CoD: MW3にオススメのVPN 5選(2024年更新)

更新日: 2024年5月20日
ファクトチェッカー:Eric Goldstein
トマ・ノヴァコヴィッチ トマ・ノヴァコヴィッチ
更新日: 2024年5月20日

お急ぎですか?2024年 Call of Duty: Modern Warfare 3にオススメのVPNはこちら!

  • 🥇 ExpressVPN業界最速のVPNなので、CoD: MW3の全セッションで常に低Ping値を維持できます。IP漏洩防止やDDoS攻撃対策を備えており、世界105か国にサーバーがあるため、様々な国のサーバーを簡単に見つけることができます。PlayStationとXboxと互換性があり、すべてのプランに30日間の返金保証が付いています。

VPNを使えば、モダン・ウォーフェア3を快適にプレイできます(射撃スキルが上達するというわけではありませんが)。VPNは、DDoS攻撃や、ISP(インターネットサービスプロバイダー)による帯域制限を回避できますので、通信速度の遅延を回避できます。

さらに、従来のスキルベースマッチメイキング(SBMM)を回避する最も手っ取り早く簡単な方法で、スマーフしたりK/Dレシオを悪化させるリスクも避けられます。また、VPNはあなたのIPアドレスを変更しますから、別のロビーに配置され、より有利なマッチアップになる可能性があります。

しかし、CoD:モダン・ウォーフェアを快適にプレイできるVPNはなかなかありませんから、今回、数週間かけてモダン・ウォーフェア1、2、3で様々なVPNを検証し、オススメVPNをまとめてみました。

検証の結果、CoD:モダン・ウォーフェアに最適なVPNはExpressVPNであることがわかりました。超高速通信なのでゲームセッションがスムーズで、世界105カ国にサーバーがあり、安全性も抜群です。ルーターを含む各主要OS向けに使いやすいアプリも提供しています。

今すぐEXPRESSVPNでCoD: MW3をプレイしよう!

【早見表】CoD:MW3にオススメのVPN

🥇 1. ExpressVPN:CoDモダン3に一番オススメの総合ベストVPN

プロのイチ押し
ExpressVPN
プロのイチ押し
ほとんどの読者はExpressVPNを選んでいます
サーバー数
105
注目ポイント
業界最速レベル
デバイス数
8
対応OS
返金保証
30日間
expressvpn.com

ExpressVPNは、CoD:MW3に一番オススメのVPNです。通信速度が圧倒的に速く、接続もかなり安定しています。ExpressVPNは独自で開発した「Lightway」プロトコルを使用しており、OpenVPNやIKEv2/IPsecのような一般的に使用されているVPNプロトコルよりもはるかに高速です。スピードテストでは、Lightwayが最も低ping値でサーバー接続も一番安定していました。目立ったラグも一切なく、遠く離れたサーバーに接続してもスムーズにゲームをプレイできました。

日本を始めとする105カ国にサーバーを配置していますから選択肢が豊富で、自分のレベルに合ったスキルのプレイヤーや高スキルのプレイヤー、あるいはping値の高いプレイヤーがいるサーバーを簡単に見つけられます。

🥇 1. ExpressVPN:CoDモダン3に一番オススメの総合ベストVPN

ExpressVPNは、セキュリティが万全ですので、CoD:MWをプレイ中にサイバー脅威に脅かされることもありません。あなたのIPアドレスを隠せるだけでなく、すべてのサーバーでDDoS対策が施されているため、たとえプレイヤーが技術に精通していてもあなたのIPアドレスを狙うことは不可能です。また、DNS、IPv6、WebRTCに対しても確実なデータ漏洩対策が施されています。リークテストを何度か実行しましたが、ExpressVPNのサーバーを利用時に本当のIPアドレスが公開されることは全くありませんでした。

ExpressVPNをPCに設定するのは簡単で、特にゲーマーの方でPCを使い慣れているなら手順に困ることはないでしょう。また、ExpressVPNはサーバーを地域ごとに分けて表示しますので、ほんの2〜3クリックで好きなサーバーを選択して接続できます。なお、ExpressVPNのWindows用アプリは日本語にも対応しています。PlayStationやXboxコンソールでCoD:MWをプレイする場合、ExpressVPNにはルーター専用アプリがありますから、こちらも設定は簡単で、試したところ、PlayStationでCoD:MW3をプレイできるように設定するのに7~10分しかかかりませんでした。

