えます。

  • Safe Shoppingブラウザ拡張機能
  • プライバシー・パフォーマンス最適化ツール
  • VPN(毎月500MBまで)
  • パスワードマネージャー
  • ゲームブースター
  • ファイルシュレッダー

7. Avira Free Security for Windows:高度なクラウド型マルウェアスキャナで、システムクリーンアップ機能付きSafe Shopping(セーフショッピング)という拡張機能はとても良いと思います。Firefox、Chrome、Opera、Edgeで利用でき、不審なフィッシングサイト、ウェブトラッカー、うっとうしい宣伝などをブロックしてくれます。さらに、ネットショッピングしている時にお得な割引情報を自動で紹介してくれます。試したところ、本当にお買い得情報を見つけられましたが、100%確実ではありませんでした(しかし使うだけの価値はあります!)。

Aviraのプライバシー・パフォーマンス最適化ツールも気に入りました。クッキーやジャンクファイルを削除し、ウェブに個人情報を漏洩するような隠されたプライバシー設定も修正してくれました。しかし残念ながら、便利な最適化ツールはAviraの有料プランでしか利用できません。

7. Avira Free Security for Windows:高度なクラウド型マルウェアスキャナで、システムクリーンアップ機能付きさらに、Avira無料セキュリティソフトのVPNは、通信量が1月当たり500MBまでなので(Pandaやカスペルスキーの無料プランと比べてもかなり少ないです)、短い動画をいくつか見ただけで使い切ってしまいます。さらに、Aviraの無料プランでは最寄りのサーバーにしか接続できません。

通信量が無制限で日本のサーバーも使えるVPNが必要な方は、有料プランのAvira Primeへアップグレードをご検討ください。$59.99 / 年なので他社より少し高めですが、2024年最高のセキュリティソフトの1つです。複数台で利用でき、高度なシステム最適化ツールも備えています。Aviraの年間プランは60日間返金保証付きです。

まとめ:

Aviraのクラウドベースの無料セキュリティスキャンエンジンは業界トップクラスです。軽量で速く、検出率は完璧ですし、100%無料で利用できます。また、Aviraのセーフショッピングというブラウザ拡張機能とプライバシー最適化ツールはとても気に入りました。どちらもMicrosoftのWindows Defenderの保護より大幅に優れています。より高度なインターネットセキュリティ対策が必要な場合は、Aviraの有料プラン($26.99 / 年)にアップグレードしましょう。

Aviraの完全レビューはこちら >

8. Malwarebytes Free:ミニマリストなウイルススキャナ

8. Malwarebytes Free:ミニマリストなウイルススキャナ

Malwarebytes Freeは、インストールしたらすべてお任せできるシンプルなセキュリティソフトが欲しい方におすすめです。なお、UIは日本語にも対応しています。Malwarebytesのウイルススキャナは、ウイルスデータベースとヒューリスティック解析であらゆるマルウェアをキャッチするのが特徴です。PCに隠しておいたテスト用マルウェアのうち、95%が検出され、比較的優れた結果となりました。しかし、ノートンBitdefenderとは違い、パソコンの奥深くに隠されたファイルの検出漏れがいくつかありました。

8. Malwarebytes Free:ミニマリストなウイルススキャナスキャナのほかに、Malwarebytes Freeはブラウザ拡張機能もあります。マルウェア、広告、トラッカー、詐欺、潜在的に迷惑なプログラム(PUP)など、さまざまな脅威から端末を保護できます。ブラウザ拡張機能の魅力の1つは、保護機能がデフォルトでオンになっていることです。インストールしたら設定を変更しなくても使い始められます。もちろん、必要に応じて保護をオフにすることも可能です。

Malwarebytesのブラウザ拡張機能を試したところ、アクセスしようとした危険なサイトの大部分をブロックでき、フィッシングサイトの検出率は90%でした。しかし、広告はあまり正確にブロックできませんでした。広告の多いサイトに10件以上アクセスしたところ、ブロックできたのは3分の1程度だったのです。

8. Malwarebytes Free:ミニマリストなウイルススキャナ

Malwarebytesは「マルウェアを検出・削除する」という基本機能は効率的に行ってくれますが、無料版はリアルタイム保護がないため、マルウェアの侵入を未然に防ぐことはできません。また、有料プランに加入しても、Wi-Fiの保護やファイアウォール、システム最適化ツール、パスワードマネージャーなどの機能はありません。基本的な機能だけが欲しい場合はMalwarebytesで良いかもしれませんが、ノートンBitdefenderなどの一流セキュリティソフトと比べると物足りなさを感じます。

