プロによるレビュー
所有権
アフィリエイト報酬
レビューガイドライン

中国で絶対使えるVPN おすすめ5選│2022年12月月更新

コリン・ティエリー コリン・ティエリー

お急ぎですか?2022年に中国でおすすめのVPNはこちら!

  • 🥇ExpressVPN難読化サーバーにより、中国で100%確実に使える高性能VPN!トップクラスのセキュリティ機能、安定した超高速通信、大規模なサーバーネットワークなどにより、中国や日本で好きなコンテンツにアクセスできます。アメリカ版など各国のNetflixライブラリにアクセスできるほか、Amazonプライム、Hulu、HBO Max、BBC iPlayer、DAZN Japan、TVer、GYAO!、Abema TVなど、多数のサービスが利用できます。5台のデバイスを接続でき、手頃な価格で全プランが30日間返金保証付きです。

中国のグレートファイアウォール(金盾)は、国内でのインターネットを制御し、中国国民がアクセス可能なオンラインコンテンツをコントロールするもの。中国のファイアウォールを突破し、パソコンやモバイル機器で自由なインターネットにアクセスするには、高品質VPNを使うしかありません。しかし、中国では国民も旅行者もVPNの使用が禁止されており、中国政府はVPNを検出・ブロックするのが得意になってきています。

幸い、中国のファイアウォールを回避できるVPNは現在もいくつかあります。この記事でご紹介するVPNは、中国のファイアウォールを回避できるのはもちろん、政府の検出を逃れるための強力なセキュリティ対策があり、安定して速く、使いやすいサービスばかりです。

【早見表】中国でおすすめのVPN

🥇1. ExpressVPN:最速で最も安全。中国で安心して使えるVPN

🥇1. ExpressVPN:最速で最も安全。中国で安心して使えるVPN

ExpressVPNは2022年に中国で一番おすすめのVPNです。アプリとブラウザ拡張機能は日本語に対応しており、簡単に中国のファイアウォールを回避でき、全サーバーが安定して速く、幅広いセキュリティ機能が備わっています。

ExpressVPNの難読化サーバーを使うと、中国政府のネット規制を回避しつつ、通信だけでなくVPNを使っていることも完全に隠せます。DNSとIPアドレスの漏洩対策、パーフェクトフォワードシークレシーなど、ExpressVPNは高度なセキュリティ機能があるので安心です。DNS・IPアドレスの漏洩対策により、位置情報と通信は政府機関に公開されません。また、パーフェクトフォワードシークレシーはサーバーに接続するたびに暗号化キーを変えるため、過去または今後の通信データをハッカーや中国政府に解読されるのを防げます。

ほかにも、スプリットトンネルやTrustedServer技術などの便利なセキュリティ機能もあります。スプリットトンネルを使うと、どのアプリの通信をVPNの難読化サーバーに転送するか選ぶことができます。TrustedServer技術とは、ExpressVPNのサーバーはRAMのみで実行されることを意味します(データはハードドライブに書き込まれません)。サーバーが再起動されるたびにすべてのデータが消去され、中国政府などのサードパーティにデータや個人情報を見られるリスクが最小限に抑えられます。

スピードについて、ExpressVPNは業界最速のVPNの1つです。世界90か国以上に3,000+台以上のサーバーがあります。香港、シンガポール、台湾、マカオなどにもサーバーがありますから、直近のサーバーに接続すると最速になります。ExpressVPNのスピードテストを実施したところ、速度は13%しか低下せず、とても優秀な結果となりました。

グレートファイアウォールを回避する際にトラブルが発生した場合、ExpressVPNは24時間年中無休のライブチャットサポートがあり、日本語にも対応しています(自動翻訳を使って精一杯対応してくれます)。サポートに問い合わせたところ、担当者はサービスの知識が豊富で、迅速かつ丁寧に対応してくれました。

ExpressVPNはすべての主要なOSに対応しており、同時に5台のデバイスを接続できます。プランは複数あり、料金は$6.67 / 月~です。他社より高めですが、ExpressVPNはコストパフォーマンスが最高で、長期プランに加入すると契約が無料で数か月延長されます。支払い方法はクレジットカード、PayPal、ビットコインのほかに、UnionPayやAliPayなど中国の決済サービスにも対応しています。ExpressVPNの全プランが30日間返金保証付きです。

