2019年のiOS用のベストのアンチウィルス

透明性と信頼性 - 当サイトは使用者が自由にアンチウィルスに関する意見を投稿して、他のコミュニティのメンバーと共有できる唯一のサイトであることを誇りに思います。当サイトがリンクしているアンチウィルスのサイトにアクセスされると、当社の役割をサポートする関連者としてのコミッションを受け取ることがあります。当社の運営の詳細をご覧ください。
フェリシティ・ケイ
サイバーセキュリティ専門家
更新しました: 2019年5月7日

AppleのiOSモバイルOSは閉鎖されたエコシステムとしてデザインされているため、使用者は可能な限り速い体験を得ることができます。これは実験やオープン ソース プロジェクトに向いている、GoogleのAndroidのものとは正反対のものです。

しかし、それはiOSが感染できないという意味ではありません。これらの携帯電話が危険なウェブ閲覧やアプリのダウンロードにより、マルウェアやその他のウィルスに感染する可能性は十分にあります。従って、自分自身を保護するためにアンチウィルス ソフトウェアを設置する必要があります。

当社はベストのものを探すために、40以上のiOS用のアンチウィルス ソフトウェアを調べましたので参考にしてください。

以下はすべてをテストした際に調べた内容の内訳です。

  1. McAfee – ソーシャルメディア ガードでベスト
  2. Panda – USBスキャナーでベスト
  3. Norton – 高質のサポートチームでベスト
  4. Webroot – 合理化されたアプローチでベスト
  5. MalwareBytes – カスタマイズでベスト
  6. AVG – メール保護でベスト
  7. TotalAV – 使いやすさでベスト
  8. Bitdefender – SafePay機能でベスト
  9. TrendMicro – FolderShield機能でベスト
  10. MobiShield – 選択的な金庫機能でベスト

注目すべきiOS機能にベストなアンチウィルス

自分のiOSデバイスにベストなアンチウィルスを探して閲覧する際は、真に最高のソフトウェアを入手することを確認するためにいくつかのサービスを検討する必要があります。繰り返しになりますが、iOSがより閉鎖的なエコシステムであるということは、データ盗難に苦しむことはないという意味ではありません。

実際、アンチウィルスで保護していない場合はデータを大きなリスクにさらすことになります。機密情報に注意を払いiOSデバイスを円滑に作動させるために、すぐに設置することが重要です。

iOSのアンチウィルス ソフトウェアについて知っておく必要があるのは以下の通りです。

セキュリティ

iOS用のアンチウィルス ソフトウェアを探す際に考慮する必要がある最も重要な点は、マルウェアとランサムウェアの保護です。最新の攻撃のデータベースを常に最新の状態に保ち、更新し続けるソフトウェアが必要です。そうしないと、データが盗まれてデバイスがロックされてしまう危険性があります

実際、これらはアンチウィルスを設定する必要がある理由のほんの一部です。幸いにも、当社はベストのものをリストにまとめました。

iOS用のさまざまなアンチウィルスを調べる際は、以下のすべてを考慮に入れます。
当社が常に調べる主なセキュリティ機能:

  • 即座にウィルス スキャンを実行してデバイスをリアルタイムで保護
  • 疑わしい振る舞いが発生した時にそれを検出
  • 簡単にアクセスできるようにウェブサイトをホワイトリストに登録
  • 安全な環境でダウンロードをテストするためのサンドボックス化
  • スパイウェアからの保護
  • フィッシングに対する防御
  • 組み込みVPN(仮想プライベート ネットワーク)
  • デバイスのクリーンアップとAndroidの高速化を実現
  • ランサムウェア防止
  • 迅速な閲覧保護のためのファイアウォール
  • Wi-Fi検査
  • キーロガーからの保護

iOS用アンチウィルスの最も重要な機能はウィルスやその他の危険に対する防御ですが、その多くにはソフトウェアをさらに向上させるオプションの追加機能が付いています。最高の追加機能を備えたものが使用者の時間と価値に最適であるため、これがさまざまな製品間の最大の競争点となります。