リアルタイム保護が欲しい場合はMalwarebytes Standardを購入しましょう。最大20台のデバイスをカバーでき、価格は$59.99 / 年~です。Malwarebytes Plusは$59.99 / 年で、比較的優れたVPNが含まれます(日本サーバーあり)。Malwarebytesの有料プランはどちらも60日間返金保証の対象です。また、Malwarebytes FreeはMalwarebytes Standardの14日間無料トライアルを含むため、有料機能をリスクなしで試せます。

まとめ:

Malwarebytes無料版はミニマリストなウイルススキャナで、ウイルス検出・駆除率は良好です。マルウェアやフィッシングサイト、広告、トラッカーをブロックするブラウザ拡張機能も使えます(広告ブロッカーの性能はまちまちですが)。Malwarebytes Standardにアップグレードすると最大20台のデバイスでリアルタイム保護を使うことができ、Malwarebytes PlusではVPNが追加されます。

Malwarebytesの完全レビューはこちら >

9. AVG AntiVirus Free:ファイル保護機能付きマルウェアスキャナー

9. AVG AntiVirus Free:ファイル保護機能付きマルウェアスキャナー

AVGはしっかりした無料セキュリティソフトで、使いやすく、便利な機能がいくつか備わっています。アバストの無料セキュリティソフトと全く同じです。AVGとアバストは親会社が同じで、基盤となっている技術もほぼ同じなのです。ただし、アバスト One Essentialとは大きく異なります。

9. AVG AntiVirus Free:ファイル保護機能付きマルウェアスキャナーウイルススキャナは優秀で、私のPC上のマルウェアサンプルを100%検出できました。さらに、AVGは5種類のスキャンを用意しています。「ディープスキャン」では隅々まで検出できましたが、素早く実行できる「スマートスキャン」では、検出の見逃しがいくつかありました。なお、特定のフォルダや外部端末をスキャンしたり、ブートスキャンを実行することもできます。PCをチューンナップ(高速化&最適化)できるパフォーマンス・スキャンを実行するオプションもありますが、無料バージョンでは使えません。

AVGは、無料のWindows版セキュリティソフトではあまり見かけない機能を提供しています。例えば、ファイアウォールはMicrosoftが提供しているファイアウォールよりはるかに高性能です。メールのパスワードがハッキングされた場合に直ちに通知する「ハックアラート」も気に入りました。マルウェアに感染したファイルを開こうとした際、File Shield(ファイルシールド)は警告を表示し、危険なファイルをきちんと隔離してくれました。

さらに、「挙動監視 シールド」という追加保護機能もあり、データベースに登録されていないマルウェアをスキャンできます。不審な動きをするアプリを徹底的にスキャンして、不審なアプリが見つかった場合、自動的にブロックします。

9. AVG AntiVirus Free:ファイル保護機能付きマルウェアスキャナー残念ながら、ランサムウェアとウェブ保護の性能は良いとはいえません。これらの機能が無料バージョンに付属しているのは素晴らしいことですが、確実に機能すれば良いのですが。例えば、ウェブシールド機能は一部のフィッシングサイトしかブロックできず、ランサムウェア保護はランサムウェア・シミュレーターを実行しても全く作動しませんでした。

インターネットセキュリティ(Internet Security)プランに加入すれば、フィッシング、スパイウェア、ウェブカメラのハッキングも防止できます。このプランは有料で、$39.99 / 年〜で加入できますが、30日間の無料トライアルや30日間の返金保証もついています。Internet Securityに最適化ツール、アンチトラッキング機能、データ無制限のVPNをバンドルしたアルティメット(Ultimate)プラン($55.99 / 年)もあります。

まとめ:

AVGの無料セキュリティソフトはパソコンに基本的な保護を導入したいユーザーにおすすめです。制限もありますが、使いやすくファイアウォールが含まれるため、「必須機能だけ欲しい」というユーザーに向いています。Webカメラの保護やより高水準のランサムウェア対策などの高度な機能が欲しい場合、AVG インターネット セキュリティ($39.99 / 年~)にアップグレードする必要があります。