まとめ

ExpressVPNなら、中国政府に検出されずにファイアウォールを回避できます。また、難読化サーバーがあり、超高速なので、妨げなくブラウジングやストリーミングを楽しめます。DNS・IPアドレスの漏洩対策、パーフェクトフォワードシークレシー、スプリットトンネル、TrustedServer技術など、ExpressVPNは幅広いセキュリティ機能もあります。ExpressVPNの全プランが30日間返金保証の対象です。

今すぐExpressVPNをダウンロードしましょう

ExpressVPNの完全レビューはこちら

🥈2. Private Internet Access:安全性が高く、アプリを柔軟にカスタマイズできる

🥈2. Private Internet Access:安全性が高く、アプリを柔軟にカスタマイズできる

Private Internet Access(PIA)は安全かつ高速で、ネット検閲が厳しい国で政府の規制を回避するのが得意なVPNです。「Shadowsocks」という難読化プロトコルを用いてVPN通信をふつうの通信に見せかけ、政府のファイアウォールを回避できます。Shadowsocksは中国のようなネット規制の厳しい国でVPN通信を隠すのに適しており、自由にサイトを閲覧できるようになります。

ExpressVPNと同様、PIAも高度なセキュリティ機能があります。独自のDNS暗号化サービス、広告ブロックシステム「PIA MACE」、スプリットトンネルなどが使えます。

多くのVPN企業はユーザーデータを記録しないと主張するだけで証拠を公表していませんが、Private Internet Accessは裁判でユーザーデータを記録していないことが何度も裏付けられています。PIAは定期的に透明性レポートを公開し、ログを保持せず、当局にも開示しないことを証明しています。また、PIAのアプリは完全にオープンソースなので、だれでもソースコードを検証して安全であることを確認できます。

さらに、PIAのアプリはこの記事で紹介した他社サービスより設定を柔軟に変えられます。アプリはすべて優れたデザインで、直感的に操作でき、日本語に対応しています。設定オプションが充実しているのが特長です。暗号化レベル(128ビットAESまたは256ビットAES)、IPアドレスとアプリのホワイトリスト、ローカルポート接続、自動化ルールなどがあります。

PIAはサーバーネットワークも良いでしょう。香港、台湾、マレーシアを含む80か国以上にサーバーがあり、日本のサーバーに接続して国内ドラマを見ることもできます。ExpressVPNほど高速ではありませんが、PIAもかなり高速で、妨げなくスムーズにブラウジングできます。複数のサーバーに対してスピードテストを行ったところ、平均で26%しか速度は低下しませんでした。

Private Internet Access はすべての主要なOS向けにアプリがあり、最大Unknown台のデバイスを同時に接続できます。プランはわずか$2.03 / 月~です。クレジットカード、PayPal、仮想通貨、さらにはギフトカードでの支払いにも対応しているので、個人を特定されずに加入できます。Private Internet Accessの全プランに30日間返金保証が適用されます。

まとめ

Private Internet Accessは安全で、設定を柔軟にカスタマイズでき、完全にオープンソースのVPNです。PIAのShadowsocks難読化プロトコルを使うと、VPN通信をふつうの通信に見せかけて、中国政府に知られずにファイアウォールを回避できます。通信は安定して速く、追加のセキュリティ機能も充実しており、アプリはとても使いやすいデザインです。PIAの全プランが30日間返金保証の対象です。

今すぐPrivate Internet Accessをダウンロードしましょう

Private Internet Accessの完全レビューはこちら

🥉3. PrivateVPN:インターフェースはシンプルで、速度も良好

🥉3. PrivateVPN:インターフェースはシンプルで、速度も良好

PrivateVPNは中国のファイアウォールを回避するのが得意で、ネット上でプライバシーを守るのに役立ちます。Private Internet Accessのように、Stealth VPNという独自の難読化プロトコルを提供していますから、ネット検閲が行われている国でもVPN規制を突破できます。Stealth VPNはネット通信を難読化し、ふつうの通信に見せかけます。VPNを使っていることを中国政府に知られないわけです。

