ポートフォワーディング対応VPNのおすすめ5選│2024年

更新日: 2024年5月20日
ファクトチェッカー:Eric Goldstein
Tim Mocan Tim Mocan
更新日: 2024年5月20日

プロ厳選!2024年におすすめのポートフォワーディング対応VPN

  • 🥇Private Internet AccessAndroidアプリとデスクトップアプリにポートフォワーディングが組み込まれており、日本を含む91か国のサーバーでTorrentが可能。ダウンロード速度が非常に速いサービスです。高度なセキュリティ機能とプライバシー機能も備えており、ユーザーインターフェースは日本語で表示できます。アプリは使いやすく、無制限のデバイスを接続でき、30日間返金保証付き。

一流VPNの多くはポートフォワーディング(ポート転送、ポートフォワード)に対応していません。ポートフォワーディングをするとネットワークがサイバー攻撃を受けたりマルウェアに感染したりする可能性があるため、セキュリティリスクと見なされているのです。

とは言え、TorrentのためにVPNを使う場合、ポートフォワーディングを活用するとダウンロード速度が向上することがあります。ポートフォワーディングを有効にすれば、より多くのピアに接続できるため、P2P(ピアツーピア)でのデータのやり取りが速くなるのです。

そこで、ポートフォワーディング機能があるVPNをおすすめランキングにまとめました。この記事で紹介するVPNプロバイダはどれも安全で、通信速度も速く、使い勝手が良いですが、なかでもPrivate Internet Accessが一番おすすめです。 編集者から:Private Internet Accessおよび当サイトは同じ企業グループに属しています。

今すぐPrivate Internet Accessをゲット

【早見表】ポートフォワーディングが可能なおすすめのVPN

編集者から:Intego、Private Internet Access、CyberGhost、およびExpressVPNは当社の親会社であるKape Technologies傘下の企業です。

🥇1. Private Internet Access:2024年に一番おすすめのポートフォワーディング対応VPN

プロのイチ押し
Private Internet Access
プロのイチ押し
ほとんどの読者はPrivate Internet Accessを選んでいます
サーバー数
91
注目ポイント
優秀な広告ブロッカーを搭載
デバイス数
無制限
対応OS
返金保証
30日間
privateinternetaccess.com
編集者から:Private Internet Accessおよび当サイトは同じ企業グループに属しています。

Private Internet Access(PIA)は、業界最高のポートフォワーディング対応VPNです。とても簡単にポート転送ができるようになっており、P2Pに対応しているほか、Torrentの通信速度は非常に速く、プライバシー保護もしっかりしています。

PIAは、Androidとデスクトップでポートフォワーディングが可能で、やり方は非常に簡単です。アプリで「ネットワーク」タブを開き、「ポート転送をリクエストする」を有効にするだけで完了です。また、アプリのすべての機能と設定に説明があるのは親切だと思いました。PIAは接続台数が無制限なので、大家族や多数のデバイスでTorrentを利用する場合におすすめです。

🥇1. Private Internet Access:2024年に一番おすすめのポートフォワーディング対応VPN

P2Pに対応しているのもポイントです。日本を含む91か国のサーバーでTorrentが可能なので、簡単に近くのサーバーに接続してTorrentを高速でダウンロードできます。主なP2Pアプリも問題なく使えます。PIAはSOCKS5プロキシもサポートしていて、IPアドレスは変更されますが暗号化は行わないため、ダウンロード速度がかなり速いのが特徴です。

PIAのスピードテストを複数回行ったところ、非常に良い結果が出ました。Torrentで10GBのファイルをダウンロードするのに平均で12分しかかからなかったのです。ポートフォワーディングを有効にすると、同じファイルを9~10分でダウンロードできました。

Torrent利用時にPIAを使えば、プライバシー保護も万全です。厳格なノーログポリシーを掲げており、ポリシーを守っていることが独立監査と複数の裁判事例で証明されています。また、アプリはすべてオープンソースなので、ソースコードにセキュリティ上の問題がないかだれでも検証できます。

