2019年のベスト パスワード マネジャー

透明性と信頼性 - 当サイトは使用者が自由にアンチウィルスに関する意見を投稿して、他のコミュニティのメンバーと共有できる唯一のサイトであることを誇りに思います。当サイトがリンクしているアンチウィルスのサイトにアクセスされると、当社の役割をサポートする関連者としてのコミッションを受け取ることがあります。当社の運営の詳細をご覧ください。
フェリシティ・ケイ
サイバーセキュリティ専門家
更新しました: 2019年11月20日

The Best Password Managers of 2019 — Secure, Affordable and Recommended間違いなくすべてのデータを安全で確実に保つために、オンラインのパスワード マネジャーを使用するべきです。優れた追加機能を持っているものがいくつかあり、素晴らしく見えるものもあります。しかし最も重要なことは、どれが時間とお金の価値に値するベストなものかです。

同じ安全度の低いパスワードをそれぞれのログイン全部で使用する方、または自分では十分に安全だと思ういくつかのログインを持っている方でも、決して安全過ぎるということはありません。最後に大企業のデータ漏洩について読んだのはいつだったでしょうか。

パスワード マネジャーは、パスワードを保存するだけではありません。確かにパスワードを保存しますが、ログインしたそれぞれのウェブサイトごとの固有の強力なパスワードも作成します。非常に優れたパスワード マネジャーの中には新しい強力なパスワードを生成し、既存のパスワードをすべてワンクリックで変更する機能さえ提供するものがあります。

  1. Dashlane – ベストの追加機能
  2. LastPass – ベストのオール アクセス無料試用(30日間)
  3. Keeper – 汎用性と共有にベスト
  4. Enpass – デバイス間の汎用性にベスト
  5. RoboForm – OS間での汎用性にベスト
  6. 1Password – 使いやすさと複数の使用者にベスト
  7. StickyPassword – 基本にベスト
  8. Password Boss – 経験豊富な使用者にベスト
  9. TrueKey – セキュリティ重視の方にベスト
  10. Zoho Vault – 既存のZoho使用者にベスト

パスワード マネジャーとは何か

すべての最高のパスワード マネジャーは通常、すべてのパスワードを保存するという同じことを行います。

実際にそれをどのように行うのかを説明するのはやや複雑です。パスワードを暗号化して安全なデータベースに保存して、資格情報があるサイトに簡単かつ簡単にログインできるようにします。

いったんナビゲートしてサイトにログインしたい場合に、パスワード マネジャーは自分のログイン詳細を保存したいかどうかを尋ねるか、使用者に代わって(許可していれば)自動的に記入します。
しかしどのようにしてこれを行うのか、どのOSやデバイスで作業しているのか、そしてどのような他の機能を提供しているのかは、パスワード マネジャーによって違います。

ベストのパスワード マネジャーの基本機能

ベストのパスワード マネジャーの機能は製品ごとに異なりますが、通常、それらはすべて同じ基本機能を提供します。

  • マスター パスワードまたはブラウザの拡張機能(またはその両方):ベストのパスワード マネジャーは安全な「マスター」パスワードを使用してログインし、他のサイトに自動的にログインするようにするか、またはブラウザの拡張機能にログインします。
  • 自動パスワード取得:ベストのパスワード マネジャーのほとんどはパスワードを自動的に取得し、これらの中には設置時にすべてのパスワードをインポートするものがあります。ほとんどのパスワード マネジャーは、少なくともパスワード情報を取得して、それを金庫に保存したいかを尋ねます。
  • フォームの自動入力:パスワード マネジャーがすでにパスワードを自動入力するため、個人情報(社会保障番号や身元認識番号など)、財務情報(銀行ログイン、Paypalの詳細など)、その他の情報を簡単に含めることができます。すべてではありませんが、ほとんどのパスワード マネジャーは設置後に設定が必要なある種の自動入力機能が含まれています。
  • パスワード強度レポート:選択したパスワード マネジャーにはおそらくパスワード強度レポートが含まれているはずです。ここでパスワードが分析され、さらに強力にする方法がわかります。また自動的に弱いパスワードを置き換え、より強いパスワードを提供するので保存したすべてのパスワードを瞬時に変更できます。