AVGの完全レビューはこちら >

2024年におすすめのWindows向け無料セキュリティソフトの比較

セキュリティソフト 有料版(最低価格) リアルタイム保護 マルウェア検出率 ウェブ防御 ほかのOSに対応 追加機能 返金保証 Windowsアプリは日本語に対応
1.🥇 Norton $54.99 / 年*
(有料版)
100%
(有料版)
Mac、iOS、Android、Chromebook VPN、パスワードマネージャー、ペアレンタルコントロール、ダークウェブのモニタリング(有料版) 60 日間
2.🥈 Bitdefender $17.49 / 年 100% Mac、iOS、Android / 30 日間
3. 🥉 Panda $22.50 / 年 95%
(有料版)
Mac、iOS、Android レスキューキットと基本的なVPN 30 日間
4. TotalAV $19.00 / 年
(有料版)
99% Mac、iOS、Android、Chromebook / 30 日間
5. Avast $23.40 100% Mac、Android、iOS 基本的なVPN 30 日間
6. Kaspersky $38.49 / 年 100%
(有料版)
Mac、iOS、Android 基本的なシステムクリーンアップ機能、VPN、パスワードマネージャー、データ漏洩の監視 30 日間
7. Avira $26.99 / 年 100% Mac、iOS、Android 基本的なシステムのチューンナップ、VPN、パスワードマネージャー 60 日間
8. Malwarebytes $59.99 / 年
(有料版)
90% Mac、iOS、Android、Chromebook / 60 日間
9. AVG $39.99 / 年 100% Mac、Android、iOS ハックアラート、ファイアウォール 30 日間

Windows Defenderでは不十分な理由

WindowsパソコンにはWindows Defenderが搭載されています(一部の新しいWindows 10のパソコンだと「Windows Security」や「Microsoft Defender」という名称です)。Windows Defenderの完全レビューで指摘した通り、無料セキュリティソフトとしてはまあまあ良いサービスです。しかし、Windows Defenderはほとんどアップデートされていませんし、追加のセキュリティ保護のオプションもなく、脆弱性が発見されてもなかなか修正されない状況は珍しくありません(時には数年間も修正されないことも!)。また、当サイトの独自のマルウェア調査では、Windows Defenderは常にランキングの下位に位置していますので、サードパーティのウイルス対策ソフトを使用してパソコンをしっかり保護することをおすすめします。

マルウェア検出の観点でも、Windows Defenderは一流企業のウイルススキャナより劣っています。そのため、PCの安全を重視する場合はサードパーティ製セキュリティソフトの導入をおすすめします。

この記事に掲載されている無料セキュリティソフトはWindows Defenderより優れています。一流のサイバーセキュリティ企業が提供している製品であり、高品質アンチウイルスを無料で使えます。世界最高峰のアンチウイルスとマルウェア対策エンジンですから、それと比べるとWindows Defenderは格下です。

サーバーセキュリティ企業は有料プランを購入させることを狙って無料プランでお客さんを引き込もうとしていますから、すべての端末をきちんと保護したいのであれば有料のプレミアムセキュリティソフトが必要です。

しかし、シンプルな無料マルウェアスキャナが欲しい、MicrosoftのWindows Defenderをパワーアップできるウェブ保護機能が欲しい、そんな場合はこの記事のサービスが役立つでしょう。

調査方法:比較とランク付けの基準

このランキングは当社の検証方法に基づいて作成されています。ウイルス対策ソフトのセキュリティ、スピード、機能、価値、カスタマーサポートを厳しく検証し、優れたパフォーマンスを見せたウイルス対策ソフトのみがランク入りしています。ここでは、検証項目について説明します。

  • ウイルス対策ソフトのマルウェア検出率を検証しました。上記のウイルス対策ソフトでフルシステムスキャンやその他のスキャンを実行し、マルウェア検出率、各スキャンの所要時間、コンピュータの動作が遅くなったかどうかを記録しました。トロイの木馬、スパイウェア、ランサムウェア、ルートキット、キーロガーなど、既知と新種のマルウェアを両方とも検出するソフトのみを紹介しています。おすすめのチョイスはどれもマルウェア検出率がほぼパーフェクトでした。調査方法:比較とランク付けの基準
  • デバイスの動作があまり遅くならない製品を探しました。ウイルス対策ソフトを開いた状態でリソース消費量の多いアプリを実行しました。また、ウイルス対策ソフトがパソコンにどのように影響するか調べるため、タスクマネージャーを確認しました。このランキングのウイルス対策ソフトはデバイスの動作を遅くせず、Bitdefenderが最も軽量でした。
  • 追加機能を確認しました。機能が少ない無料ウイルス対策ソフトが多いなか、追加機能をいくつか備えた無料ソフトもあります。この記事のウイルス対策ソフトは期待以上の追加機能を提供しています。例えば、Aviraでは基本的な無料パスワードマネージャーが利用可能で、Pandaは無料VPN(1日あたり150MB)を提供しています。ノートンのように、これらの機能をすべて制限なく利用でき、Webカメラの保護、ペアレンタルコントロール、クラウドストレージなども備えたブランドもあります。
  • ウイルス対策ソフトの使いやすさを調べました。使いやすさを評価するために、ウイルス対策ソフトを普段使わない家族にスキャンを実行してもらったり、特定の機能を探してもらったりしました。この記事で紹介した製品は、ダッシュボードが初心者でも分かりやすく、機能を直感的に使えます。
  • 本当に無料で使えることを確認しました。多くの場合、サイバーセキュリティ企業が提供している無料アプリやトライアルは信用できません。「無料お試し期間が終わる前に知らせてくれなかった」「無料で機能が使えると思ったら広告が表示された」というケースがあるのです。この記事では、筆者自身が各製品を利用し、無料で安全を確保できるものだけを紹介しました。ノートンは完全無料プランはありませんが、60日間返金保証付きなので長期間無料で使えます。調査方法:比較とランク付けの基準
  • アップグレード価格を確認しました。無料製品をしばらく使った後、有料版にアップグレードしたいと思うかもしれません。とんでもなく高額な製品もありますが、この記事で紹介したブランドのプレミアムプランの価格はとてもリーズナブルです。

