Torブラウザの使い方と安全性│2024年

更新日: 2024年3月9日
Tim Mocan Tim Mocan
更新日: 2024年3月9日

プロ厳選!日本でTorブラウザを安全に使う方法

  • 1. Torに対応したVPNをゲットし、サーバーに接続します。TorにはExpressVPNがおすすめです。90か国以上に3,000台以上のサーバーがあり、全サーバーがTorの通信に対応しています。業界トップクラスのセキュリティ機能やプライバシー機能が備わっているほか、Torを使用中も高速です。
  • 2. Torブラウザをダウンロードし、インストールします。Torの公式サイトからダウンロードしてください。外部サイトだと、誤って悪質なファイルをダウンロードしてしまう恐れがあります。
  • 3. Torブラウザを開きます。Torネットワークに接続されるのを待ちましょう。回線速度とTorネットワークの負荷によっては10秒以上かかることがあります。
  • 4. インターネットサーフィンしましょう!Torブラウザを使って好きなサイトを安全に閲覧できるようになりました。ダークウェブのサイトにもアクセスできます。

Torブラウザは、ダークウェブのサイトにアクセスするためのブラウザとして人気があります。プライバシーもある程度守ることができ、ネット検閲がある国ではファイアウォールを突破して自由なインターネットにアクセスするためにも役立ちます。

ただ、Torブラウザは安全性に関する問題もあり、プライバシーを100%守れるわけではありません。また、Torブラウザは比較的使いやすいものの、ダウンロードする方法と使い方を知らない方もいらっしゃいます。

このガイドでは、Torブラウザの安全な使い方を分かりやすくご紹介します。Torブラウザをインストールしてインターネットを閲覧する方法、Torのセキュリティ上の問題の対処法、Torネットワークで安全を守る方法などを徹底解説していきます。

ExpressVPNで通信を守りましょう!

【注意】Torはほとんどの国で合法ですが、違法な目的で使われることもあります。違法行為は絶対にいけません。お住まいの地域の法律を調べ、Torの使用が合法なのかチェックしましょう。また、Torブラウザは安全で合法なコンテンツにアクセスするためだけに使ってください。

Torブラウザを使う理由は?

1. プライバシーの強化

Torブラウザを使うと、通信とIPアドレスを隠すTorネットワークにアクセスできます。さらに、Torブラウザでは、プライバシーを脅かす可能性のあるサイトの機能を任意で無効にすることができます(サイトの動作に影響する場合がありますが)。

ブラウザフィンガープリント(データやサービスに関するデータの収集)も、Torブラウザである程度防げます。

上記の理由により、Torブラウザでインターネットを閲覧することでプライバシーを強化できるのです。位置情報やデバイス情報、ブラウジング状況などをWebサイトや広告事業者に追跡されなくなります。

2. ネット検閲の回避

ネット検閲が行われている国では、Torブラウザを使うことで検閲を回避できます。SNSアプリ、ニュースサイト、報道サイト、エンタメサイトなど、国内で利用できないオンラインサービスにアクセスできるようになるわけです。

TorサーバーのIPアドレスはファイアウォールの適用外なので、インターネットとやり取りできます。

3. ダークウェブサイトの閲覧

ダークウェブ上のサイトにアクセスするためにTorブラウザを使っている人もいます。ダークウェブサイトは「.onion」というドメインが付き、クリアネット(だれでもアクセス可能なインターネット領域)には公開されていません。検索エンジンやチャットルーム、ニュースサイトなど、ダークウェブには興味深いサイトがたくさんあり、Facebookなどの有名なオンラインサービスもダークウェブで閲覧できます。

4. 機密情報の共有

政治活動家や内部告発者、ジャーナリストは、信用できる情報源と情報を共有するためにTorブラウザをよく使っています。Torブラウザを使うことで、自分と相手のプライバシーを守れるからです。また、匿名で情報を提供してもらったり、論争の的となっている話題を調査したり、クリアネット上にない情報を閲覧したりするためにも、Torネットワークが使われています。

5. セキュリティテストの実行

ITスタッフは、セキュリティテストを実行するためにTorネットワークを使うことがあります。例えば、ペネトレーションテスト(侵入テスト)は、許可されたサイバー攻撃を仕掛けることで、コンピュータシステムやウェブアプリの脆弱性を検証することですが、このテストはTorネットワークで行われることがあります。

検証のためにTorがよく使われる理由は、ハッカーがサイバー攻撃を仕掛けるためにTorを使っているからです。Torでセキュリティテストを実行することで、企業はダークウェブの脅威からデータをよりよく守れるわけです。

6. 医療相談

Torネットワークで医師に相談するためにTorブラウザを使っている人もいます。プライバシーを守りたい、健康に関する悩みを医療関係者に直接話したくないなどの理由でTorブラウザを活用しているようです。また、病院に行くお金がない人も、この方法で悩みを解決しています。

7. おとり捜査

麻薬密売や違法な武器の販売、クレジットカード詐欺などの違法行為を捜査し、犯人を捕まえるために、警察はTorを使ってダークウェブでおとり捜査を行うことがあります。

Torブラウザの仕組みとネット上で匿名性を守れる理由は?