パスワード マネジャーの高度な機能

一部のパスワード マネジャーは有料プランにいくつかの素晴らしい追加機能を提供しています。

  • 2要素認証:これは通常、基本的なパスワード マネジャーの機能ですがかなり制限されています。TrueKeyなどのより高度なパスワード マネジャーには、SMSによるパスワード マネジャーのロック解除から顔面スキャンまで、さまざまな2要素認証方法があります。
  • 安全なパスワード共有:パスワード マネジャーによってはパスワードを他の人と安全に共有できるようにするものがありますが、注意が必要です。必要に応じてこれらの人のアクセスを削除することはできますが、他の人があなたのデータにアクセスするということは、その人がすべてのログインにアクセスする可能性があります。
  • 緊急アクセス:マスター パスワードを忘れた場合、またはパスワード マネジャーからロックアウトされた場合はどうなるでしょうか。ほとんどのパスワード マネジャーはデータを一切保存しないので、マスター パスワードがなくなると保存されたデータもすべてなくなります。幸いなことに、いくつかのパスワード マネジャーは緊急アクセスもあります。信頼できる人のメール アドレスを設定し、緊急アクセス コードを送信する期間を設定します。この期間(「即時」から「1ヶ月」までの任意の期間)が経過すると、信頼できる人があなたの緊急ログイン情報を受け取ります。
  • VPN: まれですが、DashlaneやRememBearなどの一部のパスワード マネジャーはプレミアムプランに安全なVPNが含まれています。確かに、パスワードが安全だからといって接続が安全とは限りません。そして安全でない場合はパスワード マネジャーにログインする前に安全なVPNを使うことができ、考慮すべき追加の安全層を提供します。

パスワード マネジャーは安全か

考慮すべき点は、強力でユニークなパスワードをすべて保存して暗号化したからといって、何がハッカーがマスター パスワード、またはパスワード マネジャーの会社のデータベースにアクセスするのを阻止するのかです。

将来を予測することはできませんが、当社が調べたベストのパスワード マネジャーのほとんどすべてが業界標準であるAES-256暗号化技術を顧客のすべてのデータに使用している点で安全と言えます。ほとんどのパスワード マネジャー(すべてでないことに注意してください)には、マスター パスワードを入力するときの要件として2要素認証または多要素認証も含まれています。

実際、ほとんどのパスワード マネジャーはデータをローカルに保存することさえしません(それはゼロ知識と呼ばれ、会社は顧客の実際のデータに関しては「ゼロ」の知識を持ち、ただ単に暗号化するだけです)。つまり、もしハッカーにより侵入された場合でも顧客のデータは(他の人のものも)回復不可能です。その点では安心できます。

それ以外の場合は、パスワード マネジャーを使用するとオンラインでの保護が強化されます。その理由は、少なくとも複数のオンラインのログインを、瞬時に変更可能な強力なパスワードやその他のセキュリティ機能を使用して保護しているからです。

ベストのパスワード マネジャーの評価方法

市場には約70のパスワード マネジャーがありさまざまな機能を備えているため、整理することがたくさんあります。パスワード マネジャーを評価して確認する際に以下の点を考慮しました。

  • 利用可能な機能:基本以外に何をどう提供しているか
  • セキュリティ:パスワード マネジャーはどのようなセキュリティ機能があり、どの程度効果的か
  • サポートされているプラットフォーム、OS、およびデバイスの数:パスワード マネジャーはデバイスとOSで作動するべきで、その反対ではない
  • 価格:ほとんどのパスワード マネジャーは何らかの形で無料試用を提供しているが、実際に得るものと有料のプランに価値があるか

2019年のベスト パスワード マネジャー – 更新情報

自分にとってベストのパスワード マネジャーは豊富な高度な機能を含み、またはより合理化されてOS特有かもしれません。どれを選ぶにしても、当社は設置のプロセス、ユーザー インターフェイス、サポートシステムなど、あらゆる詳細に関して約70のパスワード マネジャーを調査して検討しました。

全体的、2019年のベスト パスワード マネジャーはDashlaneだと思います。簡単なワン クリック インストール(自動インポートを含む)、ワン クリックのマルチ パスワード変更オプション、そして本当に賢い高度な機能を含みます。
 

第1位: Dashlane – ベストの追加機能

推薦の理由

Dashlaneは豊富な追加機能により凌駕しています。プレミアム プランはダーク ウェブ監視とVPNを含み、接続を保護します。なぜなら安全な接続を使用していない場合にパスワードは保護されていますが、デバイスが保護されていないからです。

