2019年のWindows用ベストのアンチウィルス

透明性と信頼性 - 当サイトは使用者が自由にアンチウィルスに関する意見を投稿して、他のコミュニティのメンバーと共有できる唯一のサイトであることを誇りに思います。当サイトがリンクしているアンチウィルスのサイトにアクセスされると、当社の役割をサポートする関連者としてのコミッションを受け取ることがあります。当社の運営の詳細をご覧ください。
フェリシティ・ケイ
サイバーセキュリティ専門家
更新しました: 2019年4月26日

WindowsデバイスはWindows Defenderソフトウェアが標準装備されています。ということはオンラインで保護されているという意味でしょうか。

脆弱なファイアウォール、めちゃくちゃになったファイル システム、間違って管理者アカウントが阻止されるといった恐ろしい話以外にも、セキュリティに関する問題がたくさんあります。デバイスがよりよく保護されるとしても、そのための非常に多くのアンチウィルスの選択があります。しかも「無料対有料」の議論もです。

さらにほとんどのソフトウェアが同じ機能を利用しているため、どのソフトウェアが他のソフトウェアよりも際立っているかを見分けるのは困難です。どれがWindowsデバイスに適しているのか、またはそのソフトウェアと互換性があるのかを確認するにはどうすればよいでしょうか。強力なファイアウォール、フィッシング保護、またはランサムウェア保護など、(標準装備されていない)必要なセキュリティ機能を備えたのはどのアンチウィルス プログラムでしょうか。

もちろん無料のアンチウィルス ソフトウェアがありますが、それに見合ったものしか得られません無料のものは信頼できるものではなく、有料のソフトウェアほど多くの機能も提供しません。例えば、安い靴を買った後すぐにバラバラになっても驚くべきではないのと同じことです。

しかし有料のアンチウィルス ソフトウェアが多数ある中、どれが自分のお金に見合う価値を提供するのでしょうか。当社がその点でお手伝いします。Windows用のベストのアンチウィルスを見つけるために、約40のアンチウィルス プログラムをテストしました。

  1. Comodo – ゲームモードでベスト
  2. McAfee – 豊富なマルウェア ライブラリでベスト
  3. BullGuard – 迅速なマルウェアの削除でベスト
  4. Panda – 含まれているVPNでベスト
  5. Norton – 長持ちする点でベスト
  6. Nano – カスタマイズでベスト
  7. Webroot – バックグラウンドの使用量の軽さでベスト
  8. Avira – 無料の提供でベスト
  9. Heimdal – 脅威の教育でベスト
  10. TotalAV – 複数のデバイスのセキュリティでベスト

注目すべきWindowsの機能にベストなアンチウィルス

セキュリティ

自分のアンチウィルスに関係なく、ウェブを閲覧している間にOSを保護するために何かを設置することをお勧めします。最低レベルのセキュリティでも、何もないよりはましです。しかしいくつかの製品は他の製品よりも優れています。

Windows用のベストのアンチウィルスは常に更新され、簡単にカスタマイズでき、オンライン世界から守る準備ができています。あまり優れていないアンチウィルスは保護ことに失敗し常に遅れており、確実にデバイスを感染に導くでしょう。弱いアンチウィルス ソフトウェアを使用すると、いつかデバイスがマルウェアやその他のウィルスで満載されているのに気づく可能性があります。

これらが信頼できるWindowsプログラム用のアンチウィルスを必要とする理由のほんの一部です。当社はWindowsプログラム用の最も信頼できるアンチウィルスのリストを提供しています。

アンチウィルス プログラムを使用していない場合は、自分のオンライン セキュリティを危険にさらしていることになります。明日の朝起きた時に、デバイスがロックされていて個人的なファイル、思い出、重要な情報(社会保障番号や銀行口座詳細など)が消え去る可能性があります。

市場のさまざまなアンチウイルスを調べる際に以下の点を考慮に入れました。

当社が常に調べる最も重要なセキュリティ機能:

  • 即時のウィルス スキャンとデバイスのクリーンアップ/最適化
  • リアルタイムの保護、およびファイアウォール
  • 不審な振る舞いを検出
  • ホワイトリスト
  • サンドボックス
  • スパイウェアからの保護 – たぶん内蔵のVPNにより
  • フィッシングやランサムウェアに対する防御
  • Wi-Fi検査
  • キーロガーからの保護