Windows用無料ウイルス対策ソフトのリスク・デメリット

無料セキュリティソフトでもマルウェアやセキュリティ脅威から効果的に身を守ることができますが、この記事で紹介した信用できる無料セキュリティソフトを使う場合に限ります。

というのも、無料セキュリティソフトの多くは安全ではないからです。重要なセキュリティ機能(リアルタイム防御など)が欠けていたり、デザインが悪かったりするだけでなく、本物のソフトに見せかけたマルウェアであるケースもあります(このようなマルウェアは主にWindowsを標的にしています)。

無料セキュリティソフトを使う最大のリスクは、たとえ正規のソフトであっても、たいてい重要なセキュリティ機能が欠けていることです。例えば、リアルタイムのウイルス対策、フィッシング対策ツール、ダークウェブのモニタリング、なりすましの通知などが使えませんので、デバイスとデータを完全に保護できません。また、追加機能を使えたとしても、かなり限られているはずです。

確かに、WindowsデバイスにはWindows Defenderという独自の無料セキュリティソフトが搭載されています。パソコンをマルウェアから守るのに役立ちますが、Windows Defenderのマルウェア対策はノートンなどの有料セキュリティソフトほど高速かつ効果的ではないことがあり、追加機能も少ないのです。

優秀なプレミアムセキュリティソフトは、パソコンを守るのに必要な機能がすべてそろっています。例えば、AIと機械学習を活用して既知・未知のウイルスを検出するマルウェア対策エンジン、悪質なサイトの検出、なりすまし監視ツールなどが含まれます。

また、有料セキュリティソフトと便利ツールがセットになっていることもあります。ツールの例として、ネットの利用状況を守るVPN(TotalAVのVPNは優秀です)、パスワード管理ツール(ノートンのパスワードマネージャーは高性能です)、パソコンの動作を改善する最適化ツール(Aviraは素晴らしいPC最適化ツールがあります)などが挙げられます。

無料セキュリティソフトと有料セキュリティソフトの違い

BitdefenderやPandaなどの無料セキュリティソフトはかなり優れていますから、デバイスをある程度保護できますが、ネット上で完全に身を守るために必要な追加機能がすべて備わっているわけではありません。そのような機能は有料セキュリティソフトでしか使えないのです。

有料セキュリティソフトの方が断然優れている理由は、ネット上で身を守るためのインターネットセキュリティ対策機能をすべて搭載しているからです。マルウェア対策だけではありません。有料セキュリティソフトには、ネット上でプライバシーを保護するVPN、銀行口座などの機密データを安全に保存するパスワードマネージャー、子どもの安全を守るペアレンタルコントロールなどの追加機能もありますから、完全にセキュリティ対策できます。

これらのツールとマルウェアスキャナを併用すれば、ハッカーやネット詐欺、子どもを狙う有害な人物に対抗できます。無料セキュリティソフトで同じレベルの安全性を確保するのは非常に困難です。また、ノートンのようなトップクラスのウィルス対策ソフトは、個人情報盗難防止サービスで最高100万ドルまで被害金額を補償している(アメリカのユーザー限定)ことを考えると、有料プランに加入する価値は間違いなくあります。

さらに、有料セキュリティソフトの方がカスタマーサポートの対応が良いので、マルウェアの駆除や機能の使い方など、ウイルス対策ソフトに関する質問をいつでも解決できます。

一方、無料セキュリティソフトの場合、チャットや電話で問い合わせられないので、質問がある際はテクニカルガイドを調べたり、掲示板に質問を投稿したり、チケットを送信したりするしかありません。

無料セキュリティソフトでもある程度の保護は可能ですが、完全なオンラインセキュリティ対策には有料セキュリティソフトを検討すべきでしょう(こちらのクーポンや割引をご利用いただくと、さらにお得になります)。