高度なセキュリティ機能も備わっています。完全な漏えい対策、RAMのみのサーバー(再起動のたびに全データが消去されます)、パーフェクトフォワードシークレシー(VPNセッションごとに暗号鍵が変更されます)などがあり、PIAの広告ブロッカー「MACE」も優秀です。P2Pサイトで広告を非表示にし、怪しいTorrentサイトへの接続をブロックします。

Private Internet Accessのプランは$2.03 / 月~で、非常に手頃です。全プランに30日間返金保証が適用されます。

Private Internet Access:24-month planが83%オトク + 数か月無料!
今すぐご利用いただけば83%割引になります。

まとめ

Private Internet Access(PIA)は業界最高のポートフォワーディング対応VPNです。Androidアプリとデスクトップアプリでポート転送が可能で、とても簡単に有効にできます。P2Pにも対応しており、ダウンロード速度は高速で、強力なプライバシー機能が備わっています。全プランが30日間返金保証の対象です。

Private Internet Accessの完全レビューを読む

🥈2. ExpressVPN:安全性の高いP2P対応VPNで、ダウンロード速度が超高速

サーバー数
105
注目ポイント
業界最速レベル
デバイス数
8
対応OS
返金保証
30日間
expressvpn.com
編集者から:ExpressVPNおよび当サイトは同じ企業グループに属しています。

ExpressVPNはポートフォワーディングをサポートしており、業界最速です。セキュリティ機能はとても強力で、P2Pに対応しているほか、アプリはとても使いやすい設計です。

ポートフォワーディングに対応しているのはルーターアプリのみですが、インストールと使い方は簡単です。ExpressVPNのホームページに分かりやすいチュートリアルが掲載されています。また、ルーターアプリのデザインはモバイルアプリやデスクトップアプリと似ており、日本語で利用可能なので、すぐに使いこなせるはずです。とは言え、Private Internet AccessはAndroidアプリとデスクトップアプリにポートフォワーディングが組み込まれているため、ExpressVPNより便利だと思います。

ExpressVPNはいつも驚くほど高速です。ダウンロード速度を測定したところ、サーバーとの距離によらず安定して超高速でした。10GBのTorrentファイルを平均9分でダウンロードできました。ルーターでポートフォワーディングを有効にして同じファイルをダウンロードしたのですが、わずか7分で完了しました。速い理由の1つは、ExpressVPN独自のLightwayプロトコルです。非常に安全で、高速な通信を実現するように設計されています。

🥈2. ExpressVPN:安全性の高いP2P対応VPNで、ダウンロード速度が超高速

ExpressVPNはTorrentにもおすすめです。日本を含む105か国の全サーバーでP2Pダウンロードが可能で、qBittorrentやVuzeなどの主なP2Pクライアントも問題なく使えます。

セキュリティも強いため、Torrentを安全にダウンロードするのに向いています。RAMのみのサーバーやパーフェクトフォワードシークレシー、完全なデータ漏えい対策など、高度なセキュリティ機能のほかに、広告や不正サイトをブロックする機能が搭載されています。もう1つ注目したいのは、パスワードマネージャーを無料で使えること。非公開Torrentトラッカーのログイン情報を守るのに役立ちます。

ExpressVPNのプランは$6.67 / 月~です。割高ですが、値段相応の価値はあると思います。30日間返金保証付きです。

ExpressVPN:12-month planが49%オトク + 数か月無料!
12か月契約を無料で3か月延長、料金が49%割引!(クーポンはチェックアウトで自動的に適用されます)

まとめ

ExpressVPNのルーターアプリはポートフォワーディングに対応しており、P2Pのスピードは業界最速です。105か国のサーバーでTorrentが可能で、とても強力なセキュリティ機能が備わっているほか、30日間返金保証もあります。