当社はベストのものを見つけるために、iOS用の40以上のアンチウィルス ソフトウェアを特に以下の点に注意して調べました。

  • セキュリティ機能:もちろんアンチウィルスは保護すると言うことはできますが、実際どのように保護しているのでしょうか。マルウェアの保護からランサムウェアの防御など、さまざまな種類の保護があります。アンチウィルス ソフトウェアの中にはこれを提供するものもあれば、そうでないものもあります。
  • 信頼性と正確性:アンチウィルス ソフトウェアは潜在的な攻撃をどの程度良く捉えるでしょうか。大量の偽陽性を犯したり、それともプログラムが実際にiOSに害を及ぼす可能性のあるものを検出しているでしょうか。

第1位 – McAfee – ソーシャルメディア ガードでベスト

長所
  • McAfeeは長い歴史があるため異なったマルウェアについてあらゆる種類の経験がある
  • ソーシャルメディア ガードは携帯デバイスに最適
  • デバイスの保護とウェブ保護の両方に優れている

短所
  • 高価なプランは誰にとっても良いものではない
  • 複数のデバイス機能は高価


McAfeeは市場のほぼすべてのアンチウィルス ソフトウェアよりも長い歴史があります。これはつまり、ほぼすべての種類のマルウェアやウィルスを経験し、それに対する防御方法を知っているということです。プラットフォームのデータベースには、さまざまな種類の脅威が何年にも渡って詰め込まれていますので、iOSデバイスにとって完璧な防御ラインとなります。

このデータベースで、ソフトウェアはデバイスに保存されている可能性があるものに対して常に確認しています。モバイル デバイスに注意を向け、アプリを自分で移動したり入力なしで起動したりするなど、許可されていない変更をスキャンするセキュリティ スキャナーとも呼ばれます。

McAfeeは素晴らしいデバイス上のマルウェア保護を提供していますが、同時にウェブの保護も提供します。これはすべてのアンチウィルス ソフトウェアが証明できるものではありません。このウェブ防御の一部は、プラットフォームのソーシャルメディア ガードにあり、出会う可能性のあるスパム リンクや偽のアカウントから保護し、常にソーシャルメディアにログインしている携帯で特に便利です。

McAfeeのホーム ダッシュボードで、ソーシャルメディア ガードおよびファイアウォールのコントロール パネルなどのその他の機能にアクセスできます。これは非常に使いやすく、アンチウィルスの経験があまりない方にとってはオンボーディング プロセスが非常に簡単になります。

しかしこれらの機能は安価ではありません。予算がある方にとっては価値があるかもしれませんが、プラットフォームのプランはやや高価です。例えば複数のデバイスのサポートが必要でも、それを含む高価なプランは買う余裕がない場合は別を探す必要があります。そうは言っても、それを買う余裕がある人にとってはMcAfeeのiOS用のアンチウィルス ソフトウェアは素晴らしい選択です。

第2位 – Panda – USBスキャナーでベスト

長所
  • 無料VPNは優れた機能
  • USBスキャナーは使用量の多い方に最適
  • マルウェア保護が最高クラス

短所
  • 偽陽性がかなり頻繁に発生
  • 高額プランは限られた追加機能を提供
  • 無料のVPNは非常に限られており、からかっている感じ


PandaはiOS用のユニークなアンチウィルスで、無料プランで仮想プライベート ネットワーク(VPN)を提供します1日あたり150メガバイトに制限されており、使用量の多い方にはあまり向いていませんが、個人的に閲覧する必要がある方には非常に便利です。このアプリでこのような機能が提供されているのは素晴らしいことです。

Pandaをマルウェアの保護でもお勧めします。Pandaはファイルをチェックし、どれが危険であるかを理解するのに優れています。ただし、アプリが少し興奮しすぎてマルウェアでないものまで危険だとすることもあります。これを偽陽性と呼び、Pandaには必要以上に多いです。

