2019年のChrome用のベストのパスワード マネジャー

透明性と信頼性 - 当サイトは使用者が自由にアンチウィルスに関する意見を投稿して、他のコミュニティのメンバーと共有できる唯一のサイトであることを誇りに思います。当サイトがリンクしているアンチウィルスのサイトにアクセスされると、当社の役割をサポートする関連者としてのコミッションを受け取ることがあります。当社の運営の詳細をご覧ください。
フェリシティ・ケイ
サイバーセキュリティ専門家
更新しました: 2019年6月6日

The Best Password Managers for Chrome 2019おそらくChromeがすべてのパスワードを自動的に保存すると考えているかもしれませんが(システム全体が標準で自動パスワード キャプチャ機能を備えています)、Chrome用の最適なパスワード マネジャーに関しては実際にさらに考慮すべき点があります。

確かにChromeのパスワード マネジャー ソリューションはまったく気づいていない場合でも無料で自動的に、そしてごく簡単な方法で利用できます。しかしそれを市場の他の色々な機能が満載されているパスワード マネジャーと比較すると、無料のパスワード マネジャーはいくつかの厳しい制限があり、それなりのものしか提供しないということに気が付くでしょう。

評価方法

1. LastPass – 完璧なChrome拡張機能でベスト

2. Dashlane – 必要としていることに気付かなかった追加機能でベスト

3. RoboForm – OS間での汎用性でベスト

4. Enpass – Chrome初心者にベスト

5. 1Password – Chromeの使いやすさでベスト

6. Keeper – 共有でベスト

7. Blur – (真に)セキュリティを重視する方にベスト

8. Zoho Vault – 既存のZoho使用者にベスト

9. BitWarden – 「オール イン ワン」拡張でベスト

10. Myki – 忘れやすい方にベスト

Chrome用のベストのパスワード マネジャーの選択の詳細については、こちらをクリックしてください。

ベストのパスワード マネジャーの評価方法

ベストなものを選択し購入されるのをお手伝いするために、約70のありとあらゆるパスワード マネジャーを機能も含めて調べました。

それぞれのChrome用のパスワード マネジャーを調べて評価した方法は以下の通りです。

  • 機能セット:どのような機能を提供するか。無料プランにいくつが付いていて、いくつの機能が有料か。
  • セキュリティ:Chrome内蔵のパスワード マネジャーの大きな問題点はセキュリティが不足していること。他のパスワード マネジャーと比較するとどうか。
  • サポートされているプラットフォーム、OS、デバイスの数:パスワード マネジャーはChrome搭載デバイスと連携するだけでなく、他のデバイスやプラットフォーム間での同期化もサポートするため。
  • 価格:パスワード マネジャーは無料試用を提供しているか、それだけの価値があるか、それとも有料版を購入した方が良いか。得られるものと、有料プランが本当に価値があるか。

Chrome用のベストのパスワード マネジャー(2019年) – 更新済

Chrome搭載デバイス用のベストのパスワード マネジャーには、家族やチームの使用者のパスワード共有からそれぞれの使用者のマルチ デバイス同期化まで、考えてもみなかった追加機能が豊富にあります。当社が選んだ以下のトップのものは、ありとあらゆる角度から調べて検討されました。

全体的に、2019年のChromeにベストなパスワード マネジャーはLastPassだと考えています。その直感的で邪魔にならないChromeブラウザ拡張機能、および自動同期化クロス ブラウザとクロス デバイスが主な理由です。特筆すべきはAndroidアプリです。これは素晴らしい独立したパスワード マネジャーですが、Chromeブラウザと同期化するとさらに良いものになります。

1. LastPass – 完璧なChrome拡張機能でベスト

長所

LastPassはほとんどのリストでトップに挙げられています。Chromeから直接、あるいはほとんどのOSやデバイス(Internet Explorerを含む)間で機能するため、あらゆるデバイスやプラットフォームを簡単かつ直感的に同期化できます。

そのChrome拡張は設置するためにワンクリックだけで、同社の非常に尊敬されている安全なパスワード ジェネレータへのアクセスを与えます。拡張機能自体の「最近使用した」ブラウザは最近使用したパスワードが表示されるので、疑わしいログインを監視できます。

知っておくべき点

LastPassはさまざまな機能や使いやすさで高い評価を得ていますが、注意する点の1つは自動的に行うGoogle ChromeのSmartLockとは異なり、インポートしたいパスワードは手動でCSVを介して、または別のパスワード マネジャーから行う必要があるということです。