ExpressVPNの完全レビューを読む

編集者から:ExpressVPNおよび当サイトは同じ企業グループに属しています。

🥉3. PrivateVPN:初心者におすすめのポートフォワーディングが可能なP2P対応VPN

サーバー数
63
注目ポイント
検閲国家で使える
デバイス数
10
対応OS
返金保証
30日間
privatevpn.com

PrivateVPNのアプリは非常にシンプルで、ポートフォワーディングに対応しています。日本を含む63か国に設置された200+台のサーバーでTorrentが許可されており、SOCKS5プロキシもサポートしているため、カバレッジはかなり良いでしょう(サーバーネットワークはPrivate Internet AccessはExpressVPNより小規模ですが)。

アプリはとても直感的です。数秒でVPNサーバーに接続でき、ミニマリストなデザインなので、VPN初心者も安心して使えます。サーバーに接続するとポートフォワーディングが自動的に有効になるのも非常に便利です。

🥉3. PrivateVPN:初心者におすすめのポートフォワーディングが可能なP2P対応VPN

検証ではPrivate Internet AccessやExpressVPNより遅かったものの、PrivateVPNは安定して比較的速いので、ファイルのダウンロードに向いています。10GBのTorrentファイルを14~15分でダウンロードできました。まあまあ良いですが、Private Internet Accessでは同じファイルを5~6秒程度速く、ExpressVPNでは8分速くダウンロードできました。

PrivateVPNを利用すれば、Torrentをダウンロードする際のセキュリティ対策も万全です。漏えい対策がしっかりしているのも気に入りました。Torrentをダウンロードする前に10か国以上のサーバーに接続して漏えいテストを実施したのですが、漏えいは一切検出されませんでした。

標準的なキルスイッチだけでなく、アプリベースのキルスイッチもあります。VPN接続が切れたときに停止するアプリを選べるわけです。実験として、qBittorrentを停止するよう設定したところ、VPN接続を停止したときにPrivateVPNは必ずqBittorrentアプリを閉じてくれました。

価格について、PrivateVPNは$2.00 / 月~でとても手頃です。また、すべてのVPNプランが30日間返金保証の対象です。

PrivateVPNが最大85%オトク!
今すぐご利用いただけば85%割引になります。

まとめ

PrivateVPNのアプリは直感的に操作できるため、初心者におすすめのP2P対応VPNです。また、サーバーに接続するとポートフォワーディングが自動的に有効になり、ダウンロード速度は高速で、全サーバーでTorrentが許可されています。30日間返金保証もあります。

PrivateVPNの完全レビューを読む

4. Proton VPN:プライバシー重視の高品質なP2P対応VPN

サーバー数
91
注目ポイント
アプリはオープンソースで監査済み
デバイス数
10
対応OS
返金保証
30日間
protonvpn.com

Proton VPNはポートフォワーディングを許可しており、とても強力なプライバシーを提供しています。セキュリティが強く、ダウンロード速度もそれなりに良いのでTorrentを利用する際に便利です。

数回クリックするだけでポートフォワーディングを有効にでき、厳格なノーログポリシーは独立監査を受けています。アプリはどれもオープンソースで、監査済みです。

4. Proton VPN:プライバシー重視の高品質なP2P対応VPN

セキュリティについて、パーフェクトフォワードシークレシーや完全な漏えい対策など、高度な機能が備わっています。Private Internet AccessExpressVPNとは違い、RAMのみのサーバーはないものの、フルディスク暗号化によりサーバーへの不正アクセスがあってもデータの安全は脅かされません。

日本を含む20か国以上のサーバーでTorrentが許可されています。まあまあ良いですが、P2P対応サーバーロケーションをもう少し増やしてもらいたいですね。スピードはそこそこ良いでしょう。ポートフォワーディングが無効の状態で10GBのファイルを16分でダウンロードできました(ポートフォワーディングを有効にすると13分かかりました)。遠くのサーバーに接続したときに通信速度を改善するVPN Accelerator(VPNアクセラレータ)という機能もあります。