ExpressVPNには、Threat Managerという追加機能があり、広告トラッカーがあなたのブラウジング情報を収集するのを阻止してくれます。これにより、広告主はあなたがCall of Duty: Modern Warfareなど閲覧した情報などに基づいて広告表示することができなくなります。また、MW割引を謳う怪しいサイトへの訪問も回避できます。

🥇 1. ExpressVPN:CoDモダン3に一番オススメの総合ベストVPN

ExpressVPNはスプリットトンネルも備えており、VPNを経由させるアプリを選択して、その他のアプリは通常のネット通信につなげることができます。例えば、ゲーム中にVoIPアプリを使用する場合、通常のネット通信にすることで、CoD:MWの接続のみがVPNによって暗号化されるため、通信速度を向上できるわけです。

ExpressVPNのプランは$6.67 / 月から加入できます。なお、すべてのプランに30日間の返金保証がついているので、リスクなく試せます。

ExpressVPN:12-month planが49%オトク + 数か月無料!
12か月契約を無料で3か月延長、料金が49%割引!(クーポンはチェックアウトで自動的に適用されます)

まとめ:

ExpressVPNは、CoD:MW3に一番オススメのVPNで、CoDモードやMWゲーム(MW 1、2)でも抜群に機能します。テストした中で最速のVPNで、優れたセキュリティとDDoS対策を備え、ルーター専用アプリもありますのでPlayStationやXboxコンソールでプレイする場合も簡単に設定ができます。

ExpressVPNの完全レビューはこちら

🥈 2. Private Internet Access:カスタマイズが可能でCoD:MWに最適な通信速度

サーバー数
91
注目ポイント
優秀な広告ブロッカーを搭載
デバイス数
無制限
対応OS
返金保証
30日間
privateinternetaccess.com

Private Internet Accessは、設定をカスタマイズできますのでCoD:MW向けにVPNを調整できます。スピードとセキュリティのバランスが良いOpenVPNや、高速のWireGuardなどVPNプロトコルを自由に切り替えることができます。また、256ビットAES暗号化(安全性は高いが速度が遅い)と128ビットAES暗号化(速度は速いが安全性は低い)も選択可能です。

🥈 2. Private Internet Access:カスタマイズが可能でCoD:MWに最適な通信速度

スピードテストでは、通信の高速化を重視した設定にしていたこともあり、ラグなどもほとんどなく、ping値も常時安定してました。しかし、それでもExpressVPNの方が速度は速かったです。

PIAはセキュリティもしっかりしており、91カ国にまたがるネットワーク内の全サーバーがDDoS対策を備えています。また、IPアドレスをプライベートに保つ確実なデータ漏洩対策や、ログイン情報(CoD:MWゲームに接続しているActivisionアカウントなど)が漏洩した場合に警告を発する「Identity Guard」と呼ばれる機能もあります。

🥈 2. Private Internet Access:カスタマイズが可能でCoD:MWに最適な通信速度

また、PIAアプリはとても使いやすく、日本語にも対応しています。PIAはレイテンシーでサーバーを並べ替えできますので、CoD:MW3をプレイするのに最適なサーバーを簡単に見つけられます。また、別の場所のロビーに参加したい場合は、検索機能で特定のサーバーの場所を検索できますし、安全でないWi-Fiネットワークを検出したときに自動的にサーバーに接続するように設定することもできます。

PIAは1つのサブスクリプションで接続デバイスの数に制限を設けないので、複数のデバイスでCoD: MW3をプレイしたり、ゲームをプレイする他の家族がいる場合にとても便利です。ルーターもサポートしていますが、VPNを手動でセットアップする必要があり、私の場合は約12分かかりました。

Private Internet Accessはお手頃価格で、プランは$2.03 / 月から加入できます。また、30日間の返金保証がついています。

Private Internet Access:24-month planが83%オトク + 数か月無料!
今すぐご利用いただけば83%割引になります。

まとめ:

Private Internet Accessは、設定のカスタマイズが可能ですので、CoD:MW3をプレイしている間でも十分な速度を確保できるよう調整できますし、低遅延のサーバー、優れたセキュリティ機能、ユーザーフレンドリーなPCアプリ、さらにルーターサポートも備えています。同時接続台数が無制限で、各プランには30日間の返金保証が付いています。

Private Internet Accessの完全レビューはこちら

🥉 3. CyberGhost VPN:CoD:MW3向けのゲーム専用サーバーがある

サーバー数
100
注目ポイント
ストリーミング専用サーバー
デバイス数
7
対応OS
返金保証
Up to 45 days
cyberghostvpn.com

CyberGhostは、CoD: MW3にオススメのVPNで、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスにゲーム専用サーバーを持っています。これらのサーバーは低Ping値と安定した速度を維持できるように最適化されていますので、CoD: MW3のようなファーストパーソンシューティングゲームに最適です。

テストしたところ、確かにゲーム専用サーバーは普通のサーバーに比べてPing値がさらに低く、速度も安定していました。とはいえ、国内サーバーと米国にある通常サーバーの両方とも速度は良好で快適に使えました。ですので、ゲーム専用サーバーがあなたの国内または近隣国になくても、世界100カ国にある通常のサーバーで、十分スムーズにゲームをプレイできるでしょう。

🥉 3. CyberGhost VPN:CoD:MW3向けのゲーム専用サーバーがある

CyberGhost VPNは、DDoS対策、DNSおよびIPv6漏洩対策、厳格なノーログポリシー、RAM専用サーバー、前方秘匿性(PFS)を備えています。ExpressVPNPrivate Internet AccessにはあるWebRTCのデータ漏洩対策は備えていませんが、テスト中にデータ漏洩が発生することは全くありませんでした。

🥉 3. CyberGhost VPN:CoD:MW3向けのゲーム専用サーバーがある

CyberGhost VPNのWindowsアプリはとても使いやすく、選択したアプリを開いたときの動作をカスタマイズできる「スマートなルール」機能がとても気に入っています。例えば、Call of Duty: Modern Warfareを起動すると自動的にゲーム専用サーバーに接続するように設定することが可能です。これで、プレイするたびにサーバーを手動で選択する手間が省けます。

CyberGhost VPNは、$2.19 / 月からとお手頃価格で、長期プランは45日間、月額プランは14日間の返金保証が付いています。

CyberGhost:24-month planが83%オトク + 数か月無料!
今すぐご利用いただけば83%割引になります。

まとめ:

CyberGhost VPNは、サーバー専用サーバーを備えているのでCoD: MW3に最適で、良好な速度と低ping値を維持できます。強力なセキュリティ、便利な自動化設定、スピードを兼ね備えた便利なVPNです。長期プランには45日間の返金保証が付いています。

CyberGhost VPNの完全レビューはこちら

4. NordVPN: 仮想LANパーティができる安全なCoD:MW3向けVPN

サーバー数
111
注目ポイント
マルウェアブロッカーが高性能
デバイス数
10
対応OS
返金保証
30日間
nordvpn.com

NordVPNは、セキュリティ機能が万全なのでCoD: MW3ゲームセッションを確実に保護できます。高性能なデータ漏洩対策を備えており、ダークウェブにあなたのCoDのログイン情報などが公開された場合に通知してくれる便利なダークウェブモニター機能も備えています。

また、ほとんどのDDoS攻撃を防止してくれますが、NordVPNはExpressVPNPrivate Internet AccessCyberGhost VPNのようなDDoS対策機能をサーバーに搭載していません。ですのでゲーム中にあなたのVPN IPアドレスが誰かに狙われた場合、別のVPNサーバーに切り替える必要があります。

NordVPNは、独自開発された便利なメッシュネットワーク(Meshnet)機能がありますから、友人等と安全にCoD: MWをプレイできます。この機能により、ネットワークが暗号化され、最大60台のデバイスを接続可能です。また、NordVPNのアプリは、日本語を始めとする多言語に対応しています。

4. NordVPN: 仮想LANパーティができる安全なCoD:MW3向けVPN

テストしたところ、NordVPNは安定した速度でCoD: MW3を快適にプレイできました。近隣サーバーでも遠いサーバーでも安定したping値が出ました。但し、稀にですが、遠くのサーバーに接続しているときに若干のラグが発生しました。