機能方法

LastPassを自分のデバイスに設置後、Chrome拡張機能を設置するためのリンクが表示されます。その後、安全なマスター パスワードを作成するように指示されます。必要に応じて、

アプリを設置するか、お気に入りのサイトに行ってパスワードをインポートしてください。

2. Dashlane – 必要としていることに気付かなかった追加機能でベスト

長所

Dashlaneはよく「ベストのパスワード マネジャー」の表で上位にあげられ、その理由は非常にきれいで簡単なユーザー インターフェイスに加えて、主にその奇妙ですが必要なダーク ウェブ モニタリングとVPNの追加機能によります。これまでのところ、SmartLockよりもはるかに高度です。

DashlaneのChromeOSブラウザ プラグインを使用すると、既存のパスワードをワンクリックで簡単にインポートできます。しかもそれだけではありません。Smartlockがこれまでに提供した(または提供することができた)すべてのものは、ブラウザの自動ワンクリック パスワード ジェネレータおよびチェンジャーから直接操作できます。インポートされたすべてのパスワードのリストが、その安全さと自動的により強力なものの提案と共に見ることができ、ワンクリックですべてをより強力なパスワードに変更することができます。

知っておくべき点

このDashlaneの無料版を試す場合は失望するかもしれません。50のパスワードと1つのデバイスなど、、最も基本的な機能のいくつかにしかアクセスできません。プレミアム版から始めることをお勧めします。

機能方法

Dashlaneをダウンロードするか、Chromeの拡張機能ページに直接アクセスしてマスター パスワードをログインまたは設定します。2要素認証を有効にしているかどうかに応じて、ログインコードが記載されたSMSが携帯に送信されます。

3. RoboForm – OS間での汎用性でベスト

長所

RoboFormにはブラウザ拡張機能またはアプリがありますが、Chrome拡張機能が特に優れています。
RoboForm のオフライン アクセスとローカル ストレージのオプション、そして洗練された使いやすいChrome拡張機能により、これは市場で最も人気のあるパスワード マネジャーの1つとなりました。

知っておくべき点

RoboFormのパスワード ジェネレータと2要素認証は、他のパスワード マネジャーと比較してそれほど魅力的でも多用途でもありませんが、Chromeブラウザ拡張からもアクセス可能です。

機能方法

ウェブ アプリまたはGoogle Chromeの「Chrome RoboForm拡張機能」を使ってChrome拡張機能に移動し(事前にアカウントを設定する必要あり)、マスター パスワードを設定してからパスワードのインポートを開始します。すべてとても簡単です。

4. Enpass – Chrome初心者にベスト

長所

Enpassは「史上初のChromebook用オフラインのパスワード マネジャー」であることを強調しており、ChromeのOS用に完全に最適化されています。

ChromeのSmartLockのファンであれば、Enpassが似たようなものでただアップグレードされたものと考えてください。SmartLockには無い、強力なパスワード ジェネレータが搭載されておりより多様的で安全です。

知っておくべき点

Enpassはローカル ストレージを使用します。SmartLockのクラウド暗号化されたパスワード ストレージが一部の方にとっておそらくより安全な選択肢となるでしょう。ただしEnpassはゼロ知識のパスワード マネジャーで、そしてローカル暗号化を使用します。真に使用者のセキュリティの好みによります。

機能方法

サブスクリプション購読なしでEnpassをダウンロードしてChromeストアにアクセスし、Enpassウェブ/モバイル アプリを設置するだけで完了です。他のデバイスにEnpassを設置する場合は、最初にマスター パスワードを設定し他のすべてのパスワードをインポートする必要があります。これらのパスワードはデバイス間で自動的に同期化されます。

5. 1Password – Chromeの使いやすさでベスト

長所

1Passwordはシンプルで使いやすく、Chromeでとても良く機能します。ブラウザ拡張機能は拡張機能の中で本当に便利な検索バーやパスワード ジェネレータなど、非常に多くの興味深いオプションを提供します。

それに加えてウェブサイトにアクセスした時に自動的にパスワードを取得することもでき、非常に便利な機能に注目する必要があります。

知っておくべき点

1PasswordのChromeブラウザ拡張機能を設置しようとされる場合は注意してください。Chromeストアで「1Password」を検索すると少しわかりにくい3つのオプションが表示されるため、ウェブ アプリから設置するのが最善です。

機能方法

1Passwordのデスクトップ クライアント(これはアプリではありません)をダウンロードすると、Chromeブラウザ拡張機能(正しいもの)をダウンロードするように求められます。ただし事前にアカウントを設定する必要があります。