重複する機能はUSBスキャナーで、携帯に接続するUSBデバイスの危険性を調べます。これはあまり頻繁には行わないかもしれませんが、自分の携帯をさまざまな種類のものに接続する方にとって便利な機能です。

Pandaのファイアウォールは多くの攻撃も防止し、アプリはそれがどのように機能するかをカスタマイズするためのあらゆる方法を提供します。それはまた常に有効で、閲覧体験が常に安全であることを保証します。これらの機能は素晴らしく、多くがPandaの基本プランに含まれています。しかし、アップグレードしてもそれほど価値があるわけではないので、購入する前にここにあるものに満足しているかを確認してください。

第3位 – Norton – 高質のサポートチームでベスト

長所
  • SONARやProactive Exploit Protectionなどの素晴らしい機能
  • 高質のサポートチームが必要に応じて手助けできる
  • ゼロデイ保護はデバイスの真の保護に必要

短所
  • 複数のデバイス サポートはより高いプランのみに適用
  • 特定の機能を設定していないとアプリが常に通知を送る
  • このアプリを最大限に活用するにはアップグレードが必要


NortonとMcAfeeは、さまざまなマルウェアが満載されった豊富なデータベースがあるためよく比較されています。その経験でNortonが問題を抱えている顧客の世話をする方法を知っていることも意味し、それはサポートチームを通して行われます

サポートチームに加えて、NortonのSONAR機能があります。この優れた機能は常にマルウェアをチェックするために、デバイスをスキャンしています。興味深いことに、この機能は使用者が使っていないと必ず通知を送信します。これはセキュリティには優れていますが、何らかの理由でこれを使用したくない場合は少し鬱陶しくなります。

プロアクティブ エクスプロイト プロテクション(PEP)と呼ばれるまったく新しいウィルスからもデバイスを保護します。これはゼロデイ攻撃とも呼ばれます。この機能は新たな攻撃が発生する可能性がある、潜在的に危険な場所で多くの閲覧を行う方にとって素晴らしいものです

これらの両方と組み合わされたのが、NortonのVirus Removal Assurance(ウィルス除去保証) で、iOSデバイスでNortonを実行している間に感染した場合に完全に払い戻されることを保証するものです。

これらは非常に優れた機能ですが、Nortonの基本プランではそれらの多くを提供していません。その代わりに、このアンチウィルス ソフトウェアを最大限に活用するためにはアップグレードする必要があります。さらに特定の機能を有効にしていないと、Nortonは常に通知を送ります。使用者が意図的にそれらを避けているなら、いらいらすることになります。最後に、複数のデバイス サポートが必要な場合はより高いプランにアップグレードしてください。

第4位 – Webroot – 合理化されたアプローチでベスト

長所
  • 合理化されたアプローチが新しい使用者に最適
  • 質の高いマルウェア保護
  • 返金保証がリスクを軽減

短所
  • サービスについて十分に説明しない
  • 時々いくつかのマルウェアを見逃す
  • 機能の欠如により上級者はがっかりする


iOS用のアンチウィルス ソフトウェアについてあまり知らない場合は、Webrootは相応しいです。熟練した方には理想的ではありませんが、Webrootには高度な機能がないため習得が容易で品質の高い防御システムもあります。

興味深いことに、このアプリの保護機能はクラウド ベースですが、それが何を意味するのかはわかりません。これはWebrootが技術的側面を隠しているためで、混乱を招く可能性があります。また、アプリが本当にどれほど効果的であるかを見分けるのも困難にします。例えば、多くの種類のマルウェア攻撃を阻止しますが、Webrootが常に良く機能しているとは限りません。一部の攻撃は防御システムを通過し、決して良いことではありません。

解っていることは、Webrootのクラウド ストレージと身元認識情報保護が素晴らしいことです。それにこのサービスを気に入らない場合は、Webrootの70日間の返金保証を利用してリスクを軽減することができます。