Dashlaneのプレミアム プランは無制限のデバイスに対応し、すべての既存のデバイスをワンクリックで簡単にインポートできます。しかしDashlaneの最も優れた点は、ワンクリックのパスワード ジェネレータとチェンジャーです。文字通りワンクリックですべてのパスワードを取得し、安全度を表示してより強力なパスワードを提案し、それぞれをより強力なものへと変更します。

さらに、Dashlaneは多目的でWindows、Android、MacOS、およびiOSデバイスで作動します。

注意するべき点

Dashlaneの無料版は使用者に機能の大部分へのアクセスを与えますが、1つのデバイスだけで、最高50のパスワードに限られます。1つのデバイスしか持っていない可能性は低く、そして無料版でさえマルチ デバイスの同期化は無効にされます。したがって、たとえDashlaneを1つのデバイスに設置した後で除去しようとすると、そのデバイス上のパスワードすべてを失う可能性があります(他の場所にバックアップしていない限り)。

機能する方法

Dashlaneのウェブ アプリに移動して、マスター パスワードでログインします。2要素認証を有効にしている場合は、ログイン用のコードが記載されたSMSが携帯に表示されます。簡単にすべてのアカウントに自動的にログインされます。

無料プランでは、マスター パスワードを使用してデバイスにログインします。

第2位: LastPass – ベストのオール アクセス無料試用(30日間)

推薦の理由

LastPassは最も人気のあるパスワード マネジャーの1つで、すべての主要なOSとデバイスで機能するのですべてのデバイスとOSを自由に切り替えて同期化することができます。無料版には マルチ デバイス同期化、他の人とのパスワードの共有などの優れた機能がありますが、有料版は強力な2要素認証や1GBの暗号化ファイル ストレージさえも含まれる、より柔軟なオプションがあります。

注意するべき点

無料の試用がLastPassを気に入るすべてを体験するための優れた方法ですが、その期間は30日間だけです。これはLastPassの良いところを体験するのに十分ですが、当社のリストにある限られた機能付きの他のベスト パスワード マネジャーとは少し異なります。

機能する方法

LastPassには独自のWindows、Android、またはiOSアプリが付属しており、設置方法に応じてアプリをモバイル デバイスにダウンロードするか、ブラウザ拡張機能(Chrome、Firefox、Safari、Opera、さらにはEdge)を設置する必要があります。これを済ませたら、マスター パスワードを作成するように指示され、自分のパスワードをインポートすることができます(メールから、もしくは他のパスワード マネジャーから)。

第3位: Keeper – 汎用性と共有にベスト

推薦の理由

Keeperは非常に用途が広く、共有を中心に構築されています。ビジネスや企業の使用者、それに個人用、つまり個人や家族、学生向けです。

個人的なプランは無制限のデバイス同期化、安全なレコード共有、さらには指紋認証とフェイスIDログインさえも含む多くの機能を提供します。家族用プランは5つのプライベート金庫と10GBの安全なファイル ストレージを追加します。

注意するべき点

Keeperには無料のプランはなく、すべてのプランで30日間の無料試用版があります。しかしその後、アップグレードする必要があります。30日間でKeeperを実際に知って楽しむことができ、その機能(パスワード ジェネレータ、共有セキュア ストレージ)は本当に価値があります。

それ以外ではダッシュボードの使い方が初めは少し面倒ですが、いったん慣れると実際には使いやすく(より重要なのは)カスタマイズも可能です。

機能する方法

これがKeeperの印象的な点です。ほぼすべてのOS用のアプリがあり、Keeperはワン クリック設置できるパスワード マネジャーで自動パスワード インポート機能を備えています。ただマスター パスワードを設定してから2要素認証を設定するだけで、これはバイオメトリック指紋でも顔認識でも可能です。

第4位: Enpass – デバイス間の汎用性にベスト

推薦の理由

Enpassは非常に用途が広くBlackberry、Chromebook、さらにはポータブルUSBドライブを含むほぼすべてのOSで作動します。また、Edgeブラウザ拡張機能とWindowsストアのアプリもあります。

Enpassの機能はかなり優れており、非常に強力なパスワード ジェネレータや、プロジェクト毎や家族やチームのメンバー毎などのさまざまな状況に対応する複数の金庫、そして保存したデータを各ストレージ オプションに分類することもできます。