6. Keeper – 共有でベスト

長所

Keeper自体は非常に用途の広いパスワード マネジャーで、そのChrome拡張機能もその傾向を続けています。個人、ビジネス、エンタープライズのいずれの使用者でも、Chromeブラウザの拡張機能には無制限のデバイス同期化、安全なレコード共有、およびパスワード ジェネレータへのアクセスなど非常に多くが含まれています。それはすべてのパスワード マネジャーができることではありません。

知っておくべき点

Keeperの30日間の無料試用がありますが、無料のプランはありません。ただしKeeperは本当にそれなりの価値があるということです。パスワードの自動キャプチャ機能、パスワード ジェネレータ機能、そして本当に使いやすいインターフェースによりすぐに整理できます。

機能方法

KeeperはChromeのストアから、またはウェブ アプリからワンクリックで設置できるパスワードマネジャーで、優れた自動パスワード インポート機能があります。ただしChromeブラウザ拡張を設置する前に、マスターパスワードと2要素認証が設定されていることを確認する必要があります。

7. Blur – (真に)セキュリティを重視する方にベスト

長所

セキュリティに対して強い意識があるなら、BlurのChromeブラウザ拡張がまさにお探しのものです。クレジットカードやメール アドレスなど、入力したデータの種類ごとにマスキング オプションが用意されており、実際の詳細を使用するか詳細を「隠す」かを選択できます。

さらに良いことにそのマスキング オプションはChromeブラウザ拡張から直接利用可能です。

知っておくべき点

一部の使用者はBlurが少し安全でありすぎると言っています。万が一ブラウザの拡張機能を削除してから再設置した場合、マスターパスワードではない新しいパスフレーズの生成を含む、少し混乱を招く再認証プロセスがあります。

機能方法

Chromeストアから直接Chromeブラウザ拡張を設置します。ただしまずアカウントにサインアップするか、ウェブ アプリをダウンロードしてChromeの設置段階に進むまでプロンプトに従ってください。

8. Zoho Vault – 既存のZoho使用者にベスト

長所

Zoho VaultはZoho Business Suiteソフトウェアを拡張したもので、起業家や小企業に人気があります。Chromeブラウザは一般にZohoソフトウェアの一部として、またそれ自体でパスワード マネジャーとしても良く機能します。

知っておくべき点

Chromeの拡張機能はちょっと奇妙ですがウェブ金庫とよく似ています。パスワードは「秘密」と呼ばれ、それぞれの「秘密」は使用者によって分類され、つまりデータを保存するたびに各分野にラベルを付けるという手間が少しかかります。

機能方法

ウェブ金庫から設置中またはダッシュボードからブラウザ拡張機能をダウンロードします。Chromeストアに直接行ってダウンロードすることもでき、すぐに始めたい場合はこれが非常に簡単な方法です。

9. BitWarden – 「オール イン ワン」拡張でベスト

長所

BitWardenのChrome拡張は必要とするほとんど全てで、バックグラウンドで控えて閲覧する時に自動的にパスワードを捕えます。これはほとんどのChromeブラウザ拡張機能はもちろんのこと、ほとんどのパスワード マネジャーより優れています。それはシンプルできれいで、そして本当に使いやすい(そして楽しい)ものです。素晴らしいパスワード ジェネレータも拡張から利用可能です。

知っておくべき点

BitWardenのChrome拡張機能は多くの分類されたリスト、パスワード ジェネレータ、タブ、金庫、ツール、その他を提供し、一部の方には多すぎるかもしれません。それでも、もしこの「より多くある方がより優れている」アプローチが好きなら、BitWardenが適しています。

機能方法

セットアップ中にChromeブラウザ拡張をダウンロードするか、Chromeウェブ ストアに移動して自分で設置します。設置時には必ずマスター パスワードを忘れないようにしてください。

10. Myki – 忘れやすい方にベスト

長所

Mykiはとても変わった小さなパスワードマネジャーで、そのChrome拡張もそうです。1つにはマスター パスワードが必要なく、しかしMykiのPIN番号、および設定した2要素認証を必要とするだけです。これはマスター パスワードを覚えていない忘れやすい方には最適なオプションです。

それ以外の場合ではMykiのChrome拡張機能は適切に構成されており、2要素認証トークンも保存されるため、サインインしようとする時にデバイスを切り替える必要はありません。

知っておくべき点

Mykiは個人とビジネス使用者を分けるために別々のログインを提供します。両方を選択した場合、Chrome拡張機能はログインのための両方のオプションを与えます。これによりやや混乱しやすく、間違いを犯す可能性があります。