OS別におすすめの有料セキュリティソフトを評価しました。詳しくはこちらをご覧ください。

機能とユーザー体験 無料セキュリティソフト 有料セキュリティソフト
リアルタイム保護 機能に含まれていないことが多い。 機能に含まれており、頻繁にアップデートされている。
ウェブ保護 利用可能な場合は、通常、追加アプリや拡張機能の形で利用可能。 高度な性能で、総合アプリの機能として含まれていることが多い。
VPN 提供されていても、データ使用量がかなり少なく、1台のサーバーしか利用できない。 データ無制限、追加機能、豊富なサーバーロケーションが利用でき、総合アプリに含まれていることが多い。
対応デバイス Windowsのみの場合が多い。 すべてのデバイスをカバー。
パスワードマネージャー めったに含まれておらず、機能も厳しく制限されている。 機能が豊富で、無料バージョンよりも制限が少ない。
クラウドバックアップ 提供されることはほとんどない。 最大500GBの安全なストレージ。
カスタマーサポート FAQやナレッジベースに限定されることが多い。 電話やメール、チャットなどオプションが豊富。

現在もカスペルスキーをおすすめしている理由

2022年初めにロシアがウクライナに侵攻したことを受け、米国連邦通信委員会は「カスペルスキーを国家安全保障上の脅威と見なす通信機器・サービスを提供する企業に追加した」と発表しました。念のため、国家安全保障に関連する仕事をなさっている方は、カスペルスキーを使わない方が良いかもしれません。代替サービスとして、このランキングに掲載されているセキュリティソフトがおすすめです。

しかし、現時点では、カスペルスキーが安全でないという証拠はありません。2017年にカスペルスキーは「Global Transparency Initiative」(グローバル・トランスペアレンシー・イニシアチブ)を開始しました。その一環として、データセンターをスイスに移管し、SOC2(Service Organization Control for Service Organizations)Type 1の監査に合格し、第三者がソースコードを確認できるTransparency Center(トランスペアレンシー・センター)を世界各地に開設しました。

カスペルスキーの研究者もこの分野で高く評価されており、サイバースパイの事例を摘発するなど積極的な姿勢を見せています。また、全世界4億人以上から信頼を得ています。

「カスペルスキーを使うのは不安」という方はノートンBitdefenderなどの代替製品を検討しましょう。

2024年にインターネットをより安全に利用する方法

無料セキュリティソフトには必ず何らかの制限がありますから、セキュリティを脅かすすべての脅威から身を守ることはできません。トップクラスの無料製品でも、重要なオンライン保護機能を欠いています。例えば、TotalAVとMalwarebytesはリアルタイム防御がありませんし、Pandaとカスペルスキーにはウェブ防御が含まれません。

また、無料製品は追加機能がまったくないか、有料版の基本的な機能しか使えません。例えば、Bitdefenderの無料プランは、優れたマルウェア対策とウェブ防御機能はありますが、他の機能はほとんどなく、Aviraの無料セキュリティソフトでは高性能VPNが利用できますが、月当たりの通信量は500MBまでなので、ブラウジングするのも厳しいでしょう。

プレミアムセキュリティソフトにお金を投じるのがどうしても嫌なら、次のようなルールを守れば、無料版でもOKです。

  • 定期的にソフトウェアを更新する。
    ソフトウェアを更新するのはとても大切です。脆弱性をパッチすることで、セキュリティを強化できるからです。OSやプログラム、アプリケーションの更新が利用可能になったら、すぐにアップデートしましょう。そうしなければ、ハッカーがソフトの脆弱性を悪用して、デバイスにマルウェアをインストールされたり、機密情報を盗んだりされる恐れがあります。Aviraのようなプレミアムセキュリティソフトは、アップデートが必要なソフトを検出する脆弱性スキャナを備えています。自動的にアップデートを行うセキュリティソフトもありますが、手動でアップデートすることも可能です。
  • ファイルをダウンロードする際に十分注意する。
    ファイルやプログラムをダウンロードする場合、安全なサイトであることを十分に確認しましょう。また、メールの添付ファイルも、本当に安全かきちんと確認しましょう。安全なダウンロードリンクだと100%自信を持てない場合はクリックしてはいけません。信用できる送信者からのメールでも、添付ファイルを予期していなかった場合は、送信者が意図的に添付ファイルを送ったのかチェックしましょう。プレミアムセキュリティソフトはリアルタイム防御機能を備えており、不審なファイルをダウンロードしないよう対策できます。一方、リアルタイム防御のない無料セキュリティソフトを使っている場合、ファイルの内容とダウンロード元について十分に注意を払いましょう。
  • HTTPSサイトだけにアクセスする。
    HTTPS暗号化を使用しているサイトでは、ユーザーとサイトとの間で送受信されるすべてのデータが暗号化されます。一方、HTTP接続を使用しているサイトは、データを一切暗号化しないため、サイトと送受信するデータを傍受された場合、データは丸見えになってしまいます。ノートンなどの製品は優秀なウェブ防御機能があり、アクセス先のサイトの安全を確認し、不正サイトや不審なサイトへのアクセスを防いでくれます。
  • VPNを使う。
    安全なネットワークでも、VPNを利用すると匿名化によって通信の安全を強化できます。犯罪者や企業などにネットの利用状況や個人情報を知られにくくなるため、プライバシー保護にも有用です。無料VPNは制限が多いものがほとんどですが、優秀なプレミアムサービスはあります。
  • アカウントに安全なパスワードを設定する。
    すべてのサイトで同じログイン情報を使うのは止めましょう。アカウントごとに固有で複雑なパスワードを作成する必要があります。おすすめの無料パスワードマネージャーをご覧ください。

