プロによるレビュー
所有権
アフィリエイト報酬
レビューガイドライン

Windows用ペアレンタルコントロール おすすめ5選│2022年9月月

ティム・モカン ティム・モカン Windows用ペアレンタルコントロール おすすめ5選│2022年9月月

お急ぎですか?Windowsにおすすめのペアレンタルコントロールアプリはこちら!

主要なペアレンタルコントロールアプリを実際に試し、2022年におすすめのWindows用ペアレンタルコントロールアプリを厳選しました。高性能の保護者機能を使い、ネット上で子どもの安全を守りましょう。

調査では、ペアレンタルコントロールアプリの多くはWindowsデバイスに対応していないか、効果的に監視できないことが分かりました。また、Windows PCへの設定に手間がかかり、使いにくい保護者機能アプリも多いのです。

しかし、この記事でご紹介するペアレンタルコントロールアプリを使えば、子どものWindowsパソコンでインターネットとアプリの利用状況を見守ることができます。

【まとめ】Windowsにおすすめのペアレンタルコントロールアプリ

  • 1.🥇 Qustodio:2022年に一番おすすめのWindows用ペアレンタルコントロール。Webフィルタリング機能はとても優秀で、一流VPNを使ってもアクセス制限を解除できません。使用時間を簡単に設定・制限できるほか、アプリのフィルタリングも優れています。詳細なアクティビティレポートを閲覧でき、YouTube専用のモニタリング機能もあります。
  • 2.🥈 ノートンファミリー:大家族におすすめのWindows用保護者機能アプリ。Windowsデバイスを何台でも監視でき、Webコンテンツとアプリのフィルタリング機能も優れています。Windowsの使用時間帯を設定・制限できるのはもちろん、授業時間中にインターネット利用を制限する機能もあります。
  • 3.🥉 Net Nanny:Windowsで不適切なサイトをブロックするのにおすすめ。不適切なサイトをほぼすべてブロックでき、カスタムフィルターも作成できます。使用時間の制限とスケジュール設定がしやすく、YouTubeの視聴状況も把握できます。
  • 4. FamiSafe:Windowsアプリのフィルタリングが優秀なペアレンタルコントロール。アプリのブロックや使用時間の制限、各アプリの使用時間帯の設定などができます。Webフィルタリングも優れています。
  • 5. Bark:WindowsでWebコンテンツをしっかりフィルタリング。検索履歴、サイトの閲覧履歴、シークレットモードでのブラウジング状況、メール、添付画像を監視できます。優れたWebフィルタリングもあります。
  • 【比較表】2022年におすすめのWindows用ペアレンタルコントロールアプリ
  • 2022年におすすめのWindows用ペアレンタルコントロールアプリの選び方
  • ランクインしなかったトップブランド
  • 【よくある質問】2022年におすすめのWindows用ペアレンタルコントロールアプリ

🥇 1. Qustodio:2022年に一番おすすめのWindows用ペアレンタルコントロールアプリ

🥇 1. Qustodio:2022年に一番おすすめのWindows用ペアレンタルコントロールアプリ

2022年に一番おすすめのWindows用ペアレンタルコントロールはQustodio(クストディオ)です。監視機能とフィルタリング機能が優秀で、日本語に完全対応しています。子どもをネット上で守れるだけでなく、健全なデジタル習慣を育むためにも役立ちます。