Torブラウザとは、Torネットワークにアクセスできるウェブブラウザのこと。無料でダウンロードして使うことができ、オープンソースなので、コードに脆弱性がないかだれでも検証できるようになっています。また、Torは日本語を含む約40言語に対応しています。

Torネットワークとは、通信を何度も暗号化して読み取り不可能にするプライバシーネットワークのこと。Torネットワークを通してサイトにアクセスすると、通信は少なくとも3台のTorサーバーを経由します。Torサーバーは一般的に「リレー」や「ノード」と呼ばれ、ボランティアによって運用されています。Torでは、次のような流れで通信が行われます。

あなたのデバイス → Torブラウザ → インターネット → Tor サーバー #1 → Tor サーバー #2 → Tor サーバー #3 → Webサイト

Torサーバーは4種類あります。

  1. ガードサーバー:データが通る1台目のTorサーバーです。
  2. 中間サーバー:1台目と最後のTorサーバーとの間でデータを転送するTorサーバーのことです。
  3. 出口サーバー:アクセス先(サイトなど)に到達する前にデータが通る、最後のTorサーバーです。
  4. ブリッジサーバー:IPアドレスが公開されていないTorサーバーです(ほかの種類のTorサーバーはIPアドレスが公開されています)。ネット検閲がある国で検閲を避けることを目的としています。

Torネットワークでは、通信が暗号化されるだけでなく、IPアドレスが変更されます。Torを通してサイトにアクセスすると、サイト側に公開されるのは出口サーバーのIPアドレスだけであり、実際のIPアドレスは隠蔽されます。

Torブラウザの設定方法・使い方

1. Torブラウザをダウンロードし、インストールする

Torブラウザの設定方法・使い方

まず、Torの公式サイトからTorブラウザをダウンロードしましょう。非公式サイトは避けてください。悪意のあるソフトをダウンロードするリスクがあります。

TorブラウザはAndroid、Windows、macOS、Linuxで利用可能です。iOSでは「Onion Browser」しか使えません。Torブラウザの代わりに役立ちますが、プライバシー水準は若干低くなります。このガイドでは、Windows 10でTorブラウザを使う方法を解説していきます。

インストーラを開き、指示に従って操作を進めましょう。Torブラウザは2分程度でインストールできるはずです。

2. Torブラウザを開く

Torブラウザの設定方法・使い方

Torブラウザのアプリを開き、Torネットワークに接続されるのを待ちましょう。ネット通信の速さとTorネットワークの負荷によりますが、5~10秒程度かかります。

3. サイトに接続する

Torブラウザの設定方法・使い方

Torネットワークに接続された状態でインターネットサーフィンできるようになりました。通常のブラウザと同じようにWebサイトにアクセスできます。なお、Torは低速なので、サイトの表示がいつもより遅く感じられるかもしれません。

「.onion」ドメインのサイトを閲覧したい場合、2024年におすすめのダークウェブサイトをご覧ください。

4. (オプション)Torの出口サーバーを変更する

Torブラウザの設定方法・使い方

Torネットワークに割り当てられたIPアドレスを変更するには、別のサーバーに接続する必要があります。サイトのURLバーの隣にある南京錠アイコンをクリックしましょう。「このサイト用の回線を再構築」ボタンをクリックすると、別のサーバーチェーンに接続されます。好きな国のIPアドレスを取得できるまでこの作業を繰り返してください。

Torの安全性は?

Torは安全でプライバシーを守るのに役立ちますが、限界がありますし、次のようなセキュリティ上の問題もあります。

  • ガードサーバーにはIPアドレスが公開されます。最初に接続されるTorサーバー(ガードサーバー)には実際のIPアドレスが公開されるため、位置情報が明らかになってしまいます。プライバシーの観点で最悪です。
  • Torを通してダウンロードした文書を開くのは危険が伴います。PDFファイルなどの文書にTorブラウザ外からダウンロードされたインターネットリソースが含まれることがあり、実際のIPアドレスが公開される原因になりかねません。
  • デバイスのすべての通信が暗号化されるわけではありません。Torネットワークがプライバシーを守るのはTorブラウザを使っているときだけです。ほかのブラウザを使ってサイトにアクセスすると、IPアドレスとデータが公開されてしまいます。
  • 悪意のある人物がTorサーバーを管理していることがあります。Torサーバーはだれでも運用できますから、ハッカーが運用していることもあるのです。悪質なTorサーバーとやり取りすると、重大なプライバシー侵害の恐れがあります。
  • Torの出口サーバーに暗号化されていない通信が公開されます。Torを使ってHTTPサイトにアクセスする場合(ダークウェブのサイトの多くはHTTPSを使っていません)、出口サーバーは暗号化されていない通信を監視できてしまいます。悪人が管理しているサーバーだと、ログイン情報や仮想通貨のシードフレーズなどの機密データを盗まれる可能性があります。
  • TorでユーザーのIPアドレスが漏洩したことがあります。以前、Torネットワークはさまざまなセキュリティ上の問題があり、ユーザーのIPアドレスが漏洩して実際の現在地が公開されたことがあります。問題は修正されていますが、今後同じような問題が発生しないとは言い切れません。
  • Torはアメリカの政府機関から莫大な資金援助を受けています。アメリカ政府がTorをコントロールしているわけではないものの、プライバシーを守るためにTorを完全に信用するのは難しいでしょう。結局のところ、Torサーバーを運用しているのが政府組織なのか調べられないからです。
  • 悪質なTorサイトは少なくありません。ダークウェブのサイトを閲覧するためにTorを使う場合、誤って不正サイトにアクセスしてしまい、デバイスがマルウェアに感染したり、プライバシーを脅かすスクリプトを実行してしまったりする可能性があります。