例えば、アンチウィルス ソフトウェアによってはランサムウェアから保護するものもあれば、コンピュータの高速化に役立つものもあります。他のものは最も重要なデータを疑わしい行為から確実に保護します。

当社はアンチウィルス市場で最も人気のある40以上のプログラムを以下の点に注意して調べました。

  • セキュリティ機能:明らかにオンラインで保護されなければなりませんが、これらの機能はどのように、そしてどの程度安全に守るのでしょうか。「アンチウィルス」は実際には包括的な用語で、アンチウィルス プログラムはデバイスを保護する必要がありますが、その方法についてはウィルスの種類によって異なります。例えば、すべてのアンチウィルス ソフトウェアにアンチ フィッシング機能が含まれるわけではありません。
  • 信頼性と正確性:アンチウィルス プログラムは慎重な方がいいですが、それ以外では選択したプログラムができるだけ正確で信頼できるものがいいです。

第1位 – Comodo – ゲームモードでベスト

長所
  • ゲームモードでプレイ中のポップアップを非表示
  • 無料プランに十分な機能あり
  • Auto Sandbox Technology(自動サンドボックス技術)でソフトウェアを安全にテスト

短所
  • 多くの偽陽性が鬱陶しい
  • サンドボックスが完璧でなく、時々完全に安全なソフトウェアもテストする

Comodoは無料で提供しているもう1つのアンチウィルス サービスです。無料のプランにはホワイトリスト、インターネット セキュリティ機能、破損していないアプリのみが設置されることを確認するアプリ コントローラなどがあります。

しかし有料プランはゲームモードを提供し、使用者がゲームをプレイしている間はウィルスのポップアップが表示されません。Comodoの「自動サンドボックス技術」も注目に値します。これは新しいファイルを起動できるスペースで、基本的には潜在的な害からシステムを保護する仮想環境です。安全と判断されたらファイルは従来のWindowsシステムで起動できます。

このプラットフォームは素晴らしいサポートシステムも提供し、すぐに対応するライブチャットに加えてほとんどのチケットは1時間以内に処理されます。それにすべての技術能力レベルの使用者が問題なく処理できるようにする、合理化されたユーザー インターフェースがあります。

しかしComodoから非常に多くの通知が送信されるため、煩わしい場合があります。このサービスにはいくつかの偽陽性もあり、サンドボックスが完全に安全なプログラムを起動することもあります。このプログラムは信頼性の高いアンチウィルス プロテクタですが、時々追加機能の実行に問題があることもあります。

第2位 – McAfee – 豊富なマルウェア ライブラリでベスト

長所
  • 保護するためのマルウェアの大規模なライブラリあり
  • 単なるマルウェア以外も確認
  • ソーシャルメディア保護サービスを提供

短所
  • 上級プランはやや高価
  • 多くの追加機能が無い
  • 基本プランは1台のデバイスのみをサポート

McAfeeは最も歴史の長いWindows用アンチウィルス ソフトウェアの1つです。このためほとんどのマルウェア攻撃を経験してきており、保護するための膨大な知識のデータベースがあります。セキュリティ スキャンはマルウェアをチェックするだけでなく、プログラムの起動やファイルの不思議な移動などの奇妙な振る舞いを把握することで、競合他社よりもやや多くの機能を果たします。

また、品質高いウェブ保護サービスも提供しており、マルウェアが閲覧中に拡散するのを防ぎます。これはWi-Fi保護、優れたファイアウォール、毎日24時間のサポート、およびすべてを管理するためのダッシュボードを提供する、McAfeeのホーム ネットワーク セキュリティと組み合わされています。

最も注目に値するのはソーシャルメディア ガードです。McAfeeはソーシャルメディアの閲覧を監視し、スパム アカウント、マルウェアのリンクを含むメッセージ、その他から保護します。インターネットを使用している、操られやすい子供にとって最適です。

最後に、McAfeeはコンピュータの速度にほとんど影響を与えません。 これはデバイスのパフォーマンスを損なわずにバックグラウンドで実行される、最適化されたソフトウェアです。そうは言っても上級のプランの中には少し高価で、最も安いものは1つのWindowsデバイスを保護するだけです。