惜しくもランクインしなかったトップブランド

時間をかけてじっくり分析した上で、自信を持って質の良いサービスをお勧めしています。有名なセキュリティソフトでもトップ5にランクインできなかったものもありますから、結果に驚くかもしれません。いくつかご紹介しましょう。

  • マカフィー
    マカフィーは2024年におすすめしたいセキュリティソフトの1つです。高度なマルウェア対策エンジン、優秀なウェブ保護、通信量が無制限のVPNが搭載されています。しかし、マカフィーは無料プランがないのが欠点です。しかし、高品質のウイルス対策ソフトが必要ならマカフィーのウイルス対策ソフトは低価格で、業界トップクラスなので検討する価値があります。
  • ESET
    ESETは軽量なセキュリティソフトで、ウイルス検出率が高く、高度な診断ツールもあります。しかし、無料プランはなく、きちんとした説明がない機能や使いにくいツールがあります。
  • Sophos(ソフォス)
    ソフォスは以前、優れた無料プランを提供していましたが、現在は中止されているのでランキングから除外されました。とは言え、ソフォスの有料版は優れたサイバーセキュリティ対策を実現しており、低価格です。

よくある質問

無料ウイルス対策ソフトはワケアリでは?

本当の意味で無料のセキュリティソフトはありません。必ず何らかの形で支払うことになります。無料ウイルス対策ソフトで利用できるのは基本的な保護機能だけというケースが多いです。しかしそうなると、パソコンのセキュリティ対策は万全とは言えません。セキュリティソフト企業は利用者がこのことに気付くことを期待していて、宣伝や通知をたくさん表示して有料プランにアップグレードさせようとしているのです。

少しインターネットサーフィンしたり、文書を作成したりするためだけにパソコンを使うなら無料セキュリティソフトで十分でしょう(このランキングでは最高レベルの無料アンチウイルスをご紹介しています)。しかし、Windowsパソコンで機密情報を扱う場合、無料ソフトに任せるのではなく徹底的に守れるインターネットセキュリティソフトを購入すべきです。

Windows Defenderがあるのに無料セキュリティソフトを使うメリットは?

Windows Defenderは低品質のセキュリティソフトというわけではありません。一部のサードパーティの無料セキュリティソフトより優れているほどです。しかし、Bitdefenderなどの一流のサイバーセキュリティ企業は、優秀なセキュリティソフトを無料で提供していますから、Windows Defenderで防げない脅威(フィッシングサイトや悪質なウェブトラッカー、データ漏洩など)を無料で撃退できます。

実際、このランキングでご紹介したサービスのほとんどがMicrosoftのWindows Defenderセキュリティソフトより断然優れたウイルス対策を実現しています。

Windows Defenderと他のセキュリティソフトを併用することはできますか?

厳密に言えば、Windows Defenderと他のセキュリティソフトを同時に実行することは可能です。しかし、2つのマルウェア対策エンジンを併用すると、干渉し合うことがあり、マルウェア脅威の検出漏れが発生する恐れがあります。

そのため、Windowsパソコンにノートン360などのサードパーティ製セキュリティソフトをインストールしたら、Windows Defenderのウイルス対策エンジンを無効化することを強くおすすめします。

無料セキュリティソフトは安全ですか?

信用できる企業のセキュリティソフトであれば、安全です。この記事に掲載されているセキュリティソフトは安全性が確認されています。無料版と有料版の唯一の違いは、有料版では追加機能(VPN、パスワードマネージャー、ペアレンタルコントロールなど)が利用でき、カスタマーサポートが充実していることです。

おすすめの無料セキュリティソフトは?