まとめると、Torを使えば安全とプライバシーをある程度守れるものの、セキュリティ対策したうえで使うのがベストです。例えば、ExpressVPNなどのVPNで通信を守ってから、Torネットワークに接続しましょう。

Torを使う際に安全を守るには

  • VPNを使いましょう。VPNとは、IPアドレスを変更して通信を暗号化するオンラインアプリのこと。Torブラウザを使う前にVPNに接続することを強くおすすめします。そうすれば、データを保護してからTorネットワークに送信できます。重要なセキュリティ機能があるVPNを使いましょう。例えば、AES-256ビット暗号化、通信の漏洩を防ぐキルスイッチ、IPv6・DNS・WebRTCの漏洩対策、VPNにデータを記録されるのを防ぐノーログポリシーは必須です。Torネットワークにアクセスするには、ExpressVPNが一番おすすめです。
  • アンチウイルスソフトを使いましょう。クリアネットでも悪質なリンクやコンテンツに遭遇する可能性は高いのですから、ダークウェブはなおさらです。Torを利用する際は、セキュリティソフトを使ってマルウェアや不正サイトからデバイスを守りましょう。現在、業界最高のセキュリティソフトはノートン 360です。
  • Torのセキュリティレベルを上げましょう。Torブラウザのセキュリティレベルはデフォルトで「標準」になっています。この設定では、すべてのウェブサイト機能が有効になります。「より安全」に切り替えると、プライバシーを脅かすために悪用される可能性があるサイトの機能(一部のフォントや数学記号)が無効になります。「最も安全」にすると、JavaScriptなど、より多くのサイトの機能が無効になります。ハッカーは、パスワードなどの機密情報を盗み取るためにJavaScriptを使うことがあるので、無効にしたほうが安全でしょう。
  • プライバシーを重視した検索エンジンを使いましょう。Torの利用者の多くは、Googleよりプライバシーを重視した検索エンジン「DuckDuckGo」や「Startpage」を推奨しています。また、.onionリンクを検索したい場合は「Ahmia」を使うのがおすすめです。精度が高いだけでなく、暴力的なコンテンツを掲載しているサイトをブラックリストに登録しています。
  • HTTPサイトにアクセスしないようにしましょう。Torを使ってHTTPサイトにアクセスすると、出口サーバーに対して暗号化されていない通信が公開されてしまいます。悪意のある人物が管理している出口サーバーだった場合、機密情報を盗まれる恐れがあるため、接続するのはHTTPSサイトだけにしましょう。
  • アクセスするのは安全なダークウェブサイトだけにしましょう。.onionリンクを開くためにTorを使う場合、アクセスするのは安全で正当なサイトだけにしましょう。怪しいサイトにアクセスすると、プライバシーが脅かされたり、マルウェアに感染したりする恐れがあります。
  • 個人情報を入力してはいけません。ダークウェブのサイトに氏名とメールアドレスの入力を求められた場合、偽名と安全なメールサービス(ProtonMailなど)を使うことをおすすめします。そうしなければ、悪意のある人物に個人情報を盗まれ、サイバー攻撃や詐欺のターゲットになる可能性があります。
  • 仮想通貨で支払いましょう。ダークウェブで買い物をするのは避けるべきですが、どうしても購入しなければならない場合、クレジットカード・デビットカードではなく仮想通貨を使いましょう。よりプライバシーを守ることができ、支払い情報が悪人の手に渡るリスクもありません。