Proton VPNのサブスクリプションは段階制で、$2.00 / 月~となっています。便利な無料プランもあり(Torrentは利用できません)、有料プランは日割りの30日間返金保証が適用されます。

まとめ

Proton VPNのアプリにはポートフォワーディングが組み込まれており、高度なプライバシー機能があります(監査済みのノーログポリシー、監査済みのオープンソースアプリなど)。セキュリティ面もしっかりしており、ダウンロード速度は高速で、30日間返金保証付きです(残り日数分の料金を返金してもらえます)。

Proton VPNの完全レビューを読む

5. Ivacy VPN:使いやすいP2P向けVPNで、マルウェア対策を搭載

サーバー数
54
注目ポイント
マルウェア対策が強い
デバイス数
10
対応OS
返金保証
30日間
ivacy.com

Ivacy VPNのアプリは直感的に操作できるため、簡単にポートフォワーディングを有効にできます。クライアントエリアで有効にする必要がありますが、数秒しかかかりません。ただし、ポートフォワーディングは有料アドオンです。コストは高くないものの、ほかの一流VPN(Private Internet AccessやExpressVPNなど)なら無料で使えます。

アプリのインターフェースは操作しやすいデザインです。毎回4秒以下でP2Pサーバーに接続できました。唯一の不満点は、P2Pサーバーが5+か国にしか設置されていないこと。少なくとも20か国以上にTorrent対応サーバーが欲しいものです。

5. Ivacy VPN:使いやすいP2P向けVPNで、マルウェア対策を搭載

「Secure Download」という機能が特に気に入りました。ダウンロードしたファイルにマルウェアが潜んでいないかチェックする機能で、悪質なコンテンツが検出された場合は自動的に削除されます。サポート担当者によると、この機能はTorrent利用時も使えるそうです。悪質なTorrentを2つダウンロードしようとしたところ、きちんとブロックされました。

Ivacy VPNは$1.00 / 月~で、非常に手頃です。長期プランは30日間返金保証、一番短いプランは7日間返金保証付きです。

まとめ

Ivacy VPNでは、クライアントエリアで簡単にポートフォワーディングを有効にでき、アプリは直感的ですべての主要デバイスで使えます。ポートフォワーディングは有料ですが、格安です。悪意のあるコンテンツのダウンロードを防ぐセキュリティ機能もあり、長期プランは30日間返金保証が適用されます。

IVPNの完全レビューを読む

【比較表】2024年におすすめのポートフォワーディング対応VPN

VPN 最低価格 P2Pに対応 ポートフォワーディング ノーログポリシー デバイス数 返金保証 日本語のUI
🥇1. Private Internet Access $2.03 / 月
(91か国にサーバーあり)

(アプリを通して)

(独立監査済み)
無制限 30日間
🥈2. ExpressVPN $6.67 / 月
(105か国にサーバーあり)

(ルーターアプリを通して)

(独立監査済み)
最大8台 30日間
🥉3. PrivateVPN $2.00 / 月
(63か国に200+台のサーバー)

(アプリを通して)
10 台 45日間(長期プラン)
14日間(最短期プラン)
4. Proton VPN $4.49 / 月
(16か国以上にP2Pサーバーあり)

(アプリを通して)

(独立監査済み)
10 台 30日間(残り期間分の料金を返金)
(iOS、macOS)
5. Ivacy VPN $1.00 / 月
(5か国以上にP2Pサーバーあり)

(クライアントエリアを通して)
10 台 30日間(長期プラン)
7日間(最短期プラン)

編集者から:Intego、Private Internet Access、CyberGhost、およびExpressVPNは当社の親会社であるKape Technologies傘下の企業です。