第3位 – BullGuard – 迅速なマルウェアの削除でベスト

長所
  • 簡単なホワイトリスト/ブラックリスト
  • 子供を安全に保つための質の高いペアレンタル コントロール
  • 簡単な設定のための年齢によるセキュリティのテンプレート

短所
  • ライブチャットの応答が少し遅い
  • 非効果的なランサムウェア スキャナ
  • パスワードを管理しない

BullGuardは受賞歴のあるWindows用アンチウィルスで、競合他社と比較して非常に多くの追加機能を提供します。まず、ペアレンタル コントロールは非常に優れています。デバイス上のすべてのユーザー アカウントをすばやくインポートできるだけでなく、子供の年齢に基づいたセキュリティのテンプレートも提供されています。利用時間制限とホワイトリスト/ブラックリストも含まれています。

興味深いことに、BullGuardのサービスはハッカーの対象になりそうなすべてのチャットプログラムを自動的に指摘して、使用者が再確認することを可能にします。もちろんこれらのプラットフォームは簡単にホワイトリストに登録できますが、リアルタイムの確認は非常に便利です。

新しいデバイスが接続された時にポップアップを表示する高品質のホーム ネットワーク スキャナもあります。ここから名前のカスタマイズ、IPアドレスの表示、分野別のWindowsコンピュータの整理を行うことができます。

ソフトウェア全体が使いやすく、すべてが良くデザインされた1つのダッシュボードから利用できます。通知は常に邪魔しないように集中管理されており、BullGuardのサポートチームは緊急の場合にもすべて適切に対応してくれました。

しかし、 BullGuardのランサムウェア スキャナは比較的脆弱なことに注意するべきです。確かにマルウェアや安全でないネットワークからの保護には最適ですが、集中的なランサムウェア スキャンの機能はありません。

第4位 – Panda – 含まれているVPNでベスト

長所
  • 無料のVPNがプランに含まれている
  • デバイスを脅威から保護するための自動USBスキャン
  • ウェブ保護のためのカスタマイズ可能なファイアウォール

短所
    li>偽陽性が多すぎる
  • 高価なパッケージ
  • 基本プランにペアレンタル コントロールがない

大きなアンチウィルス テスト研究所からよく高い評価を受けているPandaは、すべてのパッケージに無料のVPNを含めて提供しています。1日あたりの帯域幅は150MBに制限されていますが、これは接続中に安全に保つためのもう1つの方法です。

このセキュリティ製品は最高の品質を誇り、当社が使用したすべてのマルウェア攻撃を検出しています。しかし時々偽陽性があり、ソフトウェアが感染だと認識しても実際には誤認となります。それでも安全性が低いよりも高いほうがいいです。

Pandaは挿入されたすべてのUSBデバイスも自動的にスキャンします。許可する必要はなく、安全を確保するために閲覧中は常に監視しいます。

ファイアウォールも注目すべき機能です。これは完全にカスタマイズ可能で、常にバックグラウンドで実行されています。ここで他のファイアウォールから以前の設定をインポート、またはエクスポートし、Windowsデバイスで許可するウェブサービスを正確に選択できます。

また、 Pandaの基本プランはやや基本的なものだけしかありません。最初の層にはいかなるペアレンタル コントロールも含まれておらず、トップの層しか毎日24時間の技術サポートを提供していません。クリーンアップツールでさえも、3番目の価格の層になるまで提供されません。ただし、これらのより高価なプランは質の高いサービスを提供します

第5位 – Norton – 長持ちする点でベスト

長所
  • 積極的なエクスプロイト保護
  • SONARスキャン サービス
  • 返金保証により、購入前に適切にテスト可能

短所
  • 基本プランには機能が欠けている
  • 新機能を設定するために常に通知を送る
  • 複数のデバイス サポートは高価

NortonはMcAfeeとほぼ同じ歴史があり、ほとんどの他社より優れた脅威データベースを備えていることを意味します。それに加えて毎日24時間のライブチャットと、精通したエージェントが対応してくれます。