第5位 – MalwareBytes – カスタマイズでベスト

長所
  • スキャンは高速で発生したすべてのことが表示される
  • ゼロデイ保護は非常に信頼性が高い
  • カスタマイズ可能な機能が含まれている

短所
  • すべてのマルウェアを捉えない
  • デバイスを正確にベンチマークするのに信頼できない


MalwareBytesはリアルタイム保護と呼ばれるものにより優れています。つまり、アンチウィルスが常にiOSデバイスを監視し、厄介なことが何も起こらないようにしていることを意味します。これは一般的なものとゼロデイ攻撃の新しいものの両方から、マルウェアを保護するのに最適です。

これに加えて、アンチウィルス アプリはカスタマイズ画面により、保護するものを選択できます。それにより、スキャンしたいアプリだけがスキャンされ続けます。例えば、ウェブ ブラウジング ソフトウェア、またはオープンなウェブで危険にさらされる場所などです。これと組み合わされているのがMalwareBytesが推奨する保護策で、どのアプリがスキャンされ続けるべきか分からない新規の使用者には最適です

MalwareBytesはすばやくスキャンし、アプリ内のダッシュボードでそれが何をしているのかを確認できます。そしてすべてのプロセスが完了すると、アンチウィルス ソフトウェアは発見したすべての詳細を示す診断レポートを提供します。

これらはすべてMalwareBytesを使用する素晴らしい理由ですが、その非常に優れたゼロデイ防御にもかかわらず、時々より一般的なマルウェアのいくつかを見逃すことに注意してください。これに加えて、iOSデバイスをベンチマークするのに優れていません。このアンチウィルスを検討する際に、これらすべてを念頭に置いてください。

第6位 – AVG – メール保護でベスト

長所
  • 素晴らしいウェブ、マルウェア、ランサムウェア保護
  • Turbo Scanを使用するとスキャン中でもデバイスの動きを高速に保つ
  • メール防御は必須

短所
  • 選択肢が多すぎてユーザー インターフェイスが複雑
  • 基本プランには多くの選択肢が無い


AVGは3つの製品を1つの優れた製品に組み合わせて、iOSデバイスのセキュリティ、パフォーマンス、およびプライバシーを向上させています。検査研究所のテストを考慮に入れると、専門家たちは AVGがテストのために作成したゼロデイ種に加えて、ほとんどすべての種類のマルウェアに対応しているとしています

マルウェア保護に加えてAVGのランサムウェア防御があります。これらはアプリのファイアーウォールから来ており、最も重要なファイルを暗号化されたフォルダーに入れることもできます。

優れたマルウェアおよびランサムウェア保護に加えられているのが、AVGのウェブ防御です。ウェブ上での攻撃から守るだけでなく、このアプリはメール防御システムも備えています。これにより送られたスパム リンクを受信しないようになり、他の問題についてもすべてのメールをスキャンします。

AVGは常に実行されておりiOSデバイスを監視しているため、これらの保護は非常に優れています。競合他社と同様に、アプリはファイルが自分で移動するなどの不審な振る舞いを確実にチェックします。これは「Turbo Scan(ターボ スキャン)」と呼ばれるものを介して行われ、最初の正式なスキャンの後に有効になります。最初のスキャンの後、次のスキャンは既に安全なファイルを調べる必要がなくなり、プロセスが非常に高速化されます

それでもこれらの安全機能はやや割高です。非常に多くのオプションがあるためユーザー インターフェースが複雑で、基本プランではあまり良いサポートは提供しません。しかし、同社のチームがアプリが一般的なOSで非常に良く作動するようにしているので、これらの機能がiOSデバイスをまったく遅くしない点では優れています。

第7位 – TotalAV – 使いやすさでベスト

長所
  • 新しくても歴史の長いアンチウィルスと競合できる
  • 非常に使いやすいアプリ
  • リモートのファイアウォールは携帯を手元に持っていない場合に最適