Qustodioでは、Windowsで次のような機能が使えます。

  • Webフィルタリング
    Qustodioは、VPN技術を用いて有害サイトへのアクセスをブロックします。25以上のサイトカテゴリが用意されているので、ブロックしたいカテゴリを選べるのはとても便利でしょう。サイトごとにアクセスを許可・禁止することも可能です。一流VPNをいくつか試したのですが、どれもQustodioのWebフィルタリングを解除できませんでした。さらに、Qustodioが対応していないブラウザの使用もブロックできますから、子どもは非対応ブラウザを使ってもQustodioのWebフィルタリングを回避できません。
  • デバイス使用時間の制限
    1日当たりのスクリーンタイムを15分単位で設定できます。時間切れになると、ナビゲーションをロックする(ブラウザでインターネットを閲覧できないようにする)か、デバイスをロックする(子どもをアカウントからログアウトし、オンライン・オフラインのアプリを使えないようにする)ことができます。
  • アプリのフィルタリング
    特定のアプリへのアクセスをブロックするか、アプリごとに使用時間を制限できます。より柔軟に設定できるのは素晴らしいですね。例えば、Steamなど子どもが好きなアプリの使用時間を設定すれば、子どもにある程度の自由を与えつつ、ネット依存を防ぐことができます。また、子どもが使用したアプリだけがQustodioに表示されるのは保護者に配慮した機能だと思います。関係のないシステムアプリは表示されませんから、子どもがどのアプリを使っているのか把握しやすいのです。
  • デバイス使用時間のスケジュール設定
    時間帯ごとにスクリーンタイムを設定できます。例えば、就寝時間はWindowsデバイスを使用できないようにすると良いですね。
  • アクティビティレポート
    毎日、毎週、2週間おき、毎月の頻度でアクティビティレポートを受け取れます。制限されているサイトにアクセスしようとしたか、子どもがどのアプリをどれくらい使ったか、どのキーワードを頻繁に検索したかなどを調べられます。

QustodioにはYouTubeの監視機能があり、Windowsパソコンでどのような動画を見たか把握できます。YouTubeの検索履歴だけでなく、視聴したYouTubeの動画について詳細情報が表示されます(サムネイルやチャンネル名など)。

Windowsアプリはバックグラウンドで動作するので、子どもの邪魔になることはありません。アプリは軽く、パソコンの動作が遅くならないのも良いですね。Windowsアプリにはアンインストール保護機能があり、子どもが勝手にアプリを削除することはできません。アンインストールするには保護者のログイン情報が必要です。なお、保護者向けアプリと子ども向けアプリは日本語に対応しています。

Qustodioの無料プランは業界最高です。Webフィルタリング、使用時間の制限とスケジュール設定が可能です。ただし、監視できるのは1デバイスだけで、アクティビティレポートは毎日または毎週から選ぶことになります。

Qustodioの有料プラン($54.95 / 年~)にアップグレードすると、5~15台のデバイスを監視でき、アプリのフィルタリングやYouTubeの監視が可能です。また、アクティビティレポートを2週間ごとまたは毎月受け取れるようになります。割高ですが、Qustodioは業界最高のペアレンタルコントロールなので、その分の価値はあるでしょう。安心の30日間返金保証付きなので、ぜひお試しください。

リスクなしでQustodioを30日間お試しください!

Qustodioに100%満足できなければ、全額が返金されます!

まとめ

Qustodioは2022年最高のWindows向けペアレンタルコントロールアプリです。優秀なWebフィルタリング(一流VPNを使っても回避できません)、アプリのフィルタリング(子どもが使用したアプリだけ表示するのが便利)、デバイス使用時間の制限、スケジュール設定、詳細なアクティビティレポートなどが利用できます。YouTubeの監視機能やアンインストール対策も素晴らしいでしょう。Qustodioの無料プランはトップクラスで、格安の有料プランには30日間返金保証が適用されます。

今すぐWindowsにQustodioをダウンロードしましょう!

Qustodioの完全レビューはこちら

🥈 2. ノートンファミリー:大家族におすすめのWindows用保護者機能アプリ

🥈 2. ノートンファミリー:大家族におすすめのWindows用保護者機能アプリ

ノートンファミリーは無制限のデバイスを監視できますから、多数のWindowsパソコンを監視したい大家族にぴったりです。アプリは日本語に対応していて、インターネットとデバイスの使用状況を監視・制限するのに役立つ機能が満載です。

ノートンファミリーのWebフィルタリングは素晴らしいでしょう。45以上のサイトカテゴリが用意されていて、子どもの年齢に応じてWebフィルタリングルールを選ぶこともできます業界最高のVPNであるExpressVPNを使っても、ノートンファミリーのWebフィルタリングを解除できないことが分かりました。しかし、Qustodioとは違い、ノートンファミリーはWindowsで不適切なサイトをブロックするためにVPN技術は採用していません。ブラウザ拡張機能がサイトをブロックする仕組みなので、子どもは簡単に無効化できてしまいます。無効になると通知が届くのは良いですが。