PrivateVPNのダッシュボードはシンプルなので、VPN初心者でもすぐに使いこなせます。Stealth VPNはすぐに見つかり、手軽に有効にすることができます。また、サーバーに手動接続するのも簡単で、デスクトップアプリでは、設定オプションが少ないシンプルビュー(Simple view)、あるいは上級ユーザー向けの詳細ビュー(Advanced view)で表示できます。

PrivateVPNは香港、日本、シンガポールなど60か国以上に200台を超えるサーバーがあります。東京のサーバーにも接続できますから、国内コンテンツのストリーミングに便利です。ExpressVPNPrivate Internet Accessほど高速ではありませんが、PrivateVPNのスピードテストでかなり優れた結果が出ました。ネット通信は平均で45%しか遅くならなかったのです。ほとんど問題なくブラウジングやストリーミング、コンテンツのダウンロードを行えました。

AES256ビット暗号化、複数の接続プロトコル、ノーログポリシー、キルスイッチなどの標準的なセキュリティ機能のほかに、PrivateVPNはTor(トーア)にも対応しているので、より安全にTorネットワークをブラウジングできます。

PrivateVPNはすべてのプラットフォーム・デバイスで利用でき、同時に10台のデバイスを接続でき、料金はわずか$2.00 / 月~です。30日間返金保証もあり、さまざまな支払い方法に対応しています(仮想通貨での支払いも可)。

まとめ

PrivateVPNはとても使いやすく、サーバーはすべて安定して高速です。独自のStealth VPNプロトコルを使うと検出されずに中国のファイアウォールを回避でき、強力なセキュリティ機能もあります。Tor(トーア)に対応しているほか、高速なので快適にブラウジングやストリーミング、ダウンロードが可能です。PrivateVPNは30日間返金保証付きです。

今すぐPrivateVPNをダウンロードしましょう

PrivateVPNの完全レビューはこちら

4. TunnelBear:初心者に最適なVPN

4. TunnelBear:初心者に最適なVPN

TunnelBearは使いやすく、モバイルアプリは日本語に対応しているので直感的に操作でき、検出されずに中国のファイアウォールを回避できます。GhostBearという便利な難読化ツールがあります。ワンクリックで有効にすることができ、VPN通信をふつうの通信に見せかけて中国政府のネット規制を回避できます。

TunnelBearは45か国以上にサーバーがあります。他社より少なめですが、北米・中南米、ヨーロッパ、オーストラリア、シンガポール、日本、ニュージーランドなどにサーバーが分散されています。

スピードについて、TunnelBearは満足できる速度ですが、ExpressVPNPrivate Internet Accessほど高速ではありません。スピードテストを行った結果、ブラウジングとストリーミングの速度は平均で42%しか低下しませんでした。ラグやバッファなどはほとんどなく、ブラウジングや動画のストリーミングをスムーズに行えました。

TunnelBearは厳格なノーログポリシーがあり、サイバーセキュリティ企業の独立監査を毎年受けています。ほかにも、キルスイッチやステルスモード、スプリットトンネル(Androidのみ)などの標準的なセキュリティ機能があります。しかし、ExpressVPNPrivate Internet Accessなどの一流企業とは違い、TunnelBearは人気の動画配信サービスに必ずアクセスできるわけではありません(Disney+にアクセスできませんでした)。

TunnelBearの料金は手頃で($3.33 / 月~)、同時に5台まで接続できますが、返金保証はありません。代わりに無料プランでサービスを試せますが、毎月のデータ通信量は500MBまでです。

まとめ

TunnelBearはとても使いやすく、直感的なので、初めてVPNを使う場合におすすめです。GhostBearというステルスモードを使えば、ワンクリックで中国のファイアウォールを回避できます。速度も満足でき、標準的なセキュリティ機能がすべてそろっており、Androidではスプリットトンネルも使えます。返金保証はありませんが、TunnelBearの無料プランで体験できます(データ通信量は毎月500MB)。

今すぐTunnelBearをダウンロードしましょう

TunnelBearの完全レビューはこちら

5. VyprVPN:同時に30台を接続できる(大家族におすすめ)

5. VyprVPN:同時に30台を接続できる(大家族におすすめ)

VyprVPNは同時接続数が30なので、すべてのデバイスで使えます。家族全員が自由でオープンなインターネットにアクセスしたい場合も便利です。インターフェースは日本語に対応しています。