ポートフォワーディング対応VPNの選び方【2024年】

  • ポートフォワーディングに対応しているVPNをゲットする。アプリまたはアカウントダッシュボードから簡単にポートフォワーディングが可能なVPNを入手しましょう。複雑な手動設定を行わずにポートフォワーディングができるべきですね。
  • P2PをサポートしているVPNを選ぶ。近くのサーバーに接続してTorrentを高速でダウンロードできるよう、ほとんどの国のサーバーがP2P通信に対応しているVPNを選びましょう。例えば、ExpressVPNは105か国のサーバーでTorrentが可能です。
  • 安全性の高いVPNを優先する。256ビットAES暗号化やノーログポリシー、データ漏えいを防ぐキルスイッチなど、必須のセキュリティ機能が備わったVPNをゲットすることをおすすめします。
  • 下り速度が速いVPNをゲットする。VPNを使うとデータが暗号化されるため、通信速度は低下します。しかし、業界トップのVPNは速度低下を最小限に抑えるようにサーバーが最適化されています。
  • 使いやすいVPNを選ぶ。モバイルとデスクトップデバイスでアプリを直感的に使えるVPNを選べば、簡単にサーバーに接続したりポートフォワーディングを有効化・無効化したりできます。
  • コスパの高いVPNを入手する。この記事でおすすめしたVPNは手頃な価格で、スプリットトンネリングなどの追加機能を提供しており、返金保証があるのでじっくり試せます。

VPNでポートフォワーディングを設定する方法

  1. ポートフォワーディングとP2Pに対応しているVPNをゲットします。 Private Internet Accessが一番おすすめです。91か国のサーバーでTorrentが許可されており、アプリを通してポート転送が可能です。
  2. デバイスにVPNをダウンロードし、インストールします。VPNプロバイダのホームページまたは公式アプリストアからアプリをダウンロードし、インストールウィザードの指示に従って設定してください。
  3. VPNのポートフォワーディング機能を設定します。ほとんどの場合、VPNがポートフォワーディングに対応していれば自動的に有効になるか、アプリ内でオンにすることができますが、ルーターでポートフォワーディングを設定しなければならないVPNもあります。やり方はプロバイダの設定ガイドを参照してください。
  4. VPNサーバーに接続します。ポートフォワーディングを有効にしたら、VPNアプリを使ってVPNサーバーに接続しましょう。安全にファイルをダウンロードしつつ、より高速な通信を楽しめるようになります。

ルーターでポートフォワーディングを設定する方法

  1. ルーターのログイン画面を開きます。ブラウザの検索バーにIPアドレスを入力するとルーターのログイン画面が開きます。自分のIPアドレスを知らない場合、What Is My IP Addressなどのオンラインツールで調べましょう。
  2. ルーターのダッシュボードにログインします。ユーザー名とパスワードは、ルーターのマニュアルまたはルーター本体の背面・底面に書かれています。また、Googleでルーターモデルを検索するとログイン情報が分かりますが、ログイン後に変更するようにしましょう。
  3. ポートフォワーディングオプションを探します。ほとんどの場合、設定タブまたはメニューにあります。
  4. 新しいポートフォワーディングルールを設定します。ルーターでポートフォワーディング機能が有効になるよう、必要な情報をすべて入力してください。
  5. アプリでポートフォワーディングをオンにします。ポートフォワーディングを使いたいアプリ(Torrentクライアントなど)を開き、アプリのポートフォワーディングオプションを有効にします。

ポートフォワーディング対応VPNを使う際に安全を確保

  • セキュリティソフトを必ず使いましょう。ポートフォワーディングを有効にすると、サイバー攻撃やマルウェア感染によってデバイスの安全が脅かされる可能性がありますが、セキュリティソフトがあれば防御できます。現在業界最高峰のセキュリティソフトはノートン 360です。
  • ポートフォワーディングを使うのは必要なときだけにしましょう。Torrentのダウンロードが完了した後など、ポートフォワーディングが必要ないときは無効にするのがベストです。また、複数のデバイスでポートフォワーディングを同時に利用するのはおすすめしません。
  • デバイスをアップデートするのを忘れずに。更新しないと、ハッカーはポートフォワーディングに関連するシステムの脆弱性を悪用してデバイスに侵入する恐れがあります。
  • 強力なパスワードを設定しましょう。VPNアカウントの認証情報やルーターダッシュボードのログイン情報を保護するため、安全なパスワードを設定することを強くおすすめします。高品質パスワードマネージャー(1Passwordなど)が役立ちます。