アプリのフィルタリングも良いでしょう。DiscordやSteam、GOG Galaxy、Skypeなどのアプリを検出・ブロックできます。ただ、子どもが使用したアプリだけでなく、デバイス上の全アプリが表示されるため、制限したいアプリを探すのに手間がかかるかもしれません。

ノートンファミリーでデバイスの使用時間を制限したり、スケジュールを設定したりするのは簡単で、30分単位で時間を制限できます。年齢別に時間制限が設定されているのも便利ですね。しかし、アプリごとの時間制限は設定できません(Qustodioなら可能)。このような機能があれば、子どもがオフラインゲームを2~3時間プレイできるように設定できます。手動でゲームを許可・ブロックする手間を省けますし、ブロックし忘れることもありません。

ノートンファミリーにはスクールタイム機能があり、授業時間にインターネットの利用を制限できます。さらに、YouTubeや検索エンジン(Google、Bing、Yahoo!など)の検索履歴を調べることもできます。また、ノートンファミリーはYouTubeとHuluの視聴履歴も表示してくれます。ノートンファミリーの子ども用Windowsアプリはバックグラウンドで動作するので気になりませんし、アンインストール対策もあります。

ノートンファミリーは単体のサブスクリプション(わずか$49.99 / 年)として利用可能です。また、ノートン360デラックス($49.99 / 年)ノートン360プレミアム($54.99 / 年)でもノートンファミリーが利用可能です。これらのプランでは、2022年最高のセキュリティソフトであるノートン360が使えます。ノートンの全プランが60日間返金保証の対象です。

まとめ

ノートンファミリーはWindowsデバイスを何台でも監視できますから、大家族におすすめのペアレンタルコントロールアプリです。サイトとアプリのフィルタリングは素晴らしく、デバイスの使用時間の制限やスケジュール設定も簡単です。スクリーンタイム機能もあり、子どもの検索履歴と動画の視聴履歴も把握できます。ノートンファミリーだけ単体で加入することもできますが、ノートン360デラックスノートン360プレミアム にも含まれるので、ウイルス対策と保護者機能をセットで使えます。60日間返金保証付きです。

今すぐWindowsにノートンファミリーをダウンロードしましょう!

ノートンファミリーの完全レビューはこちら

🥉 3. Net Nanny:Windowsで不適切なサイトをブロックするのにおすすめ

🥉 3. Net Nanny:Windowsで不適切なサイトをブロックするのにおすすめ

Net Nanny(ネットナニー)は、Windowsで不適切なサイトをしっかりブロックできます。ネットの利用状況の監視、スクリーンタイムの把握など、便利ツールが満載です。Net NannyはWebフィルタリングにVPN技術を採用しているので、子どもがアクセス制限を解除することはほぼ不可能です。

Net Nannyは10以上のサイトカテゴリをブロックできます。Qustodioは25以上ノートンファミリーは45以上のカテゴリをブロックできますから、Net Nannyはやや少ないですが、カスタムフィルターを作成できるのは便利でしょう。検出したいキーワードを追加し、カテゴリ名を入力するだけなので、簡単です。

Net Nannyは、不適切な単語も隠してくれます。卑語が「######」に置き換えられる仕組みです。下品な言葉を含む10以上のWebページにアクセスしたところ、すべて隠されました。

Qustodioノートンファミリーとは違い、Net NannyでWindowsアプリを検出・ブロックすることはできません。子どもがオフラインゲームを遊べないように設定できないのは残念です。

Net Nannyは日本語で表示でき、1日当たりのデバイス使用時間を制限できます。この機能はとても使いやすく、15分単位でスクリーンタイムを制限できます。2人の子どもを持つ友人にこの機能を試してもらったところ、うまく行ったそうです。時間切れになるとインターネットがブロックされ、すべての画面が最小化されました。子どもが新しい画面を開こうとすると、「時間制限を超えました」というメッセージが表示されたそうです。しかし、Qustodioとは違い、Net Nannyはアプリの時間制限を設定できないのは残念です。