短所
  • ウェブ保護は他のアプリに比べてかなり劣る
  • カスタマー サポートが素早く対応しない
  • 一部の使用者はアンチウィルスの支払いに問題がある


新しいアンチウィルスであるにもかかわらず、その質の高いマルウェア保護でTotalAVはさまざまなトップ アンチウィルスのリストに載っています。このソフトウェアはMcAfee、Norton、およびその他の広範なマルウェア データベースを備えた歴史の長いソフトウェアと競合しています

そこれに加えて、アプリは非常に使いやすいです。その並外れた機能の1つはリモート コントロール ファイアウォールで、携帯から離れている場合でもコンピュータからiOSの防御機能を制御できることを意味します。

この素晴らしいマルウェア保護は、TotalAVのウェブ保護の低さを犠牲にしています。アプリの専用の「ウェブ シールド」機能にだまされてはいけません。いくつかのマルウェアを見逃し、デバイスが感染する可能性があります

TotalAVはカスタマー サポートも不足しており、チームは問い合わせに対応するのに時間がかかります。これに対抗するために、使用者が緊急の場合に調べられる詳細なよくある質問のページがあります。しかしこれは一部の顧客が、自分のプランの支払いに苦労していることに関しては貢献していません

第8位 – Bitdefender – SafePay機能でベスト

長所
  • SafePayはすばらしいセキュリティ機能
  • スキャンは端末に影響を与えず効果的
  • 常時監視で常に安全

短所
  • ユーザー インターフェイスがうまくレイアウトされていない
  • アプリがホーム画面を乱雑にしている
  • SafePayセキュリティは過去の財務情報には拡張しない


BitDefenderには機能が欠けていますが、すでにあるものは非常にうまく機能します。例えば、iOSデバイスの速度を落とさずに非常に良く、超高速にスキャンします。設置直後にアンチウィルスがデバイスをチェックし、使用者が制御しないことが何も起こらないようにします

BitDefenderはスキャンに時間がかかり、外部からのものがデバイスに感染しないようにするので、この保護は携帯に差し込むことができるどんなUSBデバイスにも及びます。その後、アンチウィルスはSafePayと呼ばれる質の高い支払い保護を提供します。この機能により、オンラインで何かを購入したり重要な財務データを入力したりする時に、支払い情報が非公開になります

しかしこの素晴らしい財務上のセキュリティ機能にもかかわらず、BitDefenderはウェブ上での防御では非常に劣っています。これに加えてユーザー インターフェースは、初心者にも経験豊富なアンチウィルス使用者にとっても非常に混乱する可能性があります。機能のいくつかはホーム画面上のショートカットもありますが、デバイスを乱雑にします。しかし、これらの小さな問題を無視できるならば、BitDefenderはマルウェア防御ツールとして素晴らしいでしょう。

第9位 – TrendMicro – FolderShield機能でベスト

長所
  • FolderShieldで特定のファイルを保護
  • 包括的スキャンは隠れた脅威から保護する優れた機能
  • ソーシャルメディア デフェンダーは子供に適している

短所
  • チームは多くの情報を収集しているためオプトアウトするのが困難
  • より安いプランでは良いサポートは得られない


TrendMicroには包括的なスキャンやそのFolderShieldのような、より劣ったアンチウィルスに比べて目立つようないくつかのユニークな機能があります。前者はファイルを具体的に調べるのではなく、むしろマルウェアを実行している可能性のある隠れたアプリすべてに注目しています。その後、後者でTrendMicroが保護するiOSデバイス上のフォルダを選択することができます。

特に子供がこのデバイスを使用している場合は、アンチウィルスのソーシャルメディア デフェンダーも最適です。内蔵の防御機能により、ソーシャルメディアを誤って共有することがなくなり、データ漏洩を防ぐための多数のプライバシー オプションが提供されます。

しかし、TrendMicroが大量の使用者のデータを収集することに注意してください。もちろんこれをオプトアウトすることができますが、そうするのを少し難しくしています。残念ながら、このアプリは基本プランでは非常に良いサポートを提供していません。安い層の使用者は一般の就業時間内にのみ電話サポートを受けられますが、プレミアム使用者は毎日24時間アクセスできます。幸いなことに、TrendMicroは必要な方に対してきめの細かいよくある質問のページを提供しています。