機能方法

Mykiをウェブアプリで設置してからChromeのウェブ ストアに移動するか、ウェブ ストアからそれだけを設置します。ブラウザ拡張機能は非常に機能的で、独立したプラットフォームとして機能します。

Google Chrome用のベストなパスワード マネジャー

数年前までも、Google Chromeとのシームレスなパスワード マネジャーの統合を探す場合はLastPassという選択肢しかありませんでした。

興味深いことにここ数年間、他のパスワード マネジャーが市場に出てきてChromeのユニークなOSを処理するのに適した非常に優れたものが可能になってきています。

Google SmartLock対パスワード マネジャー

この点で、Chromeには独自の組み込みシステムのChrome SmartLockが標準装備されているので、なぜChrome用のパスワード マネジャーが必要なのかを疑問に思う人がいるかもしれません。保存するパスワードがあるとあちこちにポップアップするのを見るかもしれません。それは静かで控えめで名前のとおりのことを行います。

しかし重要な点は、それがSmartLockが行うことの文字通りすべてです。Chrome用の他のパスワード マネジャーを使用すると、パスワードの共有、パスワードの強度のレポート、さらには全能で畏敬の念を起こさせるようなパスワード ジェネレータなど、さまざまな機能を利用できます。

それだけではなく、VPNやダーク ウェブ モニタリングなど他にも考えなかった機能がいくつか含まれている可能性さえあります。

SmartLockがパスワード マネジャーのニーズに十分でない理由の概要は以下の通りです。

  • SmartLockはGoogleの製品でのみ作動し、他のパスワード マネジャーは数十のOSやデバイスで作動する
  • SmartLockには疑わしいセキュリティがあり、パスワード マネジャーには多要素認証、マスター パスワードなどがあり安全に保護する
  • SmartLockはパスワードのみを保存し、他のパスワード マネジャーは銀行取引情報などの他のあらゆる安全な情報、さらにはセキュリティ文書(社会保障の詳細、出生証明書など)も保存する
  • SmartLockはパスワードをインポートまたはエクスポートすることができない。以前はできたがGoogleはその機能を廃止。他のパスワード マネジャーはいくつかの興味深い革新的な方法でパスワードをインポートおよびエクスポートできる

実際、SmartLockと他のパスワード マネジャーの最も重要で顕著な違いはセキュリティのレベルです。Smart Lockはハッカーが比較的簡単に侵入できます。ハッカーは使用者のChromeの全てを匿名モードで開いて「Advanced Settings」に行けばすべてがそこにあります。その理由は、Google Chromeが一旦ログインした後にパスワードをまったく要求しないからです。

以下がハッカーがGoolge Chromeのブラウザから簡単にアクセスすることができるすべてのものです。

Google SmartLock対パスワード マネジャー

特にマスター パスワード、2(か複数の)要素認証、およびその他の標準的に含まれるセキュリティ機能について考える場合に、パスワード マネジャーがどれほど安全であるかを明示します。

無料のパスワード マネジャーについて

もう1つ重要なことは無料のパスワード マネジャーです。

言い伝えにあるように、まったく無料で良いものはありません。

Chromeのパスワード マネジャーなどの無料のパスワード マネジャーにとって意味があるのは、プレミアム版のパスワード マネジャーの購入で実際にニーズがより良く満たされるかということです。

Chrome用のほとんどのパスワード マネジャーは何らかの形の無料版または無料試用を提供していますが、両方ともかなりの制限があります。Dashlaneのような無料版はパスワード マネジャーの機能全体にアクセスできますが、1つのデバイスに最大50個のパスワードを保存するだけです。

一方、LastPassの30日間の無料試用などの無料試用は、パスワード マネジャーが提供するものすべてにアクセスできるようになります。しかし30日後は保存したパスワードすべてへのアクセスを失います。

一方、Chromeの組み込みソリューションはパスワードを保存し、自動入力します。追加のセキュリティ、パスワード ジェネレータ、パスワードの共有、または2019年のChrome用のベストなパスワード マネジャーの推奨リストに掲載されているその他の優れた機能はありません。

透明性と信頼性 - 当サイトは使用者が自由にアンチウィルスに関する意見を投稿して、他のコミュニティのメンバーと共有できる唯一のサイトであることを誇りに思います。当サイトがリンクしているアンチウィルスのサイトにアクセスされると、当社の役割をサポートする関連者としてのコミッションを受け取ることがあります。当社の運営の詳細をご覧ください。