無料のパソコン向けウイルス対策ソフトは必ず何らかの制限があり、有料プランでなければ最も重要な機能が利用できません。一時的に利用する場合は無料セキュリティソフトで用が足りるかもしれませんが、ノートンのような有料セキュリティソフトを入手することを強くおすすめします。ノートンはマルウェア検出率が100%で、他社より追加機能が多く、すべてのOS向けに使いやすいアプリが用意されています。わずか$29.99 / 年*~なのでとても手頃ですし、有料プランは安心の60日間返金保証付きです。2か月間試して、満足できるか判断すると良いでしょう。

有料のセキュリティ対策ソフトを購入したくない場合、Bitdefenderをご検討ください。クラウド型マルウェアスキャナ、ウェブ防御、リアルタイム防御が利用できます。

100%無料のセキュリティソフトはありますか?

はい。100%無料で使えるセキュリティソフトは存在します。そのような製品でもウイルス対策できますが、パソコンと個人情報を完全に守るのに必要な機能(なりすまし対策やVPN、パスワード管理ツールなど)は使えません。

Bitdefenderの無料版など、一流の無料セキュリティソフトなら、高性能のマルウェアスキャナやリアルタイム防御が使えますから、基本的な対策をしたい方には十分かもしれません。しかし、パソコンとデータを確実に守りたい場合は、有料セキュリティソフトへの加入をご検討ください。

大半のセキュリティソフトは返金保証付きなので、リスクフリーでじっくり有料版を体験できます。

無料ウイルス対策ソフトで十分にセキュリティ対策できますか?

ニーズによります。ほとんどの場合、信用できる無料セキュリティソフトを使えば、ある程度マルウェアなどのセキュリティ脅威から身を守ることができます。

しかし、多くの無料セキュリティソフトは、マルウェア対策などの基本機能しか使えません。

例えば、トップクラスの無料セキュリティソフトでは優秀なマルウェアスキャン機能とリアルタイムのマルウェア検出が使えますが、なりすまし対策や高度なウェブ防御などの追加機能はありません。

パソコンと個人情報を確実に守りたい方はノートンなどの有料セキュリティソフトをお試しください。

とは言え、基本的なマルウェア対策だけでよい場合は、高品質の無料セキュリティソフトで十分かもしれません。

ウイルス対策ソフトでハッキングを阻止できますか?

はい。強力なウイルス対策ソフトを使えばハッキングも阻止できます。ウェブ保護、ファイアウォール、リアルタイム保護などの機能は、サイバー犯罪者があなたのデバイスに侵入し、情報を盗むことを防ぎます。また、ウイルス対策ソフトにはスキャナーが搭載されており、現在システムに潜むマルウェアを駆除することができます。当社の検証では、ノートンのスキャナーのマルウェア検出率が100%で非常に優秀でした。

とはいえ、業界最高のウイルス対策ソフトを使えば、あなたのPCが絶対にハッキングされない、と断言できるわけではありません。ソーシャル・エンジニアリング攻撃やその他の攻撃を介してシステムに侵入し、被害をもたらす可能性もあるからです。だからこそ、怪しげなサイトへのアクセスは避けたり、個人情報を気軽に入力しないなど、常に安全なブラウジング習慣を実践することが重要なのです。

Windowsパソコンを感染することが多いウイルスは?

毎年報告されているマルウェア攻撃は何十億件にも上りますが、Windowsパソコンで一番被害件数が多いのはトロイの木馬とアドウェアです。

トロイの木馬ウイルスは.exeや.docなどの拡張子を持つファイルで、一見すると普通のファイルのように見えます。しかしこのウイルスをダウンロードすると裏口から攻撃を始め、ユーザーデータを盗んだり、Windowsパソコンをボットネットに参加させたり、ハッカーがパソコンに直接アクセスできるようにしたり、OS自体を一掃してしまうこともあります。

ハッカーはWindowsを狙っていつも新しいマルウェアを開発していますから、頻繁に更新されているマルウェアデータベースを使用しているセキュリティソフトを使用する必要があります。ノートンのマルウェアデータベースはいつも最新の状態になっていますから、データベースのアップデートを手動でインストールする必要はありません。

Windows 11にウイルス対策は必要ですか?

はい、必要です。Windows 11にはWindows Defenderが搭載されていますが、これだけでは不十分です。Windows Defenderだけに頼っていると、ゼロデイ攻撃、ランサムウェア、標的型フィッシング詐欺など、より巧妙なサイバー脅威にさらされやすくなります。

Windows 11 端末には、リアルタイムの脅威検出やフィッシング対策など、多層的なセキュリティ機能を提供する高品質のサードパーティのウイルス対策ソフトがお勧めです。理想的には、ノートンのようなトップブランドのプランに加入して確実に保護することですが、この記事でご紹介した無料ソフトも、Windows Defenderよりも性能が優れているのでお勧めです。

総合的に一番お勧めのWindows用セキュリティ対策ソフトは?