時間制限だけでなく、Net Nannyはインターネットを利用できない時間帯を設定したり、詳細なアクティビティレポートやYouTube専用の監視機能もあります。YouTubeでどのような動画を見たか、何を検索したか調べられるのです。

Net Nannyは3つの有料プランがあります。機能は全プラン共通ですが、監視できるデバイス数は異なります。ベーシックプラン($39.99 / 年)はとても安いですが、1台のWindowsデバイスしかカバーできません。Net Nannyは2つのFamily Protection Passサブスクリプションがあり、5デバイス($54.99 / 年)または20デバイス($89.99 / 年)をカバーできます。プランは14日間返金保証付きです。

まとめ

Net NannyはWindowsでオンラインコンテンツをしっかりフィルタリングしてくれます。VPN技術を採用しているので、子どもがアクセス制限を解除することはできず、カスタムフィルターも作成できます。下品な言葉を隠したり、デバイス使用時間の制限とスケジュール設定、アクティビティレポート、YouTubeの視聴状況の監視などの機能があります。Net Nannyは3つの有料プランがあり、14日間返金保証付きです。

今すぐWindowsにNet Nannyをダウンロードしましょう!

Net Nannyの完全レビューはこちら

4. FamiSafe:Windowsでアプリの使用を制限するのにおすすめ

4. FamiSafe:Windowsでアプリの使用を制限するのにおすすめ

FamiSafe(ファミセーフ)なら、アプリフィルタリングの設定を柔軟に変えられます。さまざまな方法でWindowsアプリへのアクセスを制限できるのです。このペアレンタルコントロールアプリは日本語で利用でき、SteamやSkype、Discord、さらにはトレントソフトなど、子どもに人気のアプリを検出・ブロックできます。

アプリの使用時間を制限したり、アプリごとに使用時間帯を設定したりできます。例えば、宿題を終えたご褒美として、マインクラフトを2時間プレイできるようにするなどです。ゲームをホワイトリストに登録し、2時間たったらブラックリストに戻すより便利ですね。

FamiSafeはWebフィルタリングも優れています。ブロックできるサイトカテゴリは10以上あり、セーフサーチを有効化できます。ほとんどのブラウザに対応しており、大半のアダルトサイトがブロックされました。しかし、FamiSafeのWindows向けWebフィルタリングはQustodioノートンファミリーほど高性能ではありません。Qustodioは25以上、ノートンファミリーは45以上のカテゴリをブロックできますから、デフォルトでアクセスを制限できるサイトがFamiSafeより多いのです。

FamiSafeの無料プランでは1台のデバイスで全機能が使えます。有料プランは$10.99 / 月~なので比較的安く、5~10台のデバイスを監視できます。FamiSafeの有料プランは7日間返金保証付きです。

まとめ

FamiSafeはWindowsアプリを柔軟にフィルタリングできます。アプリをブロックするだけでなく、使用時間の制限、アプリの使用時間帯の設定などが可能です。Webフィルタリングもかなり良いでしょう。ほとんどのブラウザに対応しており、大半の有害サイトがブロックされます。FamiSafeは無料プランがありますが、1デバイスでしか使えません。有料プランは格安で、7日間返金保証付きです。

今すぐWindowsにFamiSafeをダウンロードしましょう!

FamiSafeの完全レビューはこちら

5. Bark:Windowsデバイスでインターネットの利用状況を見守るのにおすすめ

5. Bark:Windowsデバイスでインターネットの利用状況を見守るのにおすすめ

Bark(バーク)はWindowsでのネットの利用状況を徹底的に監視できます。監視できるデバイス数は無制限なので、大家族におすすめです。Windowsパソコンで、サイトの閲覧履歴や検索履歴、シークレットモードの利用状況(ChromeとEdge)、送受信したメール、添付画像などを把握できます。

しかし、子どもがネット上で何をしているかすべて表示されるわけではありません。メッセージや画像、動画をスキャンし、有害コンテンツが検出されると通知が届く仕組みです。このことから、Barkは子どもを信頼している保護者に適していると思います。

BarkのWebフィルタリングも優れています。試したところ、Windowsパソコンでアダルトサイトへのアクセスが必ず制限されました。ただ、BarkのWindows版はVPN技術を採用していません。ブラウザ拡張機能を使ってサイトをブロックするため、子どもは簡単に拡張機能を無効化できてしまいます。