注意するべき点

Enpassは知識のないパスワード マネジャーですが、ローカル暗号化を使用します。つまり、データは暗号化されてローカル デバイスに保存されます。これはクラウド上にデータを保管するより安全な方法だと主張することもできますが、逆に反対の議論もできます。つまり、デバイスが盗まれた場合はどうでしょうか。

機能する方法

Enpassは奇妙で、Enpassクライアントをダウンロードするためのサブスクリプション購入さえ必要とせず、ただダウンロードしてパスワードのインポートとマスター パスワードの設定をするだけで始められます。もちろん高度な機能を使用したい場合はプランを購入する必要がありますが、それでもウェブ クライアントまたはブラウザ拡張機能のいずれかをダウンロードする必要があります。

第5位: RoboForm – OS間での汎用性にベスト

推薦の理由

どのような種類のデバイスやブラウザを使用していても、RoboFormにはそのブラウザ拡張機能またはアプリがあることを保証します。

RoboFormにはいくつかの素晴らしい追加機能がありますが、オフライン アクセスとローカル ストレージのオプション(ただし、Enpassにもあります)を除いて、他のパスワード マネジャーには見られないものは何もありません。

注意するべき点

ユーザー インターフェイスの使い方は少しややこしいく、またパスワードのインポートにも問題があるかもしれません。それにパスワード ジェネレータと2要素認証は、当社が調べた他のパスワード マネジャーほど強力ではありません。

機能する方法

ウェブ クライアントをダウンロードし、ブラウザ拡張機能やモバイル アプリを設置します。マスター パスワードを設定し、パスワードを1つずつインポートするか、または別のパスワード マネジャーからダウンロードしてインポートします。

第6位: 1Password – 使いやすさと複数の使用者にベスト

推薦の理由

非常に多くのアプリとブラウザ拡張機能を備えた1Passwordは、シンプルでありながら安全で、かつ使いやすいです。これはマルチ デバイスの同期化、権限の付与、使用者ごとの個人用の金庫など、簡単に操作できるように構築されたパスワード マネジャーです。

1Passwordのもう1つの本当に素晴らしい点はとても使いやすく、ダッシュボードは直感的でパスワード キャプチャが簡単なことです。

注意するべき点

1Passwordは家族かビジネスのためのどちらかだとしています。個人で使うこともできますが、より素晴らしい共有機能を無駄にすることになります。
それと、1ヵ月の無料試用があり(完全に無料版はありません)パスワードのインポート オプションは少しややこしいです。

機能する方法

1Passwordのダウンロードと設置は非常に簡単で、デスクトップ クライアント(アプリではありません)、専用のモバイル アプリ、またはブラウザ拡張機能をダウンロードするだけです。設定クライアントを開くと1Passwordがワンクリックで設置されます。

第7位: StickyPassword – 基本にベスト

推薦の理由

Sticky Passwordは社会的良心があり、すべてのプレミアム ライセンス料の一部はSave the Manatee Club(マナティーを救う会)の慈善団体へ送られます。

これは斬新で、StickyPasswordは非常に優れた一般的なパスワード マネジャーです。バイオメトリック認証、そしてすべてのデータでクラウドベースまたはローカル デバイス ストレージの選択を提供しています。今までにパスワード マネジャーがこれを選択肢として提供しているのを見たことがありません。

注意するべき点

StickyPasswordが素晴らしいパスワード マネジャーだと言いましたが、他のパスワード マネジャーと違いそれ以上の何かを提供しません。例えば、デジタル財布、パスワード共有または緊急アクセスなどは提供しません。

機能する方法

オンラインでサブスクリプション購入を買ってからクライアントをダウンロードするか、モバイル アプリまたはブラウザ拡張機能を設置するだけです。ワンクリック設置がすべてを完了させ、マスター パスワードを設定してパスワードをインポートします。

第8位: Password Boss – より経験豊富な使用者にベスト

推薦の理由

Password Bossには非常に多くの機能が含まれており、どれから始めるか戸惑うほどです。そして手ごろな値段で使いやすく(技術に詳しくない方にとっても)、優れたDark Web Scanner(ダーク ウェブ スキャナー)も提供しています。