TorネットワークにアクセスするのにおすすめのVPN【2024年】

【早見表】2024年にTorネットワークにアクセスするのにおすすめのVPN

  • 🥇1. ExpressVPN:Torネットワークにアクセスするのに2024年に一番おすすめのVPN。90か国以上にある3,000+台のサーバーでTorの通信が許可されており、かなり高速です。業界最先端のセキュリティ・プライバシー機能が備わっているほか、アプリは直感的に使いやすいので、Torネットワークにも簡単にアクセスできます。
  • 🥈2. Private Internet Access:Torネットワーク上でプライバシーをしっかり守るVPN。独立監査済みの厳格なノーログポリシーがあり、データを記録していないことが裁判で証明されています。アプリはオープンソースです。高度なセキュリティ機能とカスタマイズ可能なキルスイッチもあり、高速で、アプリは使いやすい設計です。
  • 🥉3. NordVPN:信頼性が高く、とても安全。全サーバーが高速。
  • 4. Surfshark:大家族にピッタリで、プランは格安。
  • 5. Proton VPN:Torネットワークにアクセスするのにおすすめの無料VPN。無料プランのデータ通信量は無制限で、3か国のサーバーでTor通信が許可されています。スピードも満足でき、とても強力なセキュリティ・プライバシー機能が備わっています。有料版ではより多くのサーバーを使うことができます。TorオーバーVPNサーバーに接続すると、ChromeなどのブラウザでもTorサイトを閲覧できるようになります。

🥇1. ExpressVPN:Torネットワークにアクセスするのに2024年に一番おすすめのVPN

プロのイチ押し
ExpressVPN
プロのイチ押し
ほとんどの読者はExpressVPNを選んでいます
サーバー数
105
注目ポイント
業界最速レベル
デバイス数
8
対応OS
返金保証
30日間
expressvpn.com

ExpressVPNはTorネットワークにアクセスするのに一番おすすめのVPNです。Torに完全対応していて、とても高速ですし、業界最先端のセキュリティ・プライバシー機能が備わっています。2024年におすすめのVPNで1位に輝いているほどです。

サーバーは日本を含む90か国以上に設置されており、3,000+台の全サーバーがTor通信に対応しています。これはとても便利です。どのサーバーでもTorネットワークにアクセスできますから、近くのサーバーに接続して高速通信を期待できます。

スピードテストでExpressVPNは素晴らしい結果となりました。.onionドメインのサイトは平均5秒で表示され、HD画質の動画も約8秒で読み込めました。初めは少しバッファしましたが、その後はスムーズに再生されました。

ExpressVPNはセキュリティ対策とプライバシー保護も優秀なので、Torネットワークにアクセスするのに適しています。RAMのみで実行されるサーバー(サーバーが再起動されるたびにすべてのデータが消去されます)、IPv6・DNS・WebRTCの漏対策、パーフェクトフォワードシークレシー(VPNセッション毎に暗号鍵を変更し、過去・未来の鍵をハッカーに知られてもTor通信を監視されません)など、高度なセキュリティ機能で通信を守ってくれます。さらに、ExpressVPNのノーログポリシーは何度も独立監査を受けており、サーバーが差し押さえられたときもデータを記録していないことが証明されました。

スプリットトンネリング機能があるのも素晴らしいでしょう。VPNを使うアプリとローカルネットワークを使うアプリを選べる機能です。この機能を使い、Torブラウザの通信だけVPNに経由させたところ、通信速度が約10%改善されました。

ExpressVPNのアプリはとても使いやすいデザインです。クイック接続ボタンをクリックすると最速のサーバーに自動接続され、インターフェースは日本語で表示できます。操作も簡単です。一部のアプリはショートカット機能があり、VPN接続後にワンクリックで指定したアプリやサイトが表示されるように設定できます。Torブラウザのショートカットを作成すれば、通信をExpressVPNで保護してから直ちにTorブラウザを開けるようになります。

ExpressVPNは同時に8台のデバイスを接続でき、料金は$6.67 / 月~で格安です。全プランに30日間返金保証が適用されます。

ExpressVPN:12-month planが49%オトク + 数か月無料!
12か月契約を無料で3か月延長、料金が49%割引!(クーポンはチェックアウトで自動的に適用されます)

ExpressVPNの完全レビューはこちら

🥈2. Private Internet Access:Torネットワークでプライバシーと安全をしっかり保護

サーバー数
91
注目ポイント
優秀な広告ブロッカーを搭載
デバイス数
無制限
対応OS
返金保証
30日間
privateinternetaccess.com

Private Internet Access(PIA)はTorネットワークを利用する際に安全とプライバシーを守ってくれます。ノーログポリシーを徹底していることが裁判で何度も証明されており、独立法人によるセキュリティ監査にも合格しています。また、アプリはすべてオープンソースで日本語に対応しています。ただし、Proton VPNとは違い、アプリの監査は行われていません。

パーフェクトフォワードシークレシーやRAMのみで実行されるサーバー、データ漏洩対策など、PIAは高度なセキュリティ機能でTorの通信を守ってくれます。キルスイッチの設定を変えると、VPNサーバーに接続されていない限りネット通信できないようにすることができます。PIAで通信を守らずにTorネットワークにアクセスしてしまうのを防げます。

Torのスピードテストで、PIAの結果はかなり優秀でした。Torのサイトは10~12秒程度で表示され、HD動画は15秒以内に再生されました。早送りしても最初に少ししかバッファしませんでした。とは言え、ExpressVPN ほど高速ではありません。