ランクインしなかった一流サービス

  • CyberGhost VPN。P2Pに対応しており、下り速度も速く、使いやすいVPNです。しかし、ポートフォワーディングには対応していません。
  • NordVPN。NordVPNは45か国以上にP2Pサーバーがあり、マルウェア対策機能が備わっているほか、SOCKS5プロキシもサポートしていますが、残念ながらポートフォワーディングには対応していません。
  • Surfshark。激安VPNで、100か国のサーバーでTorrentが許可されており、直感的に操作でき、ダウンロード速度も良好です。しかし、ポートフォワーディングは不可能です。

よくある質問

ポートフォワーディング対応VPNが必要な理由は?

ポートフォワーディング対応VPNを使う主な目的は、P2P通信を高速化すること。ポートフォワーディングを有効にするとより多くのピアに接続できるため、ダウンロード速度が向上する可能性があります。Private Internet Accessで試したところ(アプリにポートフォワーディングが内蔵されています)、ポートフォワーディング機能を有効にするとP2P速度が約10%改善されました。

ポートフォワーディングは安全ですか?

基本的に安全ですが、リスクもあります。ポートフォワーディングの主な問題は、ネットワークに脆弱性ができてしまう可能性があること。ハッカーはその脆弱性を悪用してネットワークに侵入できるのです。そのため、ポートフォワーディングをする際はセキュリティ対策をしっかり行うのが非常に重要です。セキュリティソフト(ノートン 360など)を使ったりして安全を確保しましょう。

ポートフォワーディングに無料VPNは使えますか?

できますが、おすすめしません。大半の無料VPNはポートフォワーディング機能を提供していないのです。さらに、無料VPNはTorrentをサポートしておらず、低速であることが多く、1日または1か月当たりのデータ使用量が制限されており、アプリはバグが多かったり使いにくかったりします。

高品質の格安VPNを使ったほうが良いでしょう。例えば、Private Internet Accessはアプリにポートフォワーディングが組み込まれており、91か国のサーバーでTorrentが可能で、ダウンロード速度はとても速く、安全性も抜群です。

ポートフォワーディングにおすすめのVPNは?

Private Internet Accessが一番おすすめです。Androidアプリとデスクトップアプリにポートフォワーディングが組み込まれています。また、91か国のサーバーでTorrentが可能で、下り速度はとても速く、とても強力なセキュリティ機能とプライバシー機能が備わっています。

2024年におすすめのポートフォワーディング対応VPN — 最終スコア

当サイトのランキング
当社のスコア
最大割引
当社は、当サイトに掲載されている製品の提供企業から報酬を受け取っており、一部製品は当社の親会社が共同所有しているものです。これらの要因は、ランキングと製品の表示方法に影響します。 
詳しくはこちら
著者について
Tim Mocan
Tim Mocan
編集者
更新日: 2024年5月20日

著者について

Tim Mocanは、SafetyDetectivesのQA編集者。サイバーセキュリティのトピックに関する調査・ 執筆の経験が5年以上あり、VPNを専門としています。SafetyDetectives入社以前は、他のVPNレビューウェブサイトのコントリビューターや数多くのVPNプロバイダーのコンテンツライターとして働いてきました。フリーランスライターとしてのキャリアを通じて、SEO、デジタルマーケティング、カスタマーロイヤルティ、住宅改善、健康、リハビリなど、他のニッチな分野もカバーしてきました。仕事以外では、旅行、ビデオゲームをすること、アニメを夢中で見ること、VPNを使うことが好きです(本当に!)。