Nortonの最も便利な機能の1つはプロアクティブ エクスプロイト保護(PEP)です。この機能によりWindowsコンピュータは「ゼロデイ」攻撃から保護されています。 PEPでコミュニティから脅威が認識されるのを待たずに、脆弱なソフトウェアをすぐに保護します。

Nortonのスキャン サービスのSONARも注目に値します。この機能は実行中のプログラムを常に管理し、マルウェアの印を探し出します。このサービスを長期間オフにしている場合は、SONARから通知が送られて安全性を確認できます。

NortonのVirus Removal Assurance(ウィルス除去確認)は素晴らしい機能です。つまり、Nortonの実行中にWindowsデバイスが感染した場合、同社から直接購入したと仮定して全額払い戻しを提供します。これは顧客が安心できる自身のあるアプローチです。

第6位 – Nano – カスタマイズでベスト

長所
  • 完全な機能付きの無料プラン
  • ウェブ / ファイル ガード
  • イベントログを見て何が起こっているのかを確認できる

短所
  • ファイアウォールが内蔵されていない
  • 時折起こる互換性の問題がシステムを遅くする
  • 何らかの理由で常にすべてのスキャンを実行するとは限らない

Nanoにはスケジュール スキャン、タスク マネジャー、非常に便利なファイル ガードなどの多数のカスタマイズ オプションがあります。後者のオプションを使用すると、プログラムを開いた時にWindowsデバイスがソフトウェアの脅威から保護されていることを確実にします。

メール、インターネット、およびFTPトラフィックも管理する、Nanoのウェブ ガードもあります。使用者はこれをカスタマイズして、危険なネットワーク接続を自動的に停止することができます。イベントログも興味深いものです。ここでソフトウェアの実行内容を確認しながら、各実行内容に詳細なレポートを添付することができます。

「偽陽性」セクションも便利で、これには使用者が戻って見直すことができる、誤って印付けられたソフトウェアが含まれています。これはNanoであまり一般的な状況ではありませんが、そのようなケースを捉えるシステムは便利です。幸い、これらの機能の多くは無料で提供されており、アンチウィルスの世界ではあまり見られないものです。

とは言っても Nanoは完璧ではありません。例えば、内蔵のファイアウォールはありません。使用者はNanoのセキュリティ機能を補完するために、自分で設置する必要があります。それと、Windows OSで常に使いやすいとは限りません。例えば、大量の違ったスキャンを実行している時にインターネットが途切れることがあります。また、管理者として実行していない場合にソフトウェアは一部のスキャンを見逃すことがあります。

第7位 – Webroot – バックグラウンドの使用量の軽さでベスト

長所
  • 多くの処理能力を必要としない
  • 潜在的に望ましくないアプリのセクション
  • 簡単なアプリ – 初心者にも簡単

短所
  • 暗号化されていないクラウド ストレージ
  • 機能がない
  • 弱いブラウザ拡張

Webrootは簡単さで注目に値します。強固なマルウェア保護サービスですが、競合他社と比較してあまり多くの機能を含んでいません。機能がないということは非常に軽いため、ソフトウェアがWindowsデバイスのパフォーマンスにほとんど影響を及ぼさないことを意味します。

このアンチウィルスはシステム全体のスキャン、クイック スキャン、詳細スキャン、およびカスタマイズ可能な起動スキャンを提供します。これに加えて、プログラムは「潜在的に望ましくないアプリ」(PUA)で、余分なブラウザのツールバーやアドウェアなどの不要なソフトウェアを格納しています。

Firefox、Internet Explorer、Google Chromeに対応するウェブ シールド ブラウザ拡張機能もあり、危険なウェブサイトに注意を促します。それでも、このサービスでは当社のテストで明らかなフィッシング ウェブサイトを2つ見逃したので、代わりに別のウェブ ブロッカーを使用することをお勧めします。

しかしこのソフトウェアは25GBの、クラウド バックアップを提供します。ただしファイルはアップロード中に暗号化され、オンライン サービス内では安全ではありません。これは余分なスペースを提供する優れたサービスですが、フル システム バックアップには理想的ではありません。

第8位 – Avira – 無料の提供でベスト

長所
  • 無料プランとツールバーの削除機能で初心者向け
  • ツールバーの保護が誤ったダウンロードによるマルウェアの入手をストップ
  • 無料提供で製品をテストできる