残念ながら、Qustodioノートンファミリーとは違い、BarkはWindowsアプリへのアクセスはブロックできません(ネットの利用状況の監視とWebフィルタリングにしか役立ちません)。また、時間制限は設定できません。

Barkは2つのサブスクリプションがあります。Bark Jr.($49.00 / 年)では、スクリーンタイムの管理、Webフィルタリング、現在地の追跡が利用でき、Bark Premium($99.00 / 年)には全機能が含まれます。この記事で紹介した他社製品とは違い、返金保証はありません。

まとめ

Barkなら、Windowsでのブラウジング状況を詳しく把握できます。検索履歴、サイトの閲覧履歴、送受信したメールなどを調べることができます。有害な恐れのあるコンテンツが検出されると通知する仕組みであり、子どもがネット上で何をしているかすべて表示されるわけではありません。無制限のデバイスを監視でき、Webフィルタリングも優秀です。サブスクリプションは2つありますが、返金保証は適用されません。

今すぐWindowsにBarkをダウンロードしましょう!

Barkの完全レビューはこちら

【比較表】2022年におすすめのWindows用ペアレンタルコントロールアプリ

ペアレンタルコントロールアプリ 最低価格 Webフィルタリング 時間制限 アプリのフィルタリング 日本語のWindowsアプリ デバイス数 返金保証
1.🥇Qustodio $54.95 / 年 ✅  ❌ 5~15台 30日間
2.🥈ノートンファミリー $49.99 / 年 ✅  ❌ 無制限 60日間
3.🥉Net Nanny $39.99 / 年 ✅  ❌ 5~20台 14日間
4. FamiSafe $10.99 / 月 ✅  ❌ 5~10台 7日間
5. Bark $5.00 / 月 無制限

2022年におすすめのWindows用ペアレンタルコントロールアプリの選び方

Windows用保護者機能を選ぶ際は、次のようなポイントに注目しましょう。

  • Windowsデバイスを監視できる。
    インターネットとアプリの利用状況を見守り、制限できるように、子ども向けのWindowsアプリまたはブラウザ拡張機能を提供しているペアレンタルコントロールを選びましょう。
  • 重要な保護者機能がある。
    Windowsで業界標準のペアレンタルコントロール機能が利用できるか確認しましょう。例えば、サイトやアプリのフィルタリング、使用時間の制限、使用時間帯の設定、アクティビティレポートなどは必須機能ですね。
  • 性能が高い。
    ペアレンタルコントロールアプリの全機能がきちんと動作することを確認しましょう。VPNでWebフィルタリングを解除できたら意味がありませんね。アプリのフィルタリングでは、DiscordやSteam、Netflixなど、子どもに人気のWindowsアプリをブロックできるべきです。また、軽量な子ども用アプリを選びましょう。アプリが重いと、パソコンの動作が遅くなってしまいます。
  • 使いやすい。
    この記事に掲載されているサービスは、インターフェースが直感的に分かりやすいので、パソコンが苦手でも簡単に使いこなせます。また、ほんの数分で子どものWindowsデバイスに設定できます。
  • コスパ抜群。
    YouTubeの視聴状況の監視やアンインストール対策など、追加機能が備わっているペアレンタルコントロールアプリもあります(Qustodioノートンファミリーなど)。さらに、おすすめのペアレンタルコントロールは格安です。無料プランや無料トライアル、返金保証がありますから、サービスを安心して体験できます。