Torネットワークに簡単にアクセスできるのも素晴らしいでしょう。全アプリにクイック接続ボタンがあるので、手軽にサーバーに接続できます(4~5秒で接続されました)。すべての設定・機能に説明があるのも親切です。接続を自動化できるのも気に入りました。例えば、保護されていないWi-FiでTorネットワークにアクセスする際、サーバーに自動接続されるようVPNアプリを設定できます。

Private Internet Accessは同時に無制限台のデバイスを接続でき、料金は$2.03 / 月~でとても格安です。全プランに30日間返金保証が適用されます。

Private Internet Access:24-month planが83%オトク + 数か月無料!
今すぐご利用いただけば83%割引になります。

Private Internet Accessの完全レビューはこちら

🥉3. NordVPN:信頼性が高く、優れたセキュリティ機能があり、高速。

サーバー数
111
注目ポイント
マルウェアブロッカーが高性能
デバイス数
10
対応OS
返金保証
30日間
nordvpn.com

NordVPNは、ネット上でデータの安全を確保するセキュリティ機能をいくつか提供しています。例えば「脅威対策」はVPN業界トップクラスの広告ブロッカーで、悪質な広告を隠すだけでなく、不正サイトへの接続をブロックしたり、マルウェアに感染しているファイルをダウンロードするのを防いだりしてくれます。VPNサーバーに接続されていなくても脅威対策は有効なので、安心ですね。

ほかにも、ダークウェブモニタリング(Dark Web Monitor)は、ダークウェブをスキャンし、NordVPNのアカウントと関連するログイン情報が漏洩した場合に知らせてくれます。ダークウェブのモニタリング機能があるVPNは少ないので、素晴らしいでしょう。

NordVPNは優れたセキュリティ機能がほかにもいくつかあります。通信を2重に暗号化するダブルVPNサーバー、難読化サーバーなどが用意されています。また、強力なセキュリティと超高速通信を実現するように設計された独自プロトコル「NordLynx」も使えます。

データ漏洩対策機能、RAMのみで実行されるサーバー、パーフェクトフォワードシークレシーなど、NordVPNは高度なセキュリティ機能もあります。厳格なノーログポリシーは独立監査済みです。NordVPNのサーバーが保管されているデータセンターでデータ漏洩が発生した際、ユーザーデータは一切漏れず、ノーログポリシーを徹底していることが証明されました。

NordVPNはストリーミングやTorrentにもおすすめです。NetflixやBBC iPlayerなど、人気の動画配信サービスにアクセスできますし、P2Pサーバーは4,500台以上あります。また、ストリーミングやTorrentなど、どんなオンラインアクティビティをしても、サーバーはすべて非常に高速です。

「メッシュネットワーク」機能により、NordVPNはゲームにもおすすめのVPNとなっています。最大60台のデバイスを暗号化されたVPN接続にリンクできるので、安全に仮想LANパーティーを行えます。

NordVPNはほかにもさまざまな魅力があります。55か国以上に5,000台を超えるサーバーがあり、スプリットトンネリング機能が内蔵されているほか、アプリはとても直感的で日本語に対応しており、すべての主要なプラットフォームで使えます。

NordVPNのプランは$3.09 / 月~で、財布に優しいサービスです。全プランに安心の30日間返金保証が適用されます。

NordVPN:Ultimate planが74%オトク + 数か月無料!
今すぐご利用いただけば74%割引になります。

NordVPNの完全レビューはこちら

4. Surfshark:大家族におすすめのVPNでとても手頃

サーバー数
100
注目ポイント
アプリが使いやすい
デバイス数
無制限
対応OS
返金保証
30日間
surfshark.com

Surfsharkのアプリは日本語で表示でき、すべての主要なOSに対応しています。接続台数は無制限なので、多数のデバイスで使えるのが魅力です。「家族全員で高性能VPNを使いたい」という場合にピッタリでしょう。無制限のデバイスを接続できるVPNは少ないので、素晴らしいですね。

セキュリティ機能もかなり優秀です。SurfsharkのCleanWeb機能は、VPNの広告ブロッカーとしてトップクラスです。さらに、難読化、安全を強化するダブルVPN接続、IPアドレスを定期的に変更して現在地を追跡されにくくする「IP Rotator」などの特長があります。高度なセキュリティ機能は、RAMのみで実行されるサーバーとパーフェクトフォワードシークレシーがありますが、完全なデータ漏洩対策機能はありません(検証でデータ漏洩は検出されませんでしたが)。

ストリーミングにも役立ちます。NetflixやHBO Max、BBC iPlayerなどの人気サービスを楽しめます。ただし、Disney+にはアクセスできません。全サーバーがP2Pダウンロードに対応しています。

90か国以上に3,200台を超えるサーバーがありますから、近くのサーバーで高速通信を楽しめます。速度について、ほとんどのサーバーは速かったものの、かなり遠いサーバーだと通信が極端に遅くなります。