短所
  • ファイアウォールなし – 個別にダウンロードする必要あり
  • ライブチャットのサポートが遅く、返信に何時間もかかる
  • 2つの料金プランのみで、柔軟性に欠ける

Aviraは初心者に優しいWindows用アンチウィルスで、マルウェア保護には完璧に近い評価を得ています。最初から、このプログラムは使用者によるカスタマイズを必要とせずに理想的な保護を提供します。

ほとんどのアンチウィルスとは異なり、Aviraは提供する無料のプランにスキャン ツール、ランサムウェア保護、プライベート ブラウジング、およびGoogle Chromeウェブ拡張機能が含まれています。有料プランを利用する価値はありますが、この無料サービスは賞賛に値するものです。

手動スキャンを開始していなくても、Aviraは常にデバイスをマルウェアやその他の攻撃についてチェックしています。しかし、このソフトウェアが独自のファイアウォールを提供していないのは残念です。その代わりに、攻撃を防ぐためにWindowsの公式ファイアウォールを設定する手助けを提供します。

Aviraのツールバー削除システムは素晴らしい機能です。経験の浅いインターネット使用者は気が付かないうちに大量のツール バーを設置し、マルウェアやその他の脅威につながる可能性があります。このサービスは使用者からの入力が無くても保護し、削除することもできます。

ただし、同社のライブチャットは返信に数時間かかります。これに加えて同社のメールも応答に数日かかりました。

最後に、Aviraは設置されているソフトウェアに注意し、いつ更新するかを知らせます。これによりデバイスは常に脅威から保護され、プログラムを管理する簡単な方法となります。

第9位 – Heimdal – 脅威の教育でベスト

長所
  • 常時有効のトラフィック スキャナー
  • 初心者向けに優れた教育センター
  • X-Ploit Resilience機能

短所
  • ライブチャットと電話サポートがない
  • 基本無料プランは多くの機能を提供しない
  • このサービスは提供している物を誇張し、「これまでで最も先進的なセキュリティ スイート」にしては余りにも多くの追加機能が欠けている

Heimdalはある意味で他のWindows用アンチウィルスを超えてるのが、教育センターです。ここで使用者は「Windows 10セキュリティ ガイド」、「初心者のためのサイバー セキュリティ」、その他のさまざまなセクションを参照して、オンラインの安全性について自分で学ぶことができます。

このサービスには、DNS、HTTP、およびHTTPSトラフィックを記録し、マルウェア接続を自動的に阻止する、常時有効のトラフィック スキャナーであるDarkLayer Guardも含まれます。

これに加えて使用者が、ウェブブラウザなどの常に監視するインターネット接続アプリを選択できる、X-Ploit Resilience機能があります。これにより、Heimdalはスキャンする優先順位をこれらのプログラムに与え、使用者は自動更新を有効にしてソフトウェアをできるだけ安全に保つことさえできます。

注目すべきもう1つの機能は、Heimdalのウィルス スキャン部門のツールです。これにより、ソフトウェアは脅威を「感染したファイル」と「疑わしいファイル」に分類します。これらのファイルに対し何もせずに、代わりに使用者が脅威としたいことを選択する必要があります。

ただし驚くべきことに、このサービスはチャットや電話によるサポートを提供しません。その代わりに使用者はメール発券サービスを通じてヘルプを受け取る必要があります。残念ながら、これらのオプションにはアプリ内からアクセスできません。援助を受けるにはHeimdalのウェブサイトにアクセスする必要があります。

Heimdalは自社をこれまでで「最先端のセキュリティ スイート」としています。堅実な製品ですがそれは単に真実ではなく、そのような大胆な主張はあまり知らない方を誤解させる可能性があります。

第10位 – TotalAV – 複数のデバイスのセキュリティでベスト

長所
  • TotalAVはアンチウィルス市場で高い評価を受けている
  • リモート ファイアウォール制御でセキュリティのリモート制御を可能にする
  • 多くのアンチウィルスに欠けている高品質のディスク クリーナーがあり、最上級のディスク クリーナーはコンピュータを高速化する

短所
  • カスタマー サービスが常に対応するとは限らない
  • 請求方法がわかりにくく、サービスの支払い方法が必ずしも明確でない
  • VPNの接続に時間がかかることがある