ランクインしなかった一流サービス

  • Microsoftファミリーセーフティ
    このペアレンタルコントロールアプリには、サイトやアプリのフィルタリング、時間制限の設定、アクティビティレポートなど、さまざまな機能があります。しかし、バグやエラーが多く、一部の機能はきちんと動作しません。例えば、デバイスの使用時間を制限しても、使えてしまうのです。また、Edgeでしかサイトがブロックされませんから、他のブラウザを使えば制限されているサイトにアクセスできてしまいます(アプリのフィルタリング機能でEdge以外のブラウザをブロックできますが、Windowsで使いにくいのです)。
  • KidLogger
    KidLoggerでは、パソコンの使用時間、インターネットとアプリの使用状況をモニタリングでき、サイトをブロックすることも可能です。しかし、画面のスクリーンショットが保存されるのは、プライバシー侵害でしょう。子どもとの関係を改善するどころか、悪化してしまう恐れがあります。また、KidLoggerではWindowsアプリをブロックできず、使用時間も制限できません。使いにくいのもデメリットです。
  • OpenDNS
    このペアレンタルコントロールアプリは無料で使えますが、不適切なサイトをフィルタリングするだけです。Windowsパソコンの使用時間の制限、アプリのブロック、YouTubeの視聴状況の監視などは不可能です。また、OpenDNSは子ども用のWindowsアプリはありません。ルーターに手動設定しなければならず、手間と時間がかかります。

Windowsにおすすめのペアレンタルコントロールアプリは?

2022年にWindowsに一番おすすめのペアレンタルコントロールアプリはQustodioだと思います。Webフィルタリングはとても優秀で、一流VPNを使っても解除できません。アプリのフィルタリングも素晴らしいですし、デバイス使用時間の制限とスケジュール設定、詳細なアクティビティレポート、YouTubeの視聴状況の監視など、多機能です。

また、この記事でご紹介したほかのペアレンタルコントロールアプリもコスパ抜群です。ノートンファミリーは大家族におすすめですし、Net NannyならWindowsで不適切なサイトをしっかりフィルタリングします。FamiSafeはWindowsアプリを柔軟にフィルタリングでき、BarkのWebフィルタリングはかなり優れています。

無料で使えるWindows用ペアレンタルコントロールアプリはありますか?

無料のペアレンタルコントロールアプリはおすすめしません。機密データへのアクセスを許可しなければならないのは危険ですし、必須の保護者機能がなかったりします。しかし、どうしてもWindowsで無料ペアレンタルコントロールアプリを使いたい場合、Qustodioの無料プランは業界トップクラスです。Webフィルタリング、デバイスの使用時間の制限・スケジュール設定、アクティビティレポート(毎日または毎週)が利用できますが、1台のWindowsデバイスしか監視できません。

無料アプリはニーズに合ったペアレンタルコントロールなのか見極めるために使うと良いでしょう。Qustodioのプレミアムプランなど、有料のペアレンタルコントロールアプリの方が価値があります。

Windowsに内蔵されているペアレンタルコントロールを使えば良いのでは?

Windowsデバイスには「ファミリーセーフティ」という保護者機能が内蔵されていますが、おすすめしません。多機能ですが、きちんと動作しないものがほとんどです。また、WebフィルタリングはEdgeでしか使えないので、子どもは非対応ブラウザを使って不適切なサイトにアクセスできてしまいます(アプリフィルタリング機能を使って非対応ブラウザの使用を禁止することもできますが、使いにくく、手間がかかります)。

Qustodioのような有料のペアレンタルコントロールアプリを使う方がよいでしょう。Windowsでサイトとアプリをしっかりフィルタリングできるほか、使用時間の制限・スケジュール設定、詳細なアクティビティレポート、YouTubeの視聴状況の監視機能もあります。

Android・iOSデバイスで子どものパソコンの使用状況を見守ることはできますか?

はい。ほとんどのペアレンタルコントロールは保護者向けにAndroid・iOSアプリを提供しています。例えば、QustodioはiOSとAndroid向けのペアレンタルコントロールアプリがあり、直感的に操作できるので、初めてでも簡単に使いこなせます。

順位#Provider総合評点Review
1.レビューを読む
9.6
レビューを読むウェブサイトへ
2.レビューを読む
8.6
レビューを読むウェブサイトへ
3.レビューを読む
8.8
レビューを読むウェブサイトへ
4.レビューを読む
8.2
レビューを読むウェブサイトへ
5.レビューを読む
8.2
レビューを読むウェブサイトへ

著者について

著者について

ティム・モカンはサイバーセキュリティが専門のジャーナリストで、過去5年間にわたりVPN業界に関する記事を執筆してきました。旅行、グルメ、ゲーム、アニメなどが趣味の彼は、プライベートでもVPNを使用しています。