Surfshark の料金はわずか$2.29 / 月~で、業界で最も安いVPNの1つとなっています。予算が限られている場合におすすめのチョイスです。全プランに30日間返金保証が適用されます。

Surfsharkの完全レビューはこちら

5. Proton VPN:無料VPNプランでTorネットワークにアクセスしたい場合におすすめ

サーバー数
91
注目ポイント
アプリはオープンソースで監査済み
デバイス数
10
対応OS
返金保証
30日間
protonvpn.com

Proton VPNの無料VPNプランはTorネットワークに接続するのに一番おすすめで、2024年におすすめの無料VPNプランとして1位に輝いています。無料VPNプランとしては珍しくデータ通信量が無制限なので、好きなだけTorネットワークで安全にブラウジングできます。満足できるスピードですが、通信は明らかに遅くなりました。Torサイトが表示されるのに15~20秒もかかったのです。

無料プランにも優秀なセキュリティ・プライバシー機能がそろっています。データ漏洩対策やパーフェクトフォワードシークレシー、フルディスク暗号化(サーバーへの不正侵入があっても、サーバー上のすべてのデータの安全が確保されます)などの高度な機能があります。Proton VPNのノーログポリシーは独立監査済みで、アプリはすべてオープンソースなので、コードに脆弱性がないかだれでも検証できます。もちろん、コードを検証する専門知識がある人は限られていますが、Proton VPNのアプリも監査されているので安心です。

残念ながら、無料プランは制限もあります。アメリカ、オランダ、日本のサーバーでしかTorネットワークにアクセスできず、1台のデバイスしか接続できません。有料版にアップグレードすると、60か国以上にある4692台のTor対応サーバーを使えるようになり、高速です。検証ではTorサイトが7~8秒で表示されました。HD画質の動画も、10秒以内に読み込めましたし、早送りしても少ししかバッファしませんでした。速度は良好ですが、やはりExpressVPNのほうが高速です。

有料プランでは5か国以上のTorオーバーVPNサーバーを使えるので、ChromeやOperaなど、通常のブラウザでもTorサイトを閲覧できます。Torブラウザを使わなくても良いのはとても便利でしょう。

Proton VPNの有料プランでは最大10台のデバイスを接続でき、料金は$4.49 / 月~です。30日間返金保証もありますが、返金されるのは残り期間分の料金だけです。

Proton VPNの完全レビューはこちら

TorブラウザとVPNの違いは?

Torブラウザ VPN
アプリの種類 ウェブブラウザ オンラインアプリ
IPアドレスの変更
通信の暗号化
(少なくとも3回)

(通常は1回だけ)
デバイスのすべてのネット通信を暗号化する
(暗号化されるのはTorブラウザの通信のみ)
用途 ダークウェブのリンクへのアクセス、ネット検閲の回避、プライバシー強化、内部告発者・活動家・ジャーナリスト・潜入捜査官として機密情報を安全に共有するためなど オンラインプライバシーの強化、ストリーミングサイトへのアクセス、Torrent、ゲーム、帯域制御の回避、ネット検閲の回避、プライバシー強化、内部告発者・活動家・ジャーナリスト・潜入捜査官として機密情報を安全に共有するためなど
無料・有料 無料 有料(一部のVPNは無料プランがあります)

Torブラウザは無料でオープンソースのウェブブラウザで、Torプライバシーネットワークにアクセスできるようになります。TorブラウザではIPアドレスの変更と通信の暗号化が少なくとも3回行われるのが特徴です。クリアネットでは閲覧できないダークウェブのサイトも、Torブラウザなら閲覧できます。

Torブラウザは主に、ダークウェブを閲覧したり、ネット検閲を回避したりするために使われています。ネット上でプライバシーを強化するためにも使えますが、そのために使うならVPNのほうが良いでしょう。また、機密データを共有する必要があるジャーナリストや内部告発者、活動家、潜入捜査官などもTorブラウザを活用しています。

VPNはオンラインアプリで、IPアドレスを変更し、通信を暗号化するのはTorブラウザと共通していますが、これらの処理は1回しか行われないため、Torよりはるかに高速です。VPNでデータを守るには、VPNアプリ(VPNクライアント)を使ってVPNサーバーに接続することになります。接続後、すべてのネット通信がVPNサーバーを経由して暗号化されます。一流VPNは有料プランに加入しなければ使えないことがほとんどですが、サービスを体験できるように便利な無料プランを提供しているプロバイダもあります。また、Torブラウザの場合、ブラウザの通信しか保護されませんが、VPNはデバイスが送受信するすべての通信を守ってくれます。

大半のユーザーはVPNを使うことで恩恵を受けられます。プライバシー保護とセキュリティ対策に大きな効果を発揮しますし、ストリーミングサイトにアクセスできるようになり、安全にTorrentやゲームを楽しむためにも向いています。さらに、ネット検閲がある国で検閲を回避するためにも役立ちます。また、VPNは通信を暗号化し、Torより断然高速なので、帯域制御を避けるためにも効果的です。内部告発者やジャーナリストなど、機密情報を共有しなければならない場合、VPNを使うと通信を守れますが、VPNとTorブラウザを併用するとプライバシーとセキュリティをさらに強化できます。

「TorオーバーVPN」と「VPNオーバーTor」安全性が高いのは?