第10位 – MobiShield – 選択的な金庫機能でベスト

長所
  • 金庫は非常に安全でほとんどの種類のファイルを保存可能
  • 新規使用者に最適な合理化されたインターフェース
  • 検出タブが興味深いニュース記事を表示

短所
  • 役に立たない機能がいくつかある
  • 検出タブが時々無関係なニュース記事を表示
  • あまり多くの機能がない


MobiShieldは特定のアプリ、ファイル、画像、その他を金庫に保存することを選択できます。その金庫は暗号化されており、パスワードなしではアプリは情報にアクセスできません。それから携帯が不審者によりアクセスされたり、オンになってはいけない機能がある場合のような、あらゆるデバイスリスクを知らせるスキャン ツールがあります。

ただし、これらの機能の多くはiOSデバイスの設定ページで既に利用可能です。知識のある方にとっては特に便利ではなく、新しい使用者にとっては有益である可能性があります。

興味深いことに、このアンチウィルス アプリにはiOSとApple全体に関するニュース記事を掲載する「発見」タブがありますが、Nikeなどのようにまったく関係のないトピックも載せます。

このアプリは非常に簡単にナビゲートできますが、それは多くの機能を提供していないからです。何を保護し、何を保護しないかを選択するように要求する、まずまずとしか言えないアプリです。

iOS用アンチウィルスを選択する際のその他の注意点

サポート

質の高いアンチウィルスのサポートは必要な時のために非常に重要です。アプリが適切にデザインされていれば、普通サポートを利用する必要はありません。しかし、数回でも援助が必要な時のためにサポートは優れている必要があります。

たとえそのサポートが直接の対話の形でないとしても、良いアンチウィルス ソフトウェアはいつでも見ることができるように専門のよくある質問、または知識ベースがあるはずです。

当社が重視するサポート機能:

  • 電話、メール、ライブチャットのサポート
  • 毎日24時間可能
  • オンラインのよくある質問と知識ベース

価格

アンチウィルス ソフトウェアの中には、非常に多くの機能をわずかな価格で提供しているものがありますが、それが品質の高い製品であるとは限りません。質の高い機能のためにもう少しお金を払う必要のある時があります。

とは言っても無駄に高いお金を払うことがないように気をつけてください。ご希望のアンチウィルスで利用可能なプランは何かに注意を払い、費用に見合う価値を検討してください。

価格を検討する時に注意する点:

  • さまざまなプランとその価格
  • いくつのライセンスが付属しているか
  • パッケージの価値
# 販売者 価格幅 評価
1 ¥5,400 - ¥9,720 / 年 4.6
ウェブサイトへ行く レビューを読む
2 ¥5,080 - ¥16,740 / 年 4.4
ウェブサイトへ行く レビューを読む
3 ¥5,400 - ¥11,880 / 年 4.4
ウェブサイトへ行く レビューを読む
4 ¥4,320 - ¥8,640 / 年 4.3
ウェブサイトへ行く レビューを読む
5 ¥4,320 - ¥6,480 / 年 4.2
ウェブサイトへ行く レビューを読む
6 ¥7,560 - ¥10,800 / 年 4.1
ウェブサイトへ行く レビューを読む
7 4.2
ウェブサイトへ行く レビューを読む
8 ¥3,350 / 年 4.2
ウェブサイトへ行く レビューを読む
9 ¥4,320 - ¥9,720 / 年 4.0
ウェブサイトへ行く レビューを読む
10 3.6
ウェブサイトへ行く レビューを読む
透明性と信頼性 - 当サイトは使用者が自由にアンチウィルスに関する意見を投稿して、他のコミュニティのメンバーと共有できる唯一のサイトであることを誇りに思います。当サイトがリンクしているアンチウィルスのサイトにアクセスされると、当社の役割をサポートする関連者としてのコミッションを受け取ることがあります。当社の運営の詳細をご覧ください。