また、NordVPNは通常のスプリットトンネルと逆スプリットトンネルの両方を提供している点が気に入りました。つまり、一部のアプリ以外、全ネット接続をVPN経由させることも、その逆で、一部のアプリのみVPN経由させ、その他のネット接続はローカル通信にすることもできるわけです。例えば、CoD: MWプレイ中に使うVoIPアプリ以外はローカル通信を利用して、ゲーム中の通信速度の低下を最小限に抑えることができます。

NordVPNのプランは$3.09 / 月からで、30日間の返金保証が付いています。

まとめ:

NordVPNは、暗号化されたVPN通信を介して、友人たちと安全にCoD: MWのLANパーティーを開けます。セキュリティも万全で、ダークウェブモニター機能も備えていますから、ダークウェブを監視してログイン情報などの漏洩を防ぐことができ、通信速度も良好です。NordVPNのプランには30日間の返金保証が付いています。

NordVPNの完全レビューはこちら

5. Surfshark:低価格+初心者にオススメなCoD: MW3向けVPN

サーバー数
100
注目ポイント
アプリが使いやすい
デバイス数
無制限
対応OS
返金保証
30日間
surfshark.com

Surfsharkは、VPNの経験がないCoD: MW3プレイヤーにとって手頃で使いやすく、簡単な操作でMWゲームを保護したり、別のロビーでプレイできるようになります。低予算に抑えたい方にもオススメなVPNです。

Surfsharkは、近隣サーバーでも遠くのサーバーでも速度は普通程度で、テストでは、遠くのサーバーで時々ping値が上昇して若干のラグがありましたが、ゲームプレイに大きな影響を与えるほどではありませんでした。そこで、Surfsharkのスプリットトンネル機能である「Bypasser」を使って、PC上のMW3ゲームにだけVPNを接続し、Discordなど他のアプリは通常のネット通信にしたところ(それらの通信に関しては暗号化されなくなったため)速度が少し改善されました。

5. Surfshark:低価格+初心者にオススメなCoD: MW3向けVPN

Surfsharkは、VPN接続を切断することなくVPNのIPアドレスを頻繁に変更できる「ロウティティング IP(Rotating IP)」機能がありますので、DDoS攻撃を阻止して、他者があなたを標的にすることが出来なくなるようにします。また、すべてのサーバーでDDoS対策とDNS漏洩対策が施されていますが、ExpressVPNPrivate Internet AccessのようにWebRTCやIPv6漏洩対策は備えていません。

Surfsharkのアプリは日本語にも対応しており、使い方もシンプルで簡単です。よく使うサーバーはお気に入りとして登録すればサーバーリストの一番上に表示されるので便利です。さらに、Surfsharkは端末の同時接続台数が無制限ですので、家族全員で利用できます。

Surfsharkのプランは$2.29 / 月からで、すべてのサブスクリプションプランに30日間の返金保証が付いています。

まとめ:

Surfsharkは、予算を極力抑えたいCoD: MW3プレーヤーにオススメです。アプリはとても使いやすく、VPNを初めて利用する人でも簡単に操作できます。また、優れたセキュリティ機能、ゲームに問題ない通信速度で、同時接続台数が無制限です。プランは30日間の返金保証付き。

Surfsharkの完全レビューはこちら

【おまけ】Proton VPN: 無料プランが充実した安全なゲーム用VPN

サーバー数
91
注目ポイント
アプリはオープンソースで監査済み
デバイス数
10
対応OS
返金保証
30日間
protonvpn.com

Proton VPNは、無料プランでもCoD:MW3をプレイできる数少ないVPNの一つです。データ無制限なので、データ上限を気にすることなくCoD:MWをプレイできます。無料プランでは、1台のデバイスで利用でき、5ヵ所のサーバーロケーション(アメリカ、オランダ、日本、ルーマニア、ポーランド)のうち最速のサーバーに接続できます。なお、有料プランでは最大10台のデバイスに同時接続が可能です。