他の多くのアンチウィルスほど歴史は長くないかもしれませんが、TotalAVはWindows用アンチウィルスでこれまで見た中で最高級の価値を提供します。このプラットフォームはインターネット保護よりもセキュリティを重視しているため、デバイス上のあらゆる脅威に対しても優れています。

より新しいソフトウェアであっても、TotalAVのセキュリティ機能は競合他社と比較して同等かそれ以上です。当社のテストでは、感染したマルウェアがすべて発見されました。またWeb Shieldによるオンライン保護もあり、TotalAVはほとんどの悪質なウェブサイトを阻止します。

興味深いことに、アンチウィルス ソフトウェアにはリモート コントロールされたファイアウォール サービスも用意されていますので、遠隔地からWindowsデバイスを保護できます。加えて、TotalAVのVPNがあり、これはアンチウィルス プランに含まれているのはまれです。すべてのデバイスで安全なブラウザ体験を提供します。

顧客がTotalAVの請求方法に不満を抱いていることが知られていますが、卑劣なサブスクリプション購入に対しても同様です。時々カスタマーサービスの対応が迅速でなく、カスタマーサービスがメールで返信するまでに平均で数日かかりました。しかしソフトウェアは非常に優れているため、あまりカスタマーサービスに頼る必要はありません。さらに、アプリのウェブサイトに詳細な知識ベースがあります。

その他のWindows用アンチウィルス機能で注意するべき点

サポート

Windows用アンチウィルス ソフトウェアが常に問題なく正常に実行されることが最善ですが、現実的ではありません。最高のソフトウェアを使用していても、一部の攻撃は依然として防御機能を突破する可能性があります

ソフトウェアが攻撃を阻止したとしても、どうしたら再発を防ぐことができるでしょうか。マルウェアがどこから来で、他に拡散した可能性があるのでしょうか。良いアンチウィルス ソフトウェアは、これらの事態において助けるために手元にしっかりしたサポートチームを持っています。このため当社はさまざまなレベルのサポートを調べて、使用者の体験が良いものになるようにしています。

重点を置いているサポート機能:

  • 電話、メール、ライブチャットのサポート
  • 毎日24時間可能
  • オンラインのよくある質問と知識ベース

価格

ベストのWindows用アンチウィルス ソフトウェアは無料ではありませんが、高いお金を払う必要もありません。もちろん、支払う金額はニーズと取得しなければならないライセンスの数によります。

支払う価格で何を得るのか、他のソフトウェアが無料でもっと提供しているのかを知ることも重要です。さらに、一部のアンチウィルスでは、さまざまな価格層を提供しているため、他のものよりも価値があるものがあります。

価格を測るときに注意するべき点:

  • さまざまなプランとその価格
  • いくつのライセンスが付属しているか
  • パッケージの価値
# 販売者 価格幅 評価
1 ¥4,320 - ¥9,720 / 年 4.7
ウェブサイトへ行く レビューを読む
2 ¥5,400 - ¥9,720 / 年 4.6
ウェブサイトへ行く レビューを読む
3 ¥6,440 - ¥10,760 / 年 4.5
ウェブサイトへ行く レビューを読む
4 ¥5,080 - ¥16,740 / 年 4.4
ウェブサイトへ行く レビューを読む
5 ¥5,400 - ¥11,880 / 年 4.4
ウェブサイトへ行く レビューを読む
6 ¥2,210 / 年 4.3
ウェブサイトへ行く レビューを読む
7 ¥4,320 - ¥8,640 / 年 4.3
ウェブサイトへ行く レビューを読む
8 ¥3,350 / 年 4.2
ウェブサイトへ行く レビューを読む
9 ¥7,350 / 年 4.2
ウェブサイトへ行く レビューを読む
10 4.2
ウェブサイトへ行く レビューを読む
透明性と信頼性 - 当サイトは使用者が自由にアンチウィルスに関する意見を投稿して、他のコミュニティのメンバーと共有できる唯一のサイトであることを誇りに思います。当サイトがリンクしているアンチウィルスのサイトにアクセスされると、当社の役割をサポートする関連者としてのコミッションを受け取ることがあります。当社の運営の詳細をご覧ください。