総合的に一番お勧めのセキュリティ対策ソフトはノートンです。無料プランはありませんが、優れたマルウェア対策とWindowsユーザー向けの幅広い追加機能を提供しており、お金を払うだけの価値が十分あります。

ノートン360デラックスプランでは、データ無制限のVPN、高度なペアレンタルコントロール、業界最高クラスのダークウェブモニター、安全なクラウドストレージ、その他多くの機能が利用できます。さらに、Android、iOS、Mac OSに対応しているので、すべてのデバイスを保護できます。そして何より、60日間の返金保証があるため、2ヶ月間リスクなしで体験できます。

Windowsに無料セキュリティソフトをインストールできますか?

もちろんです!サードパーティのウイルス対策ソフトをWindows端末にインストールすると、Microsoftが提供しているウイルス対策機能が自動的に無効になります。サードパーティのセキュリティソフトをアンインストールすると、「Windows Defenderセキュリティソフトを再び有効にしてください」と自動で通知が届くはずです。

しかしWindows Defender以外のサービスを利用するのであれば、安くても有料のプレミアムサイバーセキュリティ対策ソフトに投資した方が賢明でしょう。無料のセキュリティソフトは有料サービスには敵わないのです。端末やデータを守るにはノートン 360などの有料サービスにお金を払う価値があります。

しっかり対策でき、便利なサイバーセキュリティ機能があるサービスをお探しの方は業界トップクラスの有料セキュリティソフトランキングをご覧ください。

PCクリーンアップツールとウイルス対策ソフトの違いは?

PCクリーンアップツールとウイルス対策ソフトは異なる役割を果たしますが、両方使うことでデバイスを良好な状態に保つことができます。ウイルス対策ソフトはウイルスやマルウェアなどの脅威を検出・隔離・削除し、システムを危害から守るためのものです。一方、クリーンアップツールは不要ファイルの削除、レジストリエラーの修復、起動プログラムの管理などを行うことで、パソコンのパフォーマンスを最適化するために設計されています。ウイルス対策ソフトはPCを外部の脅威から守るのに対して、クリーンアップツールはシステム内部をメンテナンスすることでデバイスをスムーズに動作させ、長期的に使えるようにしてくれます。

企業が無料ウイルス対策ソフトを使っても大丈夫でしょうか?

企業が無料ウイルス対策ソフトを使うことは可能ですが、避けたほうが良いでしょう。無料ウイルス対策ソフトはリアルタイム保護を欠いており、機能が少ないなど、重大なデメリットがあります。また、カスタマーサポートはありませんから、ビジネス環境には向きません。Bitdefenderをはじめとする高品質な法人向けウイルス対策ソフトのほうが網羅的に保護でき、一元管理機能や専門サポートもあるので、企業のネットワークとシステムの安全を確保し、円滑に運用できます。

メールを開くだけでウイルスに感染することはありますか?

はい。メールを開いただけでウイルスに感染することはあります。特に、悪質な添付ファイルやリンクを含むメールは感染リスクが高いので注意が必要です。サイバー犯罪者がマルウェアを拡散する主な手口として、フィッシングメールが挙げられます。しかし、メールを開封しただけでマルウェアに感染することは通常ありません。感染するのは、添付ファイルをダウンロードするか、メールの本文の悪質なリンクをクリックしたときです。ノートン360など定評のあるウイルス対策ソフトを使い、心当たりのない差出人から送られてきた不審なメールは十分注意して扱うことで、感染リスクを大幅に減らせます。

2024年におすすめのWindows向け無料セキュリティソフト — 最終スコア

当サイトのランキング
当社のスコア
最大割引
*※1年目のみ。条件が適用されます。
当社は、当サイトに掲載されている製品の提供企業から報酬を受け取っており、一部製品は当社の親会社が共同所有しているものです。これらの要因は、ランキングと製品の表示方法に影響します。 
詳しくはこちら
著者について
Katarina Glamoslija
Katarina Glamoslija
ヘッドコンテンツマネージャー
更新日: 2024年6月3日

著者について

Katarina GlamoslijaはSafetyDetectivesのヘッドコンテンツマネージャーです。サイバーセキュリティ製品の調査、テスト、レビュー、およびオンラインの安全性やデータ保護の最善の方法の調査について10年近い経験があります。 SafetyDetectivesに入社する前は、アンチウイルスやVPNなどのレビューサイトのコンテンツマネージャー兼編集長を務めていました。 また、技術、医療、ビジネス関連の出版物でフリーランスのライターおよびエディターとして働いていました。「安全調査員」でいないときは、旅行(について小さな旅行ブログで書いている)、猫と遊んだり、犯罪ドラマを夢中で見たりしています。

コメントする