無料プラン、有料プランともに、ゲーム用の優れたセキュリティ機能が付いています。DDoS対策、確実なデータ漏洩対策に加え、広告、トラッカー、悪質サイトブロッカー(NetShield)もあり、素晴らしいですが、PIAのMACE機能ほど高性能ではありません。

無料サーバーのゲーム中の速度とPing値はまあまあ良好でした。時折ラグがありましたが、テストしたすべてのサーバーで問題なくプレイができました。なお、有料プランでは、計91カ国のサーバーが利用できるようになります(それでも、ExpressVPNの105カ国よりは少ないです)。

【おまけ】Proton VPN: 無料プランが充実した安全なゲーム用VPN

Proton VPNのアプリはユーザーフレンドリーで、macOSとiOSのアプリは日本語にも対応していますし、サーバーリストが分かりやすく整理されており、簡単に接続できるマップがあるのも便利です。さらに、Proton VPNアプリの良いところは、(サーバーの国だけでなく)特定のサーバーを選択でき、各サーバーの負荷もわかるので、どれが高速サーバーなのかすぐわかります。

Proton VPNのPlusプラン(有料プラン)の価格は$4.49 / 月からで、各プランには30日間の返金保証付きです。

まとめ:

Proton VPNは、CoD: MW3を安全にプレイできる高品質な無料プランがあり、そこそこの速度も出ます。有料プランでは、高速通信、91カ国のサーバーへのアクセス、端末最大10台まで同時接続できます。全てのプランには30日間の返金保証(日割り計算式)が付いています。

Proton VPNの完全レビューはこちら

【比較表】コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア1〜3にオススメのVPN(2024年更新)

VPN 最低価格 ルーターサポート(PS/Xbox用) 国数 サーバーのDDoS対策 データ漏洩対策 日本語アプリ 同時接続台数
🥇1. ExpressVPN $6.67 / 月

(ルーター専用アプ)

105カ国 DNS対策 ✅

WebRTC対策 ✅

IPv6対策 ✅

最大8台まで
🥈2. Private Internet Access $2.03 / 月 ✅(手動設定) 91カ国 DNS対策 ✅

WebRTC対策 ✅

IPv6対策 ✅

無制限
🥉3. CyberGhost VPN $2.19 / 月 ✅(手動設定) 100カ国 DNS 対策✅

WebRTC対策 ❌

IPv6対策 ✅

✅(macOS、iOS、Android) 最大7台まで
4. NordVPN $3.09 / 月 ✅(手動設定) 111カ国 DNS対策 ✅

WebRTC対策 ✅

IPv6対策 ✅

最大10
5. Surfshark $2.29 / 月 ✅(手動設定) 100カ国 DNS対策 ✅

WebRTC対策 ❌

IPv6対策 ❌

無制限
Bonus. Proton VPN $4.49 / 月 ✅(手動設定) 91カ国 DNS対策 ✅

WebRTC対策 ✅

IPv6対策✅

✅(macOS、iOS) 最大10台まで

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3に最適なVPNの選び方(2024年最新)

  • ルーターに対応している。 CoD:MWは、PCの他、VPNをサポートしていないプレイステーションやXboxコンソールでもプレイされる方は多いでしょう。この記事でご紹介した各VPNはルーター設定をサポートしていますが、ExpressVPNは唯一ルーター専用アプリも提供していますのでお勧めです(ルーター専用アプリは、セットアップと使用がより簡単です)。
  • 通信速度が速い。 VPNは通信を暗号化したり、サーバー間の物理的な距離の関係上、通信速度が低下します。しかし、この記事でご紹介したプレミアムVPNは、通信速度の低下を最小限に抑えられますので、CoD: MWをラグなくプレイできます。
  • 使いやすい。 設定が簡単で、数分でVPNをインストール・接続してゲームを始められるVPNを選びましょう。この記事でご紹介したVPNはいずれも直感的で使いやすいアプリを提供しています。
  • DDoS 対策を備えている。 ゲームに負けた仕返しにDDoS攻撃を仕掛けてくるようなプレイヤーがいるかもしれませんので、サーバーがDDoS対策をしているVPNを選ぶと安心でしょう。
  • コスパが高い。 この記事でご紹介したVPNは、スプリットトンネルのような追加機能を備えていたり、複数の端末に同時接続が可能です。また、最低でも30日間の返金保証もあるので、リスクなしでVPNを試せます。

惜しくも選ばれなかったトップブランド

  • PrivateVPN。PrivateVPNはとても使いやすく、DDoS対策もありますが、この記事でご紹介したVPNに比べると速度が遅いです。
  • TunnelBear。TunnelBearはセキュリティ、プライバシー、速度ともに優れていますが、残念ながらルーターに対応していませんので、ゲーム機でCoD: MW3をプレイする場合使えません。
  • IPVanish。IPVanishはDDoS対策がありルーターにも対応しているのでPlayStationやXboxでCoD: MW3をプレイするのに使えますが、この記事でご紹介したVPNに比べるとサーバー数が少ないです(56カ国のみ)。

よくある質問

CoD: MWをプレイするのにVPNを使ったほうが良い理由は?

VPN(仮想プライベートネットワーク)はあなたのIPアドレスを隠して、DDoS攻撃や帯域幅の制限を回避できます。VPNは世界中にサーバーがあり、サーバーに接続すると、その国・場所からCoD: MWをプレイしていると認識されますので、別のロビーでプレイでき、海外プレイヤーなどとプレイしたい時に便利です。

一番のお勧めはExpressVPNで、この記事でご紹介した中で最も高速で、大規模なサーバーネットワークを持っており、すべてのサーバーでDDoS対策が施されています。

VPNはCoD: MWのプレイに何からの影響はありますか?

ExpressVPNのような超高速で低遅延のVPNであれば、暗号化処理に伴う速度低下を最小限に抑えることができますので、プレイ中に遅延などはほとんど発生しないはずです。さらに、あなたのISP(インターネットプロバイダー)が通信速度を制限する場合やサーバーが混雑している場合、VPNを利用することで接続が安定し、逆にping値を低下できる可能性もあります。

CoD: MWでVPNを利用できるようにする方法は?

以下の簡単な手順で、ゲーム機にVPNを設定できます。

  1. VPNを入手する。CoD:MWにお勧めのVPNは、こちらをご参考ください。
  2. (PCゲーマー向け) Windowsアプリをダウンロードしてインストールします。2〜3分もあれば完了します。
  3. (コンソールゲーマー向け) VPNの公式サイトの手順ガイドに従ってルーターを設定します。この記事でご紹介したVPNは、ルーターの設定方法が丁寧で分かりやすく、ExpressVPNに関しては、珍しくルーター専用アプリも提供してますので非常に便利です。
  4. 好きなサーバーに接続する。これでCall of Duty: Modern Warfareをプレイする準備が完了しました!

CoD: MWをプレイするのに無料のVPNを使用できますか?

できますが、お勧めしません。無料VPNには、データ上限、通信速度が遅い、使えるサーバーが少ないなどといった多くの制限があります。さらに、必要なセキュリティ機能が欠けていたり、ユーザーデータが販売されたりということさえあります。これらのトラブルを避けるためにも、ExpressVPNのようなコスパの良い有料VPNを使うことをお勧めします。

もし、どうしても無料のVPNを使いたいのであれば、Proton VPNが良いかもしれません。無料プランにも関わらずデータ量が無制限ですので、ゲーム用に有料版を購入する前に無料でVPNを一度試してみたいという場合には良いでしょう。

CoD: MW 3にオススメのVPN(2024年更新)最終スコア:

当サイトのランキング
当社のスコア
最大割引
当社は、当サイトに掲載されている製品の提供企業から報酬を受け取っており、一部製品は当社の親会社が共同所有しているものです。これらの要因は、ランキングと製品の表示方法に影響します。 
詳しくはこちら
著者について
トマ・ノヴァコヴィッチ
更新日: 2024年5月20日

著者について

トマ・ノヴァコヴィッチはSafetyDetectivesのライターを務めています。入社以前は、技術、語学、科学分野のさまざまな出版物でフリーライターとして活躍。幅広い分野に興味を持ち、ハイテク分野や成長し続けるサイバーセキュリティとプライバシーについて常に探求しています。プライベートでは、小説を書いたり、読書、ファイナル・ファンタジーのビデオゲームをプレイするのが趣味だそうです。