TorオーバーVPN VPNオーバーTor
Torで実際のIPアドレスを見られるのを防止できます 最初のTorサーバーは実際のIPアドレスを見られます
Torが実際のIPアドレスを漏洩しても、安全が確保されます Torネットワークに接続していることをだれでも見られます
Torを使っていることをだれにも見られません VPNオーバーTor接続に対応しているVPNはごく少数です
大半のVPNはTorオーバーVPN接続に対応しています 手動設定が必要で、時間がかかります
設定は簡単です

TorオーバーVPNとは、Torの通信をVPN接続に経由させることで、VPNサーバーに接続してからTorブラウザを使ってTorネットワークにアクセスすることになります。

VPNオーバーTorとは、VPNの通信をTor接続に送信することで、Torブラウザを使ってTorネットワークにアクセスしてからVPNサーバーに接続することになります。

使うのはTorオーバーVPN接続だけにしましょう。VPNで通信を守ってからTorネットワークに送信することになりますから、Torネットワークを使用していることをだれにも見られず、プライバシーがしっかり保護されます。また、先にVPNに接続することで、1台目のTorサーバーに対して実際のIPアドレスが公開されるのを防いでくれます。さらに、Torでデータが漏洩したとしても、公開されるのはVPNのIPアドレスであり、本当のIPアドレスは公開されません。

VPNオーバーTor接続ではプライバシーをきちんと守れません。本当のIPアドレスは1台目のTorサーバーに対して公開されるので、悪質な人物がそのTorサーバーを管理している場合はあなたのIPアドレスを収集され、現在地を特定される恐れがあります。また、Torに接続されていることが丸見えなので、インターネットプロバイダにも知られてしまいます。また、大半のVPNはVPNオーバーTor接続に対応していませんから、接続を確立するのは大変です。VPNオーバーTorに対応しているVPNを使っても、手動設定が必要なので不便ですし、時間がかかります。

【よくある質問】

Torブラウザをダウンロードするのは安全ですか?

はい、Torの公式サイトからダウンロードすれば安全です。外部サイトからダウンロードすると、偽アプリだったり、マルウェアに感染したりする恐れがあるので、公式サイトからダウンロードしましょう。

とは言え、Torブラウザを使うのは100%安全とは限りませんし、Torネットワークは安全性の問題がいくつかあります。そのため、Torを利用する場合はVPNでプライバシーを守ることを強くおすすめします。本記事でご紹介したVPNはTorに対応しており、優秀なプライバシー・セキュリティ機能が備わっています。

Torブラウザを使うとIPアドレスは隠されますか?

はい。ただ、IPアドレスが隠されるのは接続先のサイトに対してのみです。接続先のサイトには実際のIPアドレスではなく、TorサーバーのIPアドレスが公開されます。

しかし、最初に接続されるTorサーバーには実際のIPアドレスが公開されます。万が一悪質な人物が管理しているサーバーに接続された場合、IPアドレスを収集され、位置情報やネットの利用状況を追跡される可能性があります。

Torサーバーに実際のIPアドレスが公開されるのを防ぐため、VPNに接続してからTorにアクセスするようにしましょう。本記事でご紹介したVPNのサーバーはTorに対応しており、とても強力なセキュリティ機能とプライバシーが備わっています。

iOSでTorブラウザは使えますか?

いいえ。Torブラウザの代わりに、Torの開発者は「Onion Browser」アプリの使用を推奨しています。きちんと動作しますし、無料で、オープンソースなのでプライバシーも守れます。

しかし、iOSの特性上、Onion BrowserではTorブラウザと同水準のプライバシー保護は期待できません。というのも、Torブラウザは追跡対策が優れたMozilla FirefoxのGeckoブラウザエンジンを採用していますが、Onion Browserアプリでは強制的にAppleのWebKitブラウザエンジンを利用することになるからです。

Torブラウザを使うと通信が遅くなるのでは?

はい。Torでスピードテストを10回以上行ったところ、普段の通信速度より98–99%も遅いことが分かりました。ほとんどの場合、Webサイトが表示されるのに5~10秒もかかりました。

Torが遅い理由は、通信が何回も暗号化されるからです。Torでは、デバイスからTorサーバーを経由してアクセス先のサイトにデータが送信されますが、暗号化を行うたびに時間がかかってしまうのです。

さらに、Torのサーバーネットワークはかなり混雑しています。現在、Torの利用者は200万人以上ですが、Torサーバーは約8,000台しかありません。

Torの通信速度を改善するためにできることはほとんどないので、単純なサイトを閲覧するためだけに使いましょう。マルチメディアコンテンツが多いサイトにアクセスしたり、HD動画を見たりするためには向きません。

TorrentのためにTorブラウザは使えますか?