注意するべき点

Password Bossのサポートチームから何かが必要な場合は、カスタマー サポートのオプションがないことにがっかりされるでしょう。電話番号もライブチャットもなく、発券システムを介してのみ質問を送信することができます。そして、答えを得るのにしばらく時間がかかります。これが非常に大きな欠点であるとは思いませんが、一部の方にとっては重大なことかもしれません。

機能する方法

Password Bossは本当に簡単に使えるクイック スタート ガイドを提供し、ワンクリックでパスワードを(いろいろな方法で)インポートすることを可能にし、自動入力、緊急アクセスの連絡先情報、そしてパスワード ジェネレータさえもセットアップします。これは間違いなく、当社が見た中で最も簡単なパスワード マネジャーのセットアップ プロセスの1つです。

第9位: TrueKey – セキュリティ重視の方にベスト

推薦の理由

McAfee(アンチウィルスで有名)を搭載したTrueKeyは、よりセキュリティを重視する方にとって真に最高のパスワード マネジャーです。

同社の無料プランはすべての機能へのアクセスを与えますが、最高15のパスワードまでです。これは無料プランというより「お試し」のプランです。

TrueKeyの本当に魅力的な機能は多要素認証で、同社が今まで見た中で最高のものです。豊富なオプション (バイオメトリック指紋と顔認識)から選べ、さらには2つまたは3つの認証要素の組み合わせ(例:顔認識とマスター パスワードとタッチID)から選択することができます。他の確認方法が設定されている場合は、マスター パスワードを設定する必要はありません。

注意するべき点

機能する方法

デスクトップ クライアント(Windows、Mac)、ブラウザ拡張機能(Chrome、Firefox、Edge)、または専用アプリ(Windows、iOS、Android)をダウンロードし、設置プロンプトを完了してから多要素認証を設定します。マスター パスワードを設定する必要すらありません。

第10位: Zoho Vault – 既存のZoho使用者にベスト

推薦の理由

Zoho VaultはZoho Business Suiteソフトウェアの拡張で、起業家や小企業に人気があります。したがって、同社のソフトウェアと非常によく統合されており、更にセキュリティ層を追加しようとしているビジネス、またはチームに包括的なソリューションを提供します。

Chrome、Safari、Firefoxのブラウザ拡張、およびiO、Androidのアプリで利用できます。個人使用のための無料版がありますが、Zohoが本当に優れているのはプレミアム プランで複数の使用者に安全なパスワード共有、安全なオンライン ストレージとマルチ デバイスの使用を提供します。

注意するべき点

ダッシュボードは(他のZoho製品を使用していない場合や)個人として使用するのが少し面倒です。そして他のパスワードマネージャとは異なり、デジタル ウォレットのサポートはありません。Zoho Vaultが得意とするのはチームと小企業のツールで、個人の使用者はZoho Vaultに少し圧倒されてしまうかもしれません。

機能する方法

始めるのは簡単で、オンラインでZoho Vaultにサインアップしてからブラウザ拡張または専用アプリをダウンロードしてください。オンラインの金庫に直接導かれますが、ブラウザ拡張とアプリは別々にダウンロードしなければなりません。

# 販売者 価格幅 評価
1¥190 - ¥550 / 年5.0
ウェブサイトへ行くレビューを読む
2¥550 - ¥1,100 / 年4.5
ウェブサイトへ行くレビューを読む
3¥3,280 / 年4.2
ウェブサイトへ行くレビューを読む
4¥330 - ¥440 / 年4.0
ウェブサイトへ行くレビューを読む
5¥330 - ¥880 / 年4.0
ウェブサイトへ行くレビューを読む
6¥280 - ¥440 / 年3.8
ウェブサイトへ行くレビューを読む
7¥220 - ¥440 / 年3.5
ウェブサイトへ行くレビューを読む
8¥1,320 / 年3.2
ウェブサイトへ行くレビューを読む
9¥2,190 / 年3.1
ウェブサイトへ行くレビューを読む
10¥400 - ¥690 / 年3.0
ウェブサイトへ行くレビューを読む
透明性と信頼性 - 当サイトは使用者が自由にアンチウィルスに関する意見を投稿して、他のコミュニティのメンバーと共有できる唯一のサイトであることを誇りに思います。当サイトがリンクしているアンチウィルスのサイトにアクセスされると、当社の役割をサポートする関連者としてのコミッションを受け取ることがあります。当社の運営の詳細をご覧ください。