VyprVPNを使うとスムーズに中国のファイアウォールを回避できます。高速で、プロバイダや中国政府などから通信を隠す「カメレオンプロトコル」など、追加のセキュリティ機能もあります。カメレオンプロトコルを使うと、VPNを使っていることを中国政府に知られませんから、ファイアウォールを突破できます。

VyprVPNは世界各国に700台のサーバーがあり、すべて自社所有です。日本、台湾、香港など、中国に近い国のサーバーにも接続できます。ネット通信はExpressVPNほどではありませんが、かなり高速です。速度は28%しか低下しませんでした。

VyprVPNのセキュリティ機能について、サードパーティを巻き込まずにユーザーのリクエストを守る「VyprDNS」という独自のDNSサービスを提供しています。VyprVPNは厳格なノーログポリシーを守っているので、政府機関などの部外者にDNSリクエストを記録されることは絶対にありません。

VyprVPNの料金は$5.00 / 月~なので、割高です。全プランに30日間返金保証が適用されます。

まとめ

VyprVPNの同時接続数は他社より多い30台で、大家族や多数のデバイスがある場合にぴったりです。独自のカメレオンプロトコルを使うとVPN通信が隠され、中国のネット検閲を回避できます。通信は安定して速く、独自のDNS保護サービスもあります。VyprVPNの全プランが30日間返金保証の対象です。

今すぐVyprVPNをダウンロードしましょう

VyprVPNの完全レビューはこちら

おまけ。Astrill VPN:Stealth VPNとスマートモードで中国のファイアウォールを突破

おまけ。Astrill VPN:Stealth VPNとスマートモードで中国のファイアウォールを突破

Astrill VPNは政府の規制を回避するのに役立つ機能がいくつかあります。例えば、自動ファイアウォールを回避する難読化プロトコル「Stealth VPN」、地域のIPアドレスを使うことで速度を改善する「スマートモード」などが挙げられます。Stealth VPNとスマートモードはどちらも中国のファイアウォールを回避するために設計されています。

Astrillは、香港、台湾、シンガポール、日本など55か国以上に100台を超えるサーバーがあります。この記事で紹介したほかのVPNほど高速ではありませんが、ブラウジングしたりNetflixを見たりしても、速度は平均で40%しか低下しませんでした。

他社サービスとは違い、Astrill VPNは直感的ではなく、初心者には使いにくいVPNです。しかし、Astrillのデスクトップアプリはカスタマイズできますから、上級ユーザーにピッタリです。

Astrill VPNは同時に5台まで接続でき、料金は$12.50 / 月~で割高です。返金保証はありません。

まとめ

Astrill VPNは高速で、中国で使うことができ、業界標準のセキュリティ機能があります。Stealth VPNという難読化プロトコルとスマートモードは中国のファイアウォールを回避するために設計されており、検出されずにネット規制を突破できました。速度も満足できますが、コストがかなり高く、返金保証はありません。

今すぐAstrill VPNをダウンロードしましょう

Astrill VPNの完全レビューはこちら

【比較表】中国でおすすめのVPN

VPN 最低価格 日本語に対応 接続台数 サーバーネットワーク(国数) 難読化の手法 返金保証期間
1.ExpressVPN $6.67 / 月 5台 90か国以上 難読化サーバー 30日間
2.Private Internet Access $2.03 / 月 10台 80か国以上 Shadowsocksプロトコル 30日間
3.PrivateVPN $2.00 / 月 10台 60か国以上 Stealth VPNプロトコル 30日間
4. TunnelBear $3.33 / 月
(iOSと Android)
5台 45か国以上 GhostBearツール なし
5. VyprVPN $5.00 / 月 30台 60か国以上 カメレオンプロトコル 30日間
6. Astrill VPN $12.50 / 月 5台 55か国以上 Stealth VPNプロトコルとスマートモード なし

2022年に中国でおすすめのVPNの選び方

中国でVPNを使いたい場合、次の項目を満たすサービスを選びましょう。

  • ネット規制を回避できる
    この記事でおすすめしたVPNは、検出されずに中国のファイアウォールを回避できることが実証されています(ExpressVPNが最高です)。
  • 強力なセキュリティ対策がある
    おすすめのVPNはAES-256ビット暗号化、キルスイッチ、厳格なノーログポリシーなど、標準的なセキュリティ機能がそろっています。
  • 高速
    VPNを使うと速度は多少低下しますが、ここでは速度を平均で45%以上低下させないVPNを紹介しました。これはかなり優秀です。(この記事で最速のVPNはExpressVPNです)。
  • コストパフォーマンスが高い
    アプリが使いやすく、複数のプラットフォームとデバイスで使うことができ、料金プランが格安で、さまざまな支払い方法に対応しており、同時に少なくとも5台のデバイスを接続できるVPNを厳選しました。

ランクインしなかった一流サービス

  • IPVanish
    IPVanishはトレントとゲームに役立ちますが、残念ながら中国では使えません。
  • CyberGhost VPN
    CyberGhost VPNは優れた使いやすいVPNで、ストリーミング、トレント、ゲームに最適化されたサーバーがあります。中国にサーバーがあるものの、グレートファイアウォール(金盾)は突破できません。
  • ProtonVPN
    ProtonVPNは優れたプライバシー機能がある優秀なVPNです。しかし、中国のファイアウォールを回避するための難読化ツールはありません。

中国では、国民も旅行者もVPNの使用は禁止されています。中国で認可されていないVPNを使うと罰金が科される可能性がありますが、そのようなVPNを使って旅行者が罰せられたという報告はありません。

中国でおすすめのVPNは?

2022年に中国のファイアウォールを回避するのに一番おすすめのVPNはExpressVPNです。中国政府によってブロックされているすべてのウェブコンテンツにアクセスでき、高速で、優秀なセキュリティ機能もがあり、すべての主要な動画配信サービスが利用でき、インターフェースもとても使いやすいデザインです。

とは言え、この記事で紹介したほかのVPNも、安全に中国のファイアウォールを回避できます。Private Internet Accessはカスタマイズ可能な設定が多く、PrivateVPNはストリーミングに最適なVPNの1つです。TunnelBearは中国で使える初心者向けVPNで、VyprVPNは30台のデバイスを接続でき、Astrill VPNは中国のファイアウォールを回避したい上級ユーザー向けのサービスです。

VPNを使って中国のファイアウォールを回避する方法は?

VPNを使えば、3ステップで簡単に中国のファイアウォールを突破できます。
  • 1. 入国前に中国のファイアウォールを回避できる高品質VPNをゲットしましょう。ExpressVPNがおすすめです。強力なセキュリティ機能があり、業界最速で、日本語に対応した直感的なアプリがあります。
  • 2. 日本を出発する前にVPNのダウンロード・インストールを済ませます。この作業はほんの数分で完了するはずです。インストールウィザードの指示に従いましょう。
  • 3. サーバーに接続します。アプリを起動し、サーバーメニューからサーバー地点の一覧を開きます。中国のファイアウォールに制限されずにブラウジングできる国を選びましょう。国をクリックするとサーバーに接続されます。ブラウジングを始めましょう!

中国で無料VPNは使えますか?

ほとんどの場合、無料VPNは中国のファイアウォールにブロックされます。中国で高速かつ確実にブラウジングするには有料VPNサービスが必要です。VPNの無料プランで中国のファイアウォールを回避できることもありますが、ブロックされたオンラインコンテンツにアクセスできず、低速で、帯域を制限していることが多いのです。

安全かつ安心して中国のファイアウォールを回避し、制限なくブラウジングするには、高品質の安いVPNに加入する方が良いでしょう。ExpressVPNPrivate Internet Access(PIA)PrivateVPNなどのVPNは中国のファイアウォールを回避でき、高速で格安です。

順位
総合評点
最大割引
著者について
コリン・ティエリー
コリン・ティエリー
Cybersecurity researcher and journalist

著者について

サイバーセキュリティの研究者・ジャーナリスト。過去2年間にわたり、幅広いオンラインコンテンツを執筆してきました。プライベートではアウトドアや旅行、スポーツ観戦、ビデオゲームなどが趣味です。