いいえ、TorネットワークはTorrentには向きません。一部のTorブラウザはP2P通信をブロックしていますし、Torの開発者も、P2PダウンロードのためにTorネットワークを使用するのは遠慮するよう呼び掛けています。というのも、Torは通信が遅く、帯域が限られているので、Torネットワークを介してTorrentを行うと速度がさらに低下してしまうのです。また、Torを通してTorrentをダウンロードするのは安全ではありません。一部のTorサーバーは実際のIPアドレスを見られるので、プライバシーの観点で最悪です。

Torrentでファイル共有する場合はVPNを使ったほうが良いでしょう。P2P通信が速くなりますし、安全性もプライバシーも抜群です。Torrentのダウンロードには、90か国以上に3,000+台のP2P対応サーバーがあるExpressVPNが一番おすすめです。最速の通信でTorrentを行えますし、優秀なセキュリティ・プライバシー機能が備わっています。

Torを使って地域制限を回避することはできますか?

いいえ。海外コンテンツをストリーミングしたい場合、Torを使えば地域制限を回避できると主張している人はいますが、かならずうまくいくわけではありません。アメリカとイギリスの同僚がTorを介してアメリカとイギリスの動画配信サイトにアクセスしようとしたのですが、不可能でした。TorサーバーのIPアドレスは公開されているので、ストリーミングサービスはTorサーバーを簡単にブロックできるのです。

海外旅行中にストリーミングサイトにアクセスしたい場合、TorではなくVPNを使いましょう。ExpressVPNがおすすめです。アメリカをはじめとする各国のNetflixライブラリ、BBC iPlayer、Disney+、DAZN Japan、Abema TV、GYAO!、TVerなど、65以上のストリーミングサービスに確実にアクセスできます。また、動画の読み込みが業界最速で、アプリはとても使いやすく、日本語など複数の言語に対応しています。

TorブラウザとVPNは別物ですか?

はい。TorブラウザとVPNは共通点もありますが、違いもいくつかあります。TorブラウザはTorネットワークに接続するためのウェブブラウザで、IPアドレスの変更と通信の暗号化が少なくとも3回行われます。VPNは、VPNサーバーに接続するためのオンラインアプリのことです。IPアドレスが変更され、通信が暗号化されますが、通常は1度だけです。また、Torブラウザは無料でオープンソースであるのに対して、VPNを使うには有料プランに加入しなければならないことがほとんどです。無料プランを提供しているプロバイダもありますが、アプリがオープンソースのVPNはほんの一握りです。

Torブラウザはダークウェブを閲覧したい場合しか役立ちませんが、VPNはさまざまなユースケースがあります。ストリーミングやTorrent、ゲーム、ネット検閲の回避などに便利なツールなのです。また、TorとVPNはどちらも安全とプライバシーを守る効果がありますが、Torは安全性の問題がいくつかあるので、VPNのほうが良いでしょう。さらに、VPNのほうが断然高速で、帯域制御を避けるためにも有用です。

「TorオーバーVPN」と「VPNオーバーTor」おすすめなのは?

TorオーバーVPN接続のほうがはるかに安全で、VPNオーバーTor接続より簡単です。TorオーバーVPN接続なら、Torサーバーから実際のIPアドレスを隠すことができ、だれにも知られずにTorを使えます。また、Torでデータが漏洩しても本当のIPアドレスは保護されます。また、ExpressVPNなど、一流VPNのサーバーはTorの通信に対応していることがほとんどです。

一方、VPNオーバーTor接続では、Torサーバーに実際のIPアドレスを収集される可能性があり、プライバシーをきちんと守れません。Torネットワークを使っていることも丸見えです。VPNオーバーTor接続に対応しているVPNはほとんどありませんし、対応していても手動設定しなければならず、手間がかかります。

2024年月にTorにおすすめのVPN — 最終スコア

当サイトのランキング
当社のスコア
最大割引
当社は、当サイトに掲載されている製品の提供企業から報酬を受け取っており、一部製品は当社の親会社が共同所有しているものです。これらの要因は、ランキングと製品の表示方法に影響します。 
詳しくはこちら
著者について
Tim Mocan
Tim Mocan
編集者
更新日: 2024年3月9日

著者について

Tim Mocanは、SafetyDetectivesのQA編集者。サイバーセキュリティのトピックに関する調査・ 執筆の経験が5年以上あり、VPNを専門としています。SafetyDetectives入社以前は、他のVPNレビューウェブサイトのコントリビューターや数多くのVPNプロバイダーのコンテンツライターとして働いてきました。フリーランスライターとしてのキャリアを通じて、SEO、デジタルマーケティング、カスタマーロイヤルティ、住宅改善、健康、リハビリなど、他のニッチな分野もカバーしてきました。仕事以外では、旅行、ビデオゲームをすること、アニメを夢中で見ること、VPNを使うことが好